« 北斗SEのどうしてもな違和感 | トップページ | ジャイアントパルサーの何がジャイアント? »

2006年5月27日 (土)

クセになる爆弾男

Bomberman 昼間、旦那と一緒に出かけたのだがついフラリとパチンコ屋に行ってしまった。かといって、つい最近吉宗でTBT(くどいようだが天井バケ単発)をくらった私にしてみれば、あまり投資のかさむ遊技は避けたいところだった。

……そうなるとジャグラーになるわけで、それを目的に入店したわけだけど、満席。年配の方から若者までぎっしり座られていて、仕方が無いので5号機・ボンバーマンビクトリーに着席した。基本的に5号機はエヴァンゲリオン以外、敬遠しているのだけれど、「リプパンハズシ」とやらを耳にして店を後にせず打ってみることにしたのだ。

ボーナス後100ゲームなど、継続ゲーム数が特定されているリプレイタイムに突入する5号機は多いが、本機の場合、このRT継続ゲーム数が指定されておらず、左リールにボム図柄が停止すると終了する仕組みになっている。早い場合、10~20ゲームで終了してしまう。しかし、この「ボム」という役が成立した際、左リールの図柄をハズすことによって、RTを継続させることができる。極端な話、左リールにボム図柄が停止しなければ、ボーナスに当選しない限りRTが継続し、1ゲームにつき約0.5枚の割合でコインを増やすことが出来るのだ。このボム図柄をハズすことを、「リプパンハズシ」と呼ぶらしい。ネーミングは百夜書房の面々だが、センスがあるような、まんまのような、とにかく覚えやすい名称である。

とくにこのリプパンハズシをきちんと実践すると、設定1でも機械割が100パーセントをわずかに超えることができるらしい。ジャグラーのフル攻略とほぼ同じ数値なので、私も興味を持っていたのである。

そういうわけで期待を持ってトライしたわけだが、投資5000円でBIGと、5号機にしては幸先がいいのか悪いのか微妙なスタートを切った。白7つきのBIGなので、ボーナス中のミニゲームが6択で苦しかったものの、なんとかボムナビを8つ溜めることに成功(正しい順序でボタンを押せば画面で爆弾が破裂し、ナビポイントが溜まる。ちなみに赤7なら押し順は3択になる)。このボムナビがリプパンハズシではとくにポイントで、要は3種類あるボム図柄のうち、どのボムが成立したかを教えてくれる重要なナビシステム。このナビを頼りにボムをハズしていけば、RTは継続するのである。

その後リプパンハズシをしながらRTを消化したわけだが、なんと210ゲームも継続し、とても楽しめた。途中BIGを引き戻し、またナビポイントをストックし、再びRTに突入したりとで、合計すると約1000ゲームほど、無投資で回せたのである。これは、スゴい。

ボーナス→RT→ボーナス→RTの理想的な展開に恵まれたのだが、このループはボンバーマンだからこそ出来ることじゃないだろうか。なぜなら昨今の5号機に搭載されている「50または100ゲーム間のRT」中に、ボーナス当選は確率的に厳しいものがある。そこそこコインが増えて終了するケースが多いわけだけれど、このボンバーマンなら左リールにボム図柄さえ停止しなければ最大3000G続くのだ。ボムナビが無くなっても、2/3で継続は可能なのだから、夢のあるシステムと言ってよいだろう。

しかし本機はイマイチヒットしない。このリプパンハズシ、なかなか目押しに苦労するからである。苦手な私が言うのだから間違いはない。まず、ジャグラー等でのんびり遊戯する年配の方には厳しいだろうし、目押し要らずの台に慣れ親しんだ方には面倒極まりない作業だ。せめて左リール枠内に赤7を狙うとか、図柄を2つにするとか、あとわずか難易度を下げて欲しかった。そうしたらいろんな方が5号機に明るい未来を予想できたかもしれないのに。

旦那はサミーの営業マンに「ボンバーマンビクトリー」を紹介された際、やはりこの技術がネックとなってお断りしたそうだ。技術が勝敗に大きく介入するゲーム性に億劫になった客が多ければ、すぐに飛んでしまう(なんだかジャグラーは別のようだが)。とくに昨今の台は目押し技術が特別必要ではなかったので、その可能性は高い。少しの技術なら楽しめるのだが、失敗した際のリスクが大きいと多くのお客は敬遠する傾向にある。だから技術介入度がもう少し低ければもっと導入されただろうし、このゲーム性が浸透したら5号機の未来に光明がさしたんじゃないかと思う。

惜しい。しかしなんだかクセになってしまった。あまりゲームをしたことがないので、キャラに馴染みはないものの、白くて四角いアタマに愛着さえ感じた。そもそも5号機を打っている最中はとてもヒマな印象があったのだけれど、こういったヤルコトがあると楽しめるのだ。完全告知機はジャグラー様に絶対に勝てないのだから、こういったゲーム性で規制をかいくぐって、新しいフィールドを開拓して欲しい。

ちなみに、1236枚交換(等価)できた。5号機で1000枚以上交換できることがなんだか嬉しかった。打つ台がなかったら、ぜひ試してみてほしい。

※目押しうんたらに関して…ビーマックスとかコンドルとか打っていた方にとったら、「ボム図柄?っつーか余裕だろ」と思われること必至ですが、私も目押しが苦手だし、最近の台は特別な技術は必要ないしでこんなふうに書きました。

|

« 北斗SEのどうしてもな違和感 | トップページ | ジャイアントパルサーの何がジャイアント? »

コメント

お早うございます。文中にある「昨今の台は目押し技術が特別必要ではなかったので、その可能性は高い。少しの技術なら楽しめるのだが、失敗した際のリスクが大きいと多くのお客は敬遠する傾向にある。」まさしくその通りですね。だからわたしどもの方では、以前設置されていたス-パ-ビンゴは人気絶大であったし、今は南国育ちが万人に受けている。
その昔の旧アレジンは、優良台で5万枚でてました。だから前日からの泊り込み客も多く
見受けられたが、今の時代のスロットはゆるやかな右肩上がりで遊ぶレ-トが高くなってますね。

投稿: 白壁 | 2006年5月27日 (土) 08時13分

どもども、白壁さん。すっかり夜行性になってしまったちゅう太です。
ジャグラーのようなノーマルAタイプは基本的に大好きなので、面白い5号機が出てくれないかなぁなんて期待しているんですけど、なかなか発売されませんよね。それでもボンバーマンは楽しめるんですけど、目押しに緊張しました(笑)。プレッシャーを抱える目押しは正直イヤです。でも、5号機って打ってる最中ヒマなので、ある程度の技術介入があると楽しいなとも思いました。私のような者でも気軽に打てる楽しい5号機、もっと作って欲しいです。

ストック機がメインのスロットは、ホントに投資金額がかさみますよね。吉宗なんて1万円じゃゾーンまで届かないこともありますし。北斗はコイン持ち悪いし。当たるまで打った際のリスクとリターンのバランスが取れてないし。
でも5号機は店泣かせの、低投資遊技機なんで、これらがメインになったら遊びやすくなるかもしれませんね。その分、大勝は少なくなっちゃうでしょうが…どっちがよいのやら。

最後に…スーパービンゴ、懐かしいですね。もちろん都内でも大人気でしたよ。スロットを始めたばかりの年配の方も楽しんでましたし、若者は朝イチのリセットを狙ったりと、いろんな方が打ってました。私もおみくじ感覚で数千円つぎこんでみたり。懐かしいなぁ…しみじみ。

投稿: ちゅう太 | 2006年5月27日 (土) 23時09分

おはようございます!
いつも仕事中にコメントつけているので働け!って感じなのですが(笑)。

ようやく5号機を打ってみました。
エヴァ、さくら、ボンバーとこの土日に打ってみた感想ですが、エヴァはパチ以来呪われた相性で全然出ず(笑)。
まぁ、よくエヴァは悪口言っていたので、そのせいか?と思ったり^^;;。

さくらは3Kで17.5Kだして大満足。
水着のさくらも拝めたし♪

ボンバーは初めやり方がよくわからないままやってしまい、ナビがでてるのに出してしまってBTが終了(ToT)。
それでも3Kで16.5Kでたので楽しかった(笑)。

5号機としての感想はまったり感がいいですね。
デジハネが好きなので、ちょっとリスクのあるデジハネという感覚でした。

一番驚いたのはサクラでBIG後126回までクレジットがあったこと。
134回で赤7が来て連荘と変わらない状態でした!

ボンバーは途中からナビの意味がようやく理解できて、REGから100回で赤7、さらに100回で赤7、BTが165回で終了後400回まで回してやめ。

ボンバーはBIG中のミニゲームが全然当たらないのでちょっとムカついてしまった(笑)。
ナビってストックされるようですね。

エヴァは別の意味でやらないけど、今後も5号機はやってみようかと思います。
なんせ挙動が4号機の設定3と似てそうで、うまく立ち回れば勝てそうな気がします。

ちゅう太さんに言われるまで食わず嫌いな5号機でしたが、ちょっと楽しみが増えました!
ありがとうございます^^/

投稿: じゅぁき | 2006年6月26日 (月) 09時57分

いえいえ、私も仕事中はネット三昧でしたよ。出版社に勤めていたんですが、特別作業のないヒマな時期は、のんびりネットサーフィンしてました。上司が後ろを通るときは速攻ブラウザを消してましたが(笑)。

サクラはコイン持ちいいですよね。15枚役がポコポコ当たって、低投資で楽しめます。私が通う地域はどの店も撤去してしまいましたが、たまに打ちたくなります。特に私が負けているのに旦那が出しているとき(笑)。まったり遊んで癒されたくなりますよ。
ボンバーマンは現行5号機の中で最も機械割が高くって、BIG確率は悪くてもRTを引き伸ばすことにより高設定はかなりの収支が期待できるそうです。ジャグラーのフル攻略より効果があるそうですよ。だからホールも余り高設定を投入しづらい状況にあるかもしれませんが、ソコもジャグラー同様、常時目押しやリプパンハズシを駆使すれば設定1でもわずかに機械割100を超えるようなので、個人的に好きな機種です。
ただ、BIG中のミニゲームがねぇ…超能力が欲しくなる瞬間ですよね。上記の機械割の話も、ミニゲーム3~4回成功が前提の期待値なので…難関ではあります…。

スロットエヴァは一時期ハマっていました。サクラ同様、コイン持ちが良いのでまったり遊んでました。設定6なら千円当たり平均59~60ゲームほど回るらしいので(高設定ほどベル出現率が高いので…)、数千円試し打ちしてみたり。
それでも残念ながらハコを使った記憶が殆どありません。まぁこれは、私に限った話で、たまに数千枚出している方を目撃します。いいですよね、5号機で3箱カチ盛(笑)。一度私も出してみたいもんです…。

それにしても、こんな昔の記事を読んでくださった上に、コメントまで残してくださってありがとうございます。最新のコメント欄に「爆弾男」が見えたからビックリしました(笑)。なんだか嬉しいです。
そういえば、掲示板も作ってみたので、よければこちらもよろしくお願いします。え、ダメですか? やっぱり…いえ別に、本当にどっちでもいいんで、とにかく今後ともよろしくお願いします。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月26日 (月) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101925/1954918

この記事へのトラックバック一覧です: クセになる爆弾男:

« 北斗SEのどうしてもな違和感 | トップページ | ジャイアントパルサーの何がジャイアント? »