« ゴトの一般的な対策 | トップページ | 共謀罪と在日の関係-2 »

2006年5月30日 (火)

北斗SEの展示会

サミーの新機種「北斗の拳SE」の展示会が、今日…といっても、5/29に赤坂プリンスホテルにて開催された。旦那と主任さんが連れ立って行ったわけだが、私は家で洗濯をしていた。ええとっても、洗濯も楽しかったですよ。

しかし旦那の話を聞いて行かなくてよかった、と思ったのだが、なんでも百人以上が参加していたらしく、大変混雑していたというのだ。人混みが苦手で、渋谷すら歩けない私にとっては苦痛な状況だったろう。新機種に湧く雰囲気を味わってみたい気持ちも、少しはあるけれど。

オープニングは映画館ほど大きなスクリーンに、ケンシロウやレイなどキャラクターが音楽とともに出現する映像が流れ、非常にカッコよかったと旦那は興奮していた。私も彼が撮影した携帯ビデオを観たのだが、確かにファンも喜ぶカッコよさ。またキャンペーンガールの女性達は、みなユリアのコスプレをしていたとのこと。旦那は「太もものあたりがセクシーだった」と喜んでいた。まぁ、サミーの北斗に対する愛情を感じるわけで。

そして旦那と主任は実機とご対面したわけだが、中でもレイパネルが一番の出来だとうっとりし、何としても導入しようと決心したとのこと。主人公はケンシロウだというのに。

もちろん遊技もできるので、二人はそれはそれはアツくなって打ち込んだらしい。展示されているものが、果たして展示用基盤なのか、設定6だったのか確認しなかったそうだが、両人ともレア小役をたくさん引いたと言っていた。仮に設定6なら、初代北斗のそれよりも小役出現率はあがっている可能性があるそうだ。また継続率は諸説あったものの(私も旦那に騙された)、「75%継続・79%継続・84%継続・89%継続」の4種類。つまり初代の66%継続が75%に変更されたのだ。確かに獲得枚数も大幅に減ったのだから、最低でも75%の継続率がないと遊技する気も失せるかもしれない。

また、「継続回数は40回まで」というリミッターもなかったとのこと(ごめんなさい。これも旦那が言ったガセです。真に受けて書いてしまいました)。なぜならその場で50連していた方がいたらしい。ちなみに、その方の獲得枚数は4900枚前後で、初代北斗と比べたら約3000枚以上も差が出ている。

それを見た旦那が、「わりと高い継続率に振り分けられやすいのかな?」と期待して、引いたBBは2回で終了。何とも言えないが、たとえ75%ほど継続率があっても、あっさり終わってしまうケースがあるのは変わらないようで。また、プレステ2のシュミレーターですっかり慣れたせいか、実機でのBBの演出にもさほど違和感はなかったという。

しかしこのBB演出は、慣れたらたいしたことがないのだけれど、果たして慣れるまでお客が耐えてくれるかどうか、一抹の不安は拭えない。サミーも一体またどうして、こんな不安な仕様にしたものか、ただそれだけが疑問に残る。もちろん秘宝伝のように、打ち慣れた客が飽きてしまう作りはしていないので、無難にヒットはするのだろうが。

ちなみに、同時に打ち始めた主任さんは1000ハマリを達成したそうだ。聞けば、展示会でムダな運を使わないようにしているとのこと。いい心がけだ。

お土産にもらったグッズはダイヤブロックによる「ケンシロウ・レイ・ユリア」のフィギュア、黒王の携帯クリーナー、CR北斗の拳の筐体形のターボライター、それからCR北斗の拳・オーラの湯という入浴剤。入浴剤の袋には、「植物酵素パパインが汗やタバコの臭いに北斗百烈拳!!」「毎日温浴するだけで、お肌がユリアのように!」「ラオウとのバトルのあともスッキリ」と記載されている。騙されたつもりで、私もユリアの肌を目指してみようと思う。

|

« ゴトの一般的な対策 | トップページ | 共謀罪と在日の関係-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101925/1993495

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗SEの展示会:

« ゴトの一般的な対策 | トップページ | 共謀罪と在日の関係-2 »