« 山口母子殺人事件 | トップページ | CR松浦亜弥の展示会 »

2006年6月23日 (金)

米国牛肉輸入再開

今日はW杯ブラジル戦もあるし、それに合わせて家事も早めにしないといけないから簡潔にまとめておこうと思う。ちなみに、なぜ家事を夜にするのかというと、基本的に旦那は閉店後に仕事をしているために、私も夜行性になってしまったわけで、決して昼間にスロットを打ったり買い物したりとダラダラ遊んでいるからではない…はず。

さて、米国産牛肉が今年の八月末までに輸入解禁となるらしいが、日本の消費者は「早く食べたい」「早く輸入してくれないと仕事にならないから」と輸入再開を喜ぶ者もいれば、「まだ怖いよ」と危ぶむ声もあったりと、賛否両論、悲喜こもごも。アメリカさんは日本が輸入禁止にしたせいで年間160億円の赤字に悩んでいたから、輸入解禁にバンザイ三唱といったところなのだが…。

そんなアメリカさんの全米肉牛生産者協会(NCBA)がこんな声明を発表した。

「日本は信頼できない相手国だ」

発言したのは前述の団体のジョン会長。輸入解禁の契約は結ばれたものの、前回のようにまたすぐにストップがかけられるのではないかと危ぶんでの発言だったようだが。

いや、ちょっと待て。スウゥゥ~(息を吸い込む音)。

信頼できないのはそっちだから。

|

« 山口母子殺人事件 | トップページ | CR松浦亜弥の展示会 »

コメント

信用できないのは確かにアメリカであって、日本によくそんな事を言えたなと思う(笑)。

個人的に輸入されるのはかまわないのですが、一番のネックはラベル偽装。
こちらはアメリカ産を買わない、食べないでいいわけですよ。
でもラベル偽装が横行してる現状だと、やっぱりアメリカの不信もそうだけど、国内問題でもあるような気がします。

私はアメリカ産牛肉は嫌いなので再開しなくてもいいのですが、安いっていう事から買う人もいるし、知ってて買うならいいと思うけど、どうなんでしょうか?

行き着くところは結局は政治なんですね!(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年6月23日 (金) 13時12分

そうそう、ジョン会長言い過ぎです。先に「危険部位混入」したのはどっちでしょう。

もー、この問題が報道されるたびに、アメリカ上院議員やその他の団体の自信満々で居丈高な態度には本当にイライラしますよ~。
私も輸入再開には反対で、こんなモン輸入しろと圧力をかけてくるアメリカは本当に大嫌いです。結局、彼らは日本人がどうなろうとどうでもいいわけで、数十年後に(潜伏期間は人それぞれらしいですが)狂牛病が発症しても、治療も訴訟も勝手にやれ、死ね、ってコトなわけで、同じ人間とは思えないほど冷酷で勝手なヤツらだ!とプンスカしてます。
それから、牛丼チェーンなどが「早期輸入再開を」とかなんとか言ってましたが、彼らも一体何を考えているんだかチンプンカンプン。。命がかかっている問題なのに。

まぁもちろんアメリカ牛を食べなければ安心、とは言い切れないんでしょうけどね…。でも、私も「米国産」とラベルに書かれていたら絶対に買いません。吉野屋でも松屋でも牛丼は食べません。しゃぶしゃぶも我慢します。

でもラベル偽装は怖いですよね。今までも何度か摘発されましたが、きっとアレ今でも続いていますよね(なんとなく…笑)。消費者にとっては大問題です。
だからもう、スーパーで牛肉は買いません。オージービーフなら安心なのかもしれませんが…うーん、もともと牛肉よりも豚肉が好きなので(笑)、やっぱり買わないと思います。

実は今年に入って、初めてジンギスカンを食べたんですよ。新宿で。あのモコモコした羊さんがこんなに美味しいとは思いませんでした。野菜も一緒にモリモリ食べられるし、最高で、コレが毎日食べられるならホントにもう牛肉いりません♪

投稿: ちゅう太 | 2006年6月24日 (土) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101925/2337161

この記事へのトラックバック一覧です: 米国牛肉輸入再開:

» 牛肉の輸入問題について [じゅぁきのディープゾーンへようこそ!]
まずは今回のアメリカの発言は、日本の政府舐められまくってるのに取り消し要求してないのでしょうか? 先に危険部位を入れて輸出したくせに、日本が約束を守らない国というのは国民感情として納得がいかないんですが、何か?(笑)。 さて、輸入再開は必須の問題で、...... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 10時21分

« 山口母子殺人事件 | トップページ | CR松浦亜弥の展示会 »