« クセになる爆弾男 | トップページ | ダメなパチンコ屋の話 »

2006年5月27日 (土)

ジャイアントパルサーの何がジャイアント?

学生の夏休みが明ける頃、ヤマサから「ジャイアントパルサー」が発売されるウワサが飛び交っているけれど、ゲーム性のウワサも飛び交っていて、なんとなく不自然さを覚えた。

なんでも、「リプレイ3連or4連で高確に移行してボーナスが放出される」とかいう話で、一体何なのよ、と。だってカエルなのに、リプレイの連続がアツいの? 何ソレと萎えてしまうのだ。

巨人の星などはよいのだ。二作目も三作目も、客は飛んでいるものの、リプレイの連続がただアツいというゲーム性を引き継いでいたわけだし、ボーナス放出契機も特別変わっていないし(規定RTゲーム数の消化)、ファンはすんなり受け入れることができたと思う。今度発売される北斗の拳SEだって、2枚チェリーやスイカ成立で期待が持てる仕様は継承されているし、「コレを逃したら違うシリーズになってしまう」というハズしたらいけないポイントがシリーズモノには存在しているのだが。

パルサーってそういう機種だったっけ? ノーマルAタイプは別として、キングパルサー、エース、キンキンパルって、基本的に規定RTゲーム数の消化がボーナス放出契機となっていたわけで、ボーナスもしくはリセット後128G以内の振り分け率が高いから連チャンに期待が持てるとかいうシリーズだったはず。

その他BIG中にハズレの回数で設定推測したりと面白いポイントは色々あるのだけれど、そこはともかく、ボーナス放出契機という、ゲームの軸そのものをジャイアントパルサーで変えようとしているというコトですか、山佐さま。つまりアレですか、モード方式の機種をもっと出したいんだけど、カンフーもポシャったし、しゃあない次はカエルで行くかということですか、山佐さま。……。

モード方式にゲーム性を変更するということは、名前にカエルは付いているものの、シリーズとはまったく違うタイプの機種を発売するということ。山佐の抱える人気シリーズで大きく売り出したいのかもしれないが、ジャイアントに貧困なその発想が泣けてくる。こりゃ、5号機のアドリブ王子も期待できない。

市場にどれだけモード方式以外の4.7号機が導入されているのか。どこのホールにでもあるメイン機種で言うと、「押忍!番長」「モグモグ風林火山」や強いて挙げると「ナナカフェ」くらいのもので、前述の巨人の星Ⅲなどは撤去が進んでいる。RTゲーム数消化による連チャンが魅力的な機種は、本当に減っているのだ。

確かにこれは致し方ないことで、なぜなら4.7号機の厳しい基準をかいくぐって爆裂性を搭載するとなると、特定役解除やリプレイの連続など個人のヒキに大きな意味を持たせるしかなくなってしまう。おそ松だってチャンス目解除しなきゃならないし、俺の空やカンフーだってリプレイ3連しなきゃならない。

だけど、そういう機種は本当に厳しい。なぜなら「ヒケない」と思った客は打たなくなってしまう。今ならまだ吉宗があるし、番長がロングヒットしているからよいものの、とくに吉宗が撤去されるとホールのメイン機種は殆どモード方式となってしまう。「ヒケない」けれど、とにかく打ち続ければボーナスが放出され、1G連もしくはその後の消化に期待が持てる…といった遊技ができなくなってしまうのだ。

ただでさえ吉宗の後釜とされる秘宝伝がモード方式なのだから、ますますこういった台が増え、馴染めない客がかならず出てくるはずだ。吉宗が撤去されることにより、パチスロファンが大幅に減るとまで言われているのに、この時期に同様のゲーム性で新機種を発表しないメーカーは稼ぐ気があるんだろうかとまで疑ってしまう(オリンピアさまがキングオブマウスを発表しているけれど、1社だけ?)。

ジャイアントパルサーならきっとモード方式ではないだろうと夢見ていたわけだが、どうやらただの夢となってしまうようなので、非常にガッカリしたのである。それから念には念を押して言うが、モード方式のパルサーなんてカエルじゃない。ただの看板。

|

« クセになる爆弾男 | トップページ | ダメなパチンコ屋の話 »

コメント

こんにちは。
パチスロのこと全然解らないのですが、面白く読ませていただきました。
全然解らないので疎い質問かもしれませんが、いわゆる「5号機」って、何ですか?
なにか特別な意味が含まれているように感じましたが…。
それから、スロットのデザインには色々なキャラクター(雑誌やアニメなどの主人公?)が起用されていますが、こういうのも人気が左右されるのでしょうか?それによってすぐ市場から消えるものや、長く使われるものなどあるのですか?
ゲームをしにいく人はどんな感覚で機械を選ぶのかな、とか、ゲームの本質よりもそういう点に関心を持ってしまいました(笑)よかったら教えてください。

投稿: heartail | 2006年10月 5日 (木) 10時51分

こんにちは、heartailさん。パチンコパチスロを打たれないのに、色々と目を通して下ったようで…どうもありがとうございます。

ええと、私も上手く説明できるか不安なのですが…。ざっくばらんに行かせて頂きます(笑)。

5号機など「~号機」というのは、大雑把に言うとスロットのゲーム性全般のベースとなる、"決まりごと"のことです。どのパチスロメーカーも、この決まりごとを最低限守って、新機種を制作・販売せねばなりません。
ちなみにこれは政府が世の中の状況に応じて決定します。

それでその5号機の仕様というのが、現在ホールに設置されているスロット機(ほぼ4.7号機と呼ばれるものです)とは全く異なった内容でありまして。

一体どのように異なっているのか、と申しますと…えらく長くなってしまうので、ものすごく簡潔にまとめてしまうと…「ボーナス抽選方式」「ボーナス消化方法」「ボーナス払い出し枚数」「出玉率(機械割と呼ばれるもので、高ければ高いほどユーザーは嬉しいです)」などがあります。その他、リールの図柄や演出など様々な点で異なっているのですが、パチスロユーザーが懸念している最大の変更点は「ボーナス消化方法・払い出し枚数」や「出玉率」でしょう。

パチスロは一般的に6段階の設定が存在し、設定が高まれば高まるほど、ユーザーの勝率が上がります。なので、決して慈善事業をしているわけではないホールは、基本的に高い設定を使うことはそうそうありません。

それでもなぜユーザーが打ちに行くのかと申しますと、「好きな機種があるから」とか「パチスロが好きだから」なんて理由も挙げられますが、「低い設定でも勝てるチャンスがあるから」…なんて夢もあって、意外とこれが現実的な夢なのです。

5号機以前の機種などは、低設定であっても例えば「ボーナス中に目押し技術を介入することによって、メダル獲得枚数をアップさせて勝率を上げる」ことなどができました。その他にも、色々あるのですが…割愛させて頂きます。

けれども、5号機の特徴として「ボーナス消化方法・払い出し枚数が、あらかじめ決定されている」ので、「技術介入などによるメダル獲得枚数アップ」はほぼ不可能となります。

そうなると。
店も高設定をさほど利用しない→低設定台ばかりがある→設定が低い上にユーザー自身の技術(努力)によって勝つチャンスも少ない…

なんて悲しい現実が、蔓延しかねないわけです。

そして、なぜ店が5号機の高設定を利用しづらいかと申しますと…大雑把ですが…「利益が上がらない」、これに尽きます。

……そんなわけで、まぁ、5号機メインの営業が始まったら(来年7月から、と想定されています)、ユーザーは一体どうなっちゃうんでしょうと不安になったりするわけで。

……って、上手く伝わりましたか? とても不安です。ヘタなんですよ、こういう説明するの…(涙)。何かありましたら、がんがん突っ込み入れてくださいね。

さてさて。
人気アニメなどとのタイアップ機種が、スロットユーザーにとっても人気となるのか、というご質問ですが…
一概にそうと言い切れないのが現状です。
数年前に発売されたサミー「北斗の拳」などは、斬新なゲーム性と原作に忠実な演出が、原作ファン・そうでない方、とにかく多くの方々のツボにハマリ大ヒットとなりました。

かといって、原作に人気があればよいわけではありませんし、原作に忠実な演出だけでもダメなわけで…
ゲーム性と、いかに魅力的なカタチで人気原作が絡み合うかがヒットの明暗を分けるポイントだと思いますよ。

そしてホールが沢山導入したり、長く利用する機種は、お客に人気があることが必須条件です。尚且つ、ホールにとって利益を出しやすいゲーム性であることが絡めばよりベストでしょうね。
「お客の満足」「ホールの満足」…といった天秤がよりキレイに釣り合う機種が、優秀機種とも言えるかもしれません。

長くなってしまいましたが、
これでもまだ言葉足らずな点が多いと思います。とくにheartailさんは打たない方なので、心配…本当に、何か疑問やツッコミがあったら仰って下さいね。

投稿: ちゅう太to heartailさん | 2006年10月 6日 (金) 05時37分

ちゅう太さん、すごく丁寧なご説明ありがとうございます。
政府が出玉率(?)設定を社会状況に応じて指示していることも初めて知り、驚きました。
たしかに合法的な賭け事としては当然ですね。
「5号機」についてはなんとなく解りました。来年7月から出玉率が変わることによって客足も変わってくるのでしょうね。常連客もこういう事情は把握してるのかな?
ところで、その設定変更はあらかじめ台のソフト的な変更で可能なのでしょうか、あるいは台の絵柄もメカも全く変えて対応するのでしょうか?(なんか非常にマイナーな疑問かもしれませんが(笑))

既存の漫画やアニメはやはり台のキャラクターとしても強いのですね。
そういえば以前、冬ソナのパチンコ(?)が出ていたようですが(CMで観ました)、あれってパチスロ愛好者の間では評判どうだったのでしょう?私の知り合いにはパチスロする人いないし、どんな人がパチスロに興味あるのか解りませんが、パチスロユーザーにはヨン様好きのオバサマ方が多いのでしょうか!?(笑)
顔中に釘さされるパチンコ台のキャラクターに、よくヨン様が肖像権利用許可したものだと思いますが…(ちなみに私はヨン様ファンではありませんが。(笑))

知らない業界のことを知るのも面白いものです(笑)
お暇なときでかまいませんのでまた教えてください。

投稿: heartail | 2006年10月 6日 (金) 18時55分

設定はソフト的な対応です。
台の絵柄やメカなんかは全く同じです。

5号機に関しての情報は多くのスロッターが知っていると思います。

と、ヨン様は
というか最近のパチンコ台(スロット)は液晶を使った演出が主流です。
ですから、盤面そのものにヨン様を配さなくともOKですから
そう言う部分(キャラに釘)での問題はないのだろうと思います

投稿: shigeyan | 2006年10月 7日 (土) 17時31分

heartailさん、すっかりお返事が遅れてしまって本当に申し訳ありませんでした。ガラにもなく、バテていました。基本的には一日遅れでお返事するようにしていたのですが…もう、10日です。読んで下さっているかな…心配です(涙)。申し訳ないです。

>>たしかに合法的な賭け事としては当然…
そうですよね。バブル前後から、パチンコパチスロに対する具体的な法律や、不正に対して目を光らせる機関(おもに官僚の天下り先ですが)ができたようです。国民が皆、余裕を持って遊べた時期にパチンコ業界は一気に巨大産業に成長したので…(しかしバブルって私は経験がないのですが、ホントに凄かったらしいですね。羨ましい…)。

ちなみにパチンコ業界に携わる方の約6~7割が在日コリアン(もしくは帰化された方。最近多いようです)と言われています。中でも多いのは朝鮮籍の方で…そのことと、パチンコパチスロに対する厳しい規制(例えばスロットの5号機や、5月に施行された改正風営法など)は、あながち無関係とは言えないでしょうね。

設定変更に関しては、後にshigeyanさん(リンクにある「楽しく、そして勝つために」というブログを運営されている方です)が簡潔に述べられている通り、「ソフト的な対応」ですよ。ごめんなさい、私の説明が粗かったですね。
設定というのは…出玉率を左右する内部のプログラムのことです。1~6段階あって、数字が高ければ高いほどユーザーの勝率の上がる、嬉しいものでして。ラッキー7なんて言葉がありますが、「7」よりも「6」の数字を感覚的に好むスロットユーザーは多いのではと私は思っています(笑)。
設定変更とは、台そのもの取り替えちゃうんじゃなくて、例えば…エアコンの冷暖房切り替えのようなものです。見た目はエアコンで変わらないのですが、スイッチを切り替えることによって、冷房になったり暖房になったりドライになったり送風になったり…。
任意で変えられるプログラムと言ったところでしょうか。

ヨン様のパチンコ…「CR冬のソナタ」ですね。スロッターの方々がどのように受け止めているのか、うーん(笑)。パチンコとパチスロは全くゲーム性も何もかも違うので、スロットを愛好される方がパチンコ機種に対して深い想いを抱くケースは、少ないかもしれませんね。でも、旦那は「こりゃ売れるわ」と苦笑していました。
パチンコユーザーは、わりとオバサマが多いので、ヨン様パチンコはまさに彼女たちをターゲットにしたものだと思います。それにまぁ、別にヨン様ファンでなくとも楽しめるし目も疲れづらいように作ってあるので、今年2月の発売以来、未だにホールの人気機種のようですよ(パチンコの人気寿命は導入して大体2ヶ月ほどです)。

またヨン様の扱い方に関してですが、これまたshigeyanさんの仰るとおり、最近のパチンコは液晶がついていて、その演出がメインとなるので、盤面でクギを刺されていようと特別問題はないでしょうね。
それから敢えて言うならば、これは「ヨン様」と、ではなく、あくまでもドラマ「冬のソナタ」とのタイアップマシンなので…ヨン様の扱いに関して、必要以上に事務所などから口出しされるケースはそう無いと思います。
ちなみにこのドラマ「冬のソナタ」の版権、数十億したとかしないとか、ってウワサがあります(笑)。メーカーも人気作品やキャラクターを手に入れるため、ずいぶんなお金を積むんですね…。

……と、こんな具合なのですが、上手く伝わったでしょうか? 
せっかくパチンコパチスロ関連の記事にも目を通してくださっているのに、お返事も遅れてしまった上、ちゃんと説明できていなくて…うう、本当に申し訳ないです。
heartailさん、また遊びにいらしてくださいね。お待ちしています。


投稿: ちゅう太to heartailさん | 2006年10月10日 (火) 03時22分

shigeyanさん、お久しぶりです。そして公開とお返事が遅れてしまって申し訳ありませんでした。お許しください。

フォローもありがとうございます。
簡潔で判りやすいですよね…私なんてダラダラ書いてしまって…とほほ。
また、よろしくお願いします(といって難しいことを押し付けている…ワケではありませんよ(笑))。

投稿: ちゅう太to shigeyanさん | 2006年10月10日 (火) 03時24分

こんにちは。
お返事ありがとうございます。
ご心配なく!ちゃんと読んでますよ~!
なるほど、パチンコもパチスロもそれ自体はほとんど関心ないのですが、こういう裏事情は面白いですね。なんか、変なところに興味もってしまってすみません(笑)
またちょくちょく読ませていただきます。
よかったら私のくだらないブログも覗きにきてください。久々の更新のときはここに一言かけていただければ飛んでまいります(笑)

投稿: heartail | 2006年10月11日 (水) 09時06分

あ、そうそう、前の冬ソナのことで、私はパチンコとパチスロと混同しておりました(笑)
パチンコユーザーにオバサマが多いこと、そのせいで冬ソナ大当たり!ってのは意外でした。

投稿: heartail | 2006年10月11日 (水) 09時09分

よかったです、heartailさん~!! ホッ。
heartailさんのブログも今度ゆっくり覗かせていただきます♪ さっきいくつかの記事に目を通してみたら…か、可愛い猫さんが…!! もう犬とか猫とか哺乳類大好きな私はスッカリ癒されてしまいました(笑)。今度コメントも残させて頂きます♪

パチンコパチスロ業界って、世界でも類を見ない巨大産業なので、色々調べてみると面白いです(笑)。まぁ単純に表沙汰になる情報が少ないだけで、これといって奥の深い業界でもないのですけどね(笑)。
今後ともよろしくお願いします~♪


投稿: ちゅう太to heartailさん | 2006年10月13日 (金) 03時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クセになる爆弾男 | トップページ | ダメなパチンコ屋の話 »