« パチスロ必勝本DVDvol.1 | トップページ | 困った秘宝伝 »

2006年5月21日 (日)

北斗の拳SEか、秘宝伝か

北斗の拳SEの演出は、前作と微妙に違っているらしい。現在導入されている初代北斗の拳では、対戦相手によって異なるステージをケンシロウが散歩している(笑)のだが、SEではすべて同じステージとのこと。対戦相手によってボーナス期待度が異なるということだ。ちなみにその相手は、お馴染みのシン・サウザー・ジャギ・アミバに密かな人気モノであるハートの4人。アミバとハートはボーナス確定かもしれない。

えっ、じゃあ滞在モード期待度をどうやって判別するんだよ…と私も思ったのだが、なんでもアラジンのように、夜背景・夕方背景・昼背景と背景変化によって楽しめるようだ。だからCMではやたら明るい風景の中を歩いていたわけか。

小役告知演出では、牙一族だっけ? あの最初のほうでオートバイ乗り回しているザコっぽい人たち。あの人たちが乗っているオートバイの煙の色だとか、この辺はよくわからないけど服の色だとかでナビしてくれるようだ。

と、いうことはだ。牙一族が小役ナビをするならば、滞在ステージは、まだジャギとかサウザーとかと出会っていない舞台ということにならないか? この辺がどのように処理されているのかは、私もまだわからない。

初代北斗の拳は、細部に至るまで原作を忠実に反映させている丁寧な作りが、非常に制作者側の愛を感じてよかったわけだけれど、SEではどのようになっているのだろう。映像は初代よりもクリアになってキレイだし、ゲーム性や機械割を考えてもポシャることはないだろうけど…せっかくの二代目、より満足感を覚える仕様であってほしいと願うのだ。

ところで「秘宝伝」の試打は月曜の午前中に行くことになった。本来なら、数少ない4.7号機だしソコソコ話題もあるので導入するのが無難なのだが、やっぱり旦那は気が引けるらしい。いよいよ雑誌でも本格的に騒がれ始めたけど、これは当たり前で、雑誌としては他にネタがないからデカデカと公開するしかないからだ。実際に入替して、お客がどのような反応を示すのか、店はいつだって不安だ。

もともと「押忍!番長」も「秘宝伝」も、大都が販売している周辺機器を購入したり、台数の多い入れ替えができるようなホールくらいしかトップ導入はできない。ウチの店は、10台前後入れ替えてもおかしくはないのだけれど、そんなことするくらいなら北斗SEを入れたいというのが旦那の本音だ。なぜなら、「秘宝伝がポシャる匂いがぷんぷんしていて、検定ギリギリまで使えるか微妙だから」。吉宗もギリギリまで使いたいしね。

いや別に、ポシャってほしいわけじゃないのだ。ただ、雑誌やネットでも騒がれているから不思議だなぁと。スロッターの皆さん、本当に楽しみなんでしょうか…。設定6の機械割は108パーセントですぜ。しかも番長と違って、1G連ありませんぜ。チャンス目ひかないと、伝説ロングにいかないと、勝つの大変ですぜ。似たようなゲーム性のアラジンがぶっ飛んでいることを考えると、どうしてもどうしても、期待できないのだ。

ウチの店の場合、吉宗をギリギリまで使うと、他店と比べたら約一ヶ月遅れで「秘宝伝」を導入することになる。その頃、お客はつくだろうか? ついたとしても、機械代を回収できるくらい稼動はもつだろうか? 

「秘宝伝」を導入しないことは店としてギャンブルすることかもしれない。このギャンブルを打つかどうかは、明日月曜に決定する。ちょっと今から、ドキドキしているのだ。

|

« パチスロ必勝本DVDvol.1 | トップページ | 困った秘宝伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101925/1877793

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗の拳SEか、秘宝伝か:

« パチスロ必勝本DVDvol.1 | トップページ | 困った秘宝伝 »