« 共謀罪と在日の関係-2 | トップページ | パチンコ派遣会社と店 »

2006年5月31日 (水)

日本代表はだから弱い

深夜とも呼べる早朝に、W杯前哨戦「ドイツVS日本」が開催されていたことにより、寝不足の方々も多いだろう。私もそのうちの一人なのだが、つい先ほど仮眠をとる機会に恵まれアタマがスッキリしている。なので少し日記っぽく、感想を書いておきたい。

全体的に、チームワークの取れたプレイをしていたと思う。海外遠征組が入っただけあって、パスもよく通っていたし、ひたすらボールに群がるだけのプレイは一切無かった。高原選手はチャンスをしっかりモノにして、決定力をアピールしていたし、ジーコの愛情に恵まれてなんとか代表入りした柳沢選手も、貪欲にボールに食らいついて、前哨戦としては良いものを観せてくれた。

しかし後半も後半になるにつれ、日本代表お決まりの負けパターンが炸裂する。2点リードの優勢状態がもろくも崩れ去るのだ。高原選手が2点目を決めた後、ドイツチームはなんだか死に物狂いでボールを取りにかかってくる。

というのは、なんだかそれまでドイツ選手は気の抜けた、精神的な気負いが一切見られないプレイをしていた。前哨戦ということでケガでも避けたかったのかもしれない。あるいは本当に、日本代表がファインプレーをし続けて手も足も出なかったのかもしれないが、個人的には「やる気のねぇ試合してんなぁ」と感じていた。

しかし2点目を決められ、ドイツの選手陣に火がついてしまう。ボールを奪った際の素早いドリブルなどは、それまで見せることのなかった姿勢だった。ともあれ、日本は2点リードしているのだから、これまで通りしっかりディフェンスしてくれれば勝てるかもしれないという希望があった。頑張って欲しいとつい布団(寝ながら観ていたのだが)を握り締めてしまう。

ところが突然オタオタする日本代表。これがいつものパターンである。日本代表の試合を観ていると、リードした後はかならず追いつかれ、しまいには負けるといった展開が多い。先にリードした安心感からなのか、本当に技術的に勝てないのか、理由は多々あると思うのだが、あっさり1点、2点とゴールされてしまった。

……なんでだ。2点もリードしておきながら追いつかれてしまう、なんてサッカーでは滅多にない展開だ。しかも試合残り、十数分でである。1点決めるために何十分もかかるというのに、どうしてドイツチームはほんの十数分で奪取することができるのだろうか?

中田選手がよくインタビューで話していた内容を思い出す。「日本代表と海外のチームはまず、精神面のベースが違う。日本代表も、海外のチームがどのような想いでプレイしているのか理解しないと、今後はキツい展開になる」……これが一体どういうことか、おわかりだろうか。先ほど私はドイツ選手が”死に物狂い”になったと書いたが、まさにソレなのである。彼らはドイツのプライドをかけて戦っている。特に今回は開催国なのだから、決勝リーグにあがるのも難しいと予想されている東洋の小さな島国のチームに、負けるわけにはいかないのである。

日本代表が選出された際、また監督ジーコまでもがよくインタビューで答えるのが、「予選敗退はしないように」「せめて決勝リーグに行きたい」とか何とか言ってるが、まずこのベースも違っているのである。それはワールドカップを純粋に”サッカーの祭典”ととらえるか、”国のプライドを賭けた大会”ととらえるかの違いなのだ。ドイツを始め、ブラジルだってイングランドだってアルゼンチンだって、フランスだって、なぜあのように強く、熱狂的なサポーターばかりなのかというのは、”国のプライドを賭けている”からだ。よくあるたとえ話だが、80年代のフォークランド紛争以来、イングランドとアルゼンチンの試合は妙に熱っぽい雰囲気があって、闘争心むき出しのプレイをしてくる。両国ともに、絶対に負けてはならない相手だと解しているからだ。だから他国の代表陣はひたすら優勝のみを追い求めている。

その意識の違いは、サポーターやメディアを見比べると瞭然とするのではないだろうか。今回のドイツVS日本の試合だって、日本のメディアでは「あのドイツ相手に善戦しました」だの「2点決めたからよかったです」だの、頑張ったからいいやという漫然とした報道しかしていない。サポーターだって、「いい試合でした」とカメラの前で堂々と言ってのけるくらいだ。決して誰も追いつかれたことを追求せず、怒りもしないのである。一方ドイツでは「開催国がなんというプレイをしているんだ」「ランキング下位の日本相手に苦戦するとは何事だ」といった、批判的な意見が報道されている。

この差は大きい。日本ではあくまで、サッカーは祭典、つまりお祭りなのである。だから頑張った、いい試合を観せてくれたと代表選手を甘やかす。いかにも農耕民族らしい温和な反応で、それは悪いことばかり生み出すことはないけれど、本当に日本代表に強くなって欲しいなら決して甘やかしてはならないのだ。つまらない試合を観せやがって、と怒るべきなのだ。だが、メディアもサポーターも「つまらない試合」だと感じないわけだから、まったくもって…お笑い種ではないだろうか。

日本代表も「せめて決勝リーグまで」とのたまっているくらいだから、どこかで負けてもイイやというヌルい気持ちがあるのである。だから後半になって、絶対に負けたくないと死に物狂いで攻めてくるチームの精神が、理解できない。もちろん技術の差もあるのだろうが、一人一人がサッカー選手としての精神面が充足していないと、勝てるわけがない。だから日本代表はいつも最後に負けるのだ。

|

« 共謀罪と在日の関係-2 | トップページ | パチンコ派遣会社と店 »

コメント

ドイツ戦は、これからの本戦でジーコの奇跡を呼ぶためのものだったと思いますよ。
きっと修正してくると(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年6月 1日 (木) 09時18分

本当にそうあることを願ってやみません。しみじみ…。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月 2日 (金) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共謀罪と在日の関係-2 | トップページ | パチンコ派遣会社と店 »