« 新装時の設定<補足> | トップページ | 北斗SEのどうしてもな違和感 »

2006年5月25日 (木)

北斗SE・BBの流れ

BBが大きく変わった。この一番大切なことを書かずに演出だけ紹介してしまったので、今日はそのことについて書いておこうと思う。ちなみに、画像と右の説明がうまく並列してくれないのだが、写真も上から順に①~⑤と考えてください。

どのように変わったのか? わかりやすく言えば、「AT中の演出と、JAC中の演出がひっくりかえった」のだ。つまり、今までAT中にザコと戦い、JAC中にラオウと勝負していたわけだが、今回はRT中にラオウと戦い、JAC中にザコと戦う。

Kakutei_1 ①まずはボーナス確定画面。

ボーナス図柄が揃うと、ケンシロウがオーラを発して「バトルボーナス、ゲット」と千葉繁さんの声が響くわけだが。

②その後、RTに突入するわけだが、この間にラオウとバトルする    のである。ちなみに、RTといっても、リプレイタイムではなBbく、通常時のゲームと何ら変わりは無い。おもにハズレが多いので、枚数が減るのは必至だ。スイカやチェリーも成立するので、小役狙い手順は怠らない方がいいかもしれないが…。

③ケンシロウが攻撃するもしくは、ラオウの攻撃に耐えると、この画面となり、JACが揃う。「えっ、じゃあ初当たり時にラオウの攻撃に耐えられなJac1かったら…」と不安になる方もおられるかもしれないが、大丈夫。初当たり時の攻撃はかならずケンシロウが耐えられるようになっている。でなきゃボーナスとして枚数とれないから。

④そして…JAC中はこいつらザコと戦うのだ。ちなみに、プレステによるシュミレーション上、「リプレイナビのザコ」しか出現していない。リールにはJAC図柄である「リプレイ」もしくは「青7・リプレイ・リプレイ」が揃い、Jac2_115枚の払い出しがある。ちなみに、JAC IN図柄が揃った際も、15枚払い出される。

⑤そしてまた戦いはじめるのである。左記の写真はケンシロウが攻撃しているが、このとき、ラオウが「パンチ・キック・剛掌波」など攻撃をし、ケンシロウが耐えられねば…BBは終了となるのだ。ちなみに最後の画面で、雲が流れていても終了した。北斗SEではどのように判Bb_1別するのか、まだわからない。

もちろん、ケンシロウが倒れた後、おなじみの「ケーン!!」も健在。これはBETボタンではなく、レバーON時に出現するので、お楽しみはアトに回されたというわけだ。

それからようやく、夢想転生画面も確認できた。といっても、まだレイの南斗水鳥拳だけなのだが、こちらの演出は前作とほぼ変わりがないようである。

さて、だ。どうにもこうにも違和感のあるバトルボーナスなのだが、皆さんはいかがだろうか。だって、ザコを倒したのちに大物であるラオウと戦うからよかったんじゃないか? この流れでいくと、ラオウが天に還ったあと、ザコを倒して終了となる。なんだか消化不良な気持ちになってしまうのではないだろうか。

それからなんと、BBが単発で終了した際の個人的な最低枚数は「84枚」だった。こんなんなら、ベルが5連続で成立してくれた方がホントにまだましである。

|

« 新装時の設定<補足> | トップページ | 北斗SEのどうしてもな違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新装時の設定<補足> | トップページ | 北斗SEのどうしてもな違和感 »