« 北朝鮮人権法の成立 | トップページ | 米国牛肉輸入再開 »

2006年6月21日 (水)

山口母子殺人事件

今回、山口県母子殺害事件で最高裁が広島高裁の判決「無期懲役」を棄却した。母親を暴行、殺害し、いまだ乳幼児である子供を絞殺した犯人は極刑に値するだろうし、最高裁も司法のプロとして判決を下したわけで、一国民としてもひとまず安心した。

昨日の朝に至るまで、この事件に関するメディアの報道には目に余るものがあった。もともとテレビなんてものはワールドカップがなければ見向きもしないのだが、こんなにも報道は無知なのかと反吐が出る思いですぐに消してしまった。

今回の判決にあたってメディアが投げかけた疑問は、「少年犯罪に死刑は適用されるのか」というものだったわけだが、これもおかしな話なのである。というのは、事件当初犯人は18歳で、十分死刑が適用される年齢なのだ。つまりはなんてことのない、「死刑制度は善か非か」といったお決まりの内容なのである。

しかし、死刑という人が人を裁き殺すような制度は果たして「善」なのであろうかと、どんなに疑問を抱こうと、また死刑制度に反対し徒党を組んでも、あるいは廃止しようと国会議員になって努力していようと、現行の法律で極刑とされているのは「死刑」なのだ。現代に生きる我々は、現代の法律にのっとり裁かれるのが、誰もが知る基本的なルールである。司法はその法律にのっとり、曇りなき視点で裁きを与えるのがプロとしての仕事であり、それができないのは法律者としての怠慢以外何物でもないのだ。極刑に値する犯罪者に極刑を科さないことも同様である。

死刑制度に一言物申したいのならば、まずこの筋を押さえねばならないのに、メディアの投げっぱなしの姿勢ときたら、まったく不愉快だ。批判精神とやらにのっとり、何でも疑問をぶつけていこうとすることは本来間違ってはいないが、批判精神は確かな論理があってこそ生きる。そんな基本的なことも忘れ、国民の知性と欲求を満たすべく存在しているはずが、ただの盛り上げ役に成り下がっているのだ。まさに一億総白痴状態を作ろうとしているのだろうか。非常に気持ちが悪い。

ちなみに私個人は死刑制度は大賛成で、もちろん状況によりけりだが、それに値する罪を犯した人間は、容赦なく死刑により裁かれるべきだと考えている。外国では既に死刑制度を廃止している国が多いと、のべつなくまくしたてる評論家や国会議員が目に付いたが、だから何なのだろう。外国とは宗教観も違うし、そもそも犯罪は増えたと言えど、日本全国の治安の良さは世界に誇ったっていい。その根底に死刑制度があるというのは、考えすぎだろうか。あるいは死刑に代わる、犯罪者を一生閉じ込め苦しめるような完全な刑罰があればよいが、現在のところそれが皆無に近い状況なのだ。犯罪者はどんなに反省しようと犯罪者で、犯した罪によって徹底的に罰を受けねばならない。それが強姦や気狂いじみた殺人なら、なおさらである。

今回の事件で原告となった本村洋さんは言う。「自分の命を取られることを初めて実感したときに、自分の犯した罪の重さを知る。それこそ死刑という刑罰の意味だと思う」と死刑の意味を位置づけ、「二人も殺したのだから反省するのは当然で、そのような人間らしい気持ちを取り戻した上で、『死刑』という罰を受けて欲しい」と。もちろん、彼と私の死刑に対する考え方が根底で同じかどうかはわからないし、当事者の彼に色々言及するのは憚られるのだが、それでも非常に筋の通った素晴らしい言葉だと思うし、刑罰に対するまともな捉え方としてこれ以上、ない。

またさらに彼は続ける。「悔い改めてもなお、命を落とさなければ償えない罪がある。その残酷さを知って、犯罪が起こらぬようにする方法を社会は考えなければならない」愛する人を失った悲しみが、このような言葉で昇華されたことに、思わず脱帽してしまう。一体どのような心境なのか、思いを馳せることしか出来ないが、彼のような方が泣く羽目にならない社会づくりを心がけたいものだ。

|

« 北朝鮮人権法の成立 | トップページ | 米国牛肉輸入再開 »

コメント

ちゅう太さん、鋭い意見又表現力は見事ですね。私もこの事件に関しては絶対に死刑が妥当だと考える。やはり自分自身の意志で罪のない人間を二人も殺めたのだから問答無用だ。キッチリケジメをつけるのが常識。ただ日本の場合は、刑が確定してもなかなか執行されない点が不満です。根底にあるのは、法務大臣が死刑を執行したがらないらしいがそういう人が就任するのも不自然だし、任命する総理大臣もナンセンスだと思う。
又近年は法務大臣のポストを民間人にあてる
傾向があるがこれまた間違えだ。
死刑に限らず執行が遅れると無駄な税金もかからないわけだから、法務大臣さんは迅速に対応して欲しい。
さて昨日吉宗を廻しに朝一から攻めましたが
いきなり1550G(BIG)を喰らいめげずにトライしたが今度はお決まりの1921G(将軍)でした。さすがにヤケクソになり
54GでBIGを引きシングル、ダブルと
見せ場は造ったが結局11万円負け行儀されました。明日も休暇を取得しているので勝負します。

投稿: 白壁 | 2006年6月22日 (木) 00時27分

どもです、白壁さん。誉めていただいて有難いんですけど、何も出ませんよ~(笑)。
この事件、本当に残忍ですよね。残忍で変態的な事件なんてたくさんありますけど、中でもこの事件は「殺害」と「強姦」が同時にされているので個人的にはとても印象に残っていて、ひどく憂鬱な気分になります。
私が被害者の立場だったらやりきれない気持ちに苛まれると思うし、殺害されて強姦されるなんて、女性にとってこれ以上屈辱的な犯罪はないし、想像するだけでも気持ち悪くて鳥肌が立ちます。
犯人が当時少年だろうと、関係ないですよねぇ。これヒドすぎですよ…。
全くの他人である私ですら気が滅入る事件だから、当事者である原告の本村さんなんて本当にどんな胸中だか計り知れませんが、それでもなお彼は淡々として説得力のある姿勢を貫いていて、本当に胸を打たれました。彼の辛さがむくわれるような世の中であってほしいです。

裁判だけではなく、刑罰にも迅速さは求められていますよね。本当にそう思います。
たとえ死刑囚が死の恐怖に苛まれながら過ごしていようと、どちらにしても税金でのうのうと食べていることに変わりはありませんし。犯罪者のくせにご飯食べるな、とまで思っちゃいます。凶悪犯罪を犯した人間に人権なんて必要ないですよ~(笑)。だって既に他人の人権を奪っているんだから。

さてさて。吉宗ですか…私も本当に調子が悪くて、もう打つのが怖いです。でも躊躇しているうちに無くなっちゃうのもイヤだし、もうどうしたらいいんでしょう。
本当に好きな機種だし、負けるときも大きいけど、それなりに見合った一撃があるので打ちたいんですけど、最近本当に見返りがありません(涙)。
そろそろホールも月末の回収モードに入っているらしく、マトモなイベントも開催していないし…打ちたいんですけど、怖いんですよ本当に…。
1G連はしないし、余裕でTBTだし、もうどうしたらカテルンデスカ。

でもやっぱり、打てるのもあと少しですし…なんとか、頑張りましょうね。気持ちよく殿とお別れしましょうね。私も頑張ります。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月22日 (木) 23時48分

この問題は根が深い問題ですね。
個人的には当然死刑だと思っていたのに、いろいろと外野が言うもので、結局最高裁で再審議までしか出せない。

昔は罪を犯した者は、その罪の意識があったからこそ更正や社会復帰も考えられていた。
しかし、現状はそんな意識なく殺してしまう。

私は罪の意識が薄れている現在だからこそ、一つ一つの罪の重さを重くする必要があると考えています。
また、子供だからという理由はそもそもおかしいし、親の甘えに思えます。
親が甘やかしてるから子供が何も考えずに人を殺してしまう。
その子供を死刑にできないっておかしいですよ絶対。
親はそれくらいの責任を負ってると思いますが、どうでしょうか?

自分が子供を持ったときに一番にその責任の重さを感じました。
それと被害者のケアや報道では目に余る誤報、配慮なき取材が多いというのもこの国の特徴です。
この当たりももうちょっと規制かけてもいいような気がします。

投稿: じゅぁき | 2006年6月23日 (金) 13時08分

私にはまだ子供ができなくて、具体的な親の責任や仕事をきちんと体感していないんですけど、いつか生まれてくる自分の子供や、自分よりも後の世代の人たちには倫理だとか常識だとか、マナーだとか、何か必ず残さなくてはならないなぁと思います。

甘やかしすぎる親も、厳しく締め付けすぎる親もどちらもナンセンスで、バランスに欠けていますよね。
その結果、子供は価値観が他人とズレてしまったり、精神的に行き詰ったりしてとんでもない行動に出たり。法は個人を裁くものなので親の連帯責任は問われませんが、世間はそのような親を許してはならないと思います。日本世間の陰湿さを存分に活かして(笑)、その親も幼稚で未熟であることを突くべきです。

この事件の犯人のお母様は、犯人が11歳の頃に自殺されているのだそうです。お父さんは今でも五体満足に暮らしておられるそうですし、犯人である少年が一体なぜそのような犯行に及んだのか、今でも動機がわからないと取材にコメントしておりました。
完璧な家族なんてどこにもいないと思いますが、いつもこういった少年犯罪の背景には暗い家族が見えますよね。

こういうことを思うと、特に少年犯罪の犯人が抱えた環境には同情します。でもやっぱり罰は罰で受けるべきだし、オトナと同等に裁かれてほしいし、死刑に値する罪ならば死刑判決をしっかり出して欲しいです。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月24日 (土) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101925/2314719

この記事へのトラックバック一覧です: 山口母子殺人事件:

« 北朝鮮人権法の成立 | トップページ | 米国牛肉輸入再開 »