« パチンコ屋の幽霊 | トップページ | パチンコパチスロ誌の規制 »

2006年6月 5日 (月)

久しぶりの北斗の拳

基本的に北斗の拳は打たないのだけれど、昨日ホールをウロウロしていたら、どう考えても前日より設定を上げた北斗が落ちていたので少し打ってみた。

三千円であっさりバトルボーナスに当選し、しばらく連チャンしていたわけだけれど、このときふと北斗SEのことがアタマをよぎる。だって、やっぱり初代北斗の方が面白いんだもの…そこはやっぱり、演出の順序に原因がある。

初代北斗は、AT中にザコを倒し、JAC中にラオウと戦う。3ゲーム目にどちらの足が見えるのか興奮したり、5ゲーム目にどんな奥儀を使うかヒヤヒヤしたり、最終ゲームで雲が流れているか目を凝らしたりと、まさに本機のゲーム性である「BBの継続」を、存分に楽しめる仕様となっている。

けれども北斗SEはRT中にラオウと戦うため、この醍醐味が失われているわけだ。しかも、ボーナスは必ずRTで終了するため、せっかくJAC中に獲得したメダルを減らして終了してしまうわけである。なんというか、これは……本当にどうしてこんな風にしちゃったんだろう。こういう穴が発売前に見えてしまうと、なんだかげんなりしてしまった。

まぁそれでも、初代と比べるから見劣りするのであって、北斗SE自体そのもので考えると、そこまで悪い出来ではないのだ。継続率が最低75%だから、単発に泣かされるケースが減るという利点もある。通常時の演出に特別つまらない点はないし、2枚チェリーに興奮できるといったゲーム性も変わっていない。BBだって慣れれば問題がないと思う。でもせめて新しい奥儀が出現するといった変化が欲しかったなぁと、初代北斗を打ちながらぼんやり考えていた。

SEの発売は7月下旬で、「ボンバーマンビクトリー」や「CRフレディVSジェイソン」を導入しているホールに優先的に行き渡る。サミーは月間10万台を生産していくようだけれど、それでもまだ受注が殺到していて、未だに数が足りないそうだ。とはいっても、8月中旬には大体のホールに導入されるだろうから、その頃はきっと雑誌でも何でも北斗SEの話題で持ちきりなんだろう。だけど、初代北斗の台数もまた減ってしまう。普段打たないけれど、こんなに面白い台がなくなってしまうのはやっぱり寂しい。

なんてことをぼんやり考えていたら、いつの間にかラオウが天に還っていた。こんなに原作に忠実で、一つ一つのセリフをできる限り丁寧に再現した昇天シーンも、SEではもう見られない。そもそも私が北斗で連チャンする可能性を考えたら、見るのはコレが最後なのかもしれないので、とても感慨深かった。

吉宗が撤去されたらスロットを打つ機会も減るだろうと思ったけれど、そうしたらたまには初代北斗を打つのもいいかもしれない。個人的に吉宗に代わる機種なんてないのだけれど、これだけ完成された機種が11月になくなってしまうのも悲しい。

|

« パチンコ屋の幽霊 | トップページ | パチンコパチスロ誌の規制 »

コメント

北斗は発売当時ビックリしました。
まずは斬新なアイデア。
レギュラー連荘だけでなくATとの組み合わせは発想としてすごいと思います。
そもそもATもサミーか?(笑)。
画面もきれいだったし、セリフや再現能力も高かった。
ついつぎ込んでしまう魅惑の機種のためしばらく遠ざかった事も。
結局昇天は実機では一回もなく、PS2でみただけというのが悔しいです。
初期投資があまりでき現在はしかたないとあきらめてますが^^;;。

SEって初代との大きな違いは、JACインで次の選択をするのと、RT中にフラグ開放抽選をしてる違いですよね?
う~ん、やっぱり初代がいいなぁと私も思います。

ちなみに個人的にはパチのSTVに期待。
来月近くに入るのを今から祈ってます(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年6月 6日 (火) 10時53分

こんにちは(おはようございます)、じゅぁきさん。……って、じゅぁきさんはパチンカーさんだと思っていたので、北斗の話題にレスをくれるとは意外で嬉しいです。

レギュラーの連チャンシステムが、当時業界内では「なんだアノ機種、絶対ポシャるぞ」なんて噂されてました。勝つために運の要素があまりに強いため、お客さんがついてこれなくなっちゃうと危惧されていたようです。
でもじゅぁきさんの仰る通り、その連チャンシステムがよかったり、演出が絶妙だったりして大ヒット。原作好きな私も、北斗の拳からスロットに没頭し始めました。負けたなぁ…(遠い目)。

私もあまりに負けるため、遠ざかりましたよ。はい。ボーナス放出システムがキツいですよね。だから普段は全く打ちませんが、もうすぐ撤去されてしまうので、高設定っぽい台があれば記念に(笑)数千円投資してます。

SEのバトルボーナスは、ATが無くなってRTになりました。RTといっても、通常ゲームと小役確率は全く同じようなので、通常ゲームと何ら変わりはありません。
7揃い(継続率の振り分けが発生)→RT(通常ゲームと同じ。つまりコイン減ります)→JACイン(BB継続抽選が発生+15枚払い出し)→JACゲーム(ようやくコイン増える)といった流れです。大変微妙であります。ええ。

もうご存知かもしれませんが、デジハネ北斗の拳は、通常時確率が1/80、大当たりは4ラウンドでその後4回転の確変(1/8)に突入し、時短が41回転ついてます。
通常時から4回転の確変に突入することもあって、その際ラオウとのバトルリーチが激アツなんだそうです。
バカ売れ、とまでいきませんが、導入する店舗は多いと思います。なんせ北斗SEを入れるために、サミー様のご機嫌をとらねばならないので(笑)。
パチンコ北斗の元来のゲーム性は、デジハネに向いているのできっと面白いですよ。

そうそう、ダイナマイト打ちましたよ!! 釘も渋いので大当たりしませんでしたが…役モノもカワイらしいし、リーチも興奮できるし、面白かったです。絶対また打ちます。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月 7日 (水) 05時19分

いつも始業前のコーヒーと共に読ませていただいてます。
これからも楽しく読ませていただきますので、がんばってください!

投稿: monki | 2006年6月 7日 (水) 09時11分

monkiさん、初めまして。コメントありがとうございます。
始業前のコーヒーとともに、…っていいんですか? 朝っぱらからこんな主婦の戯言を読むと、八代将軍のランプが光らなくなりますよ。ホントですよ。でも、読んでくださって本当に嬉しいです。読んでくださる方を退屈させないよう、出来るだけ頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月 7日 (水) 18時08分

若い頃はパチとスロ両方してました。
1.5号機後半、2号機の始めくらいですか。
アラジンもうったし、バニーガール(スーパーじゃないほう)も打ってました。
そうえばアニマルなんてとんでも台もうってたなぁ(笑)。

パチンコのCR化に伴って、保留玉連荘規制が腹立たしく、あまりの確率の悪さやもろもろで一時期はスロ専門でした。
といっても4号機がでるまでは数少ない現金機を打ってましたが^^;;。

4号機から4.7号機の基本的に純Aが好きでした。
ストックに関しては3号機のB物と大差ないので大っ嫌いでしたが、北斗はレギュラーというところにひかれましたね!

初代パルサーやフローズンナイツなど好きでした。
変わりものとしてはサミーは集中が得意でBC20000など設置店を探してうってました。
なぜかアラジンはダメなのに、それ以外の集中は相性がいいんです。そういえばソレックスは儲けたなぁ(笑)。

スロは現在魅力的な仕様が全くないためと、初期投資がかさまないと勝てない可能性がないため敬遠中といったところでしょうか?

>デジハネ北斗の拳は
気持ちはすでに7/3ですよ^^/。
導入解禁日が7/2なので近所に入らないかどうか毎日ドキドキしてます(笑)。
非売品のDVDもオークションでゲトして内容を確認しました^^;;。

それとダイナマイトはキングの場合ははまりがはんぱじゃないです。
ただオカルトですが220から250は結構確率以上に当たってる気がします。
もっとも大当たり確率近辺だから当たり前なのですが・・・。
クイーンの方が楽しめるかもしれません。

それではまた^^/

投稿: じゅぁき | 2006年6月 8日 (木) 13時33分

じゅぁきさん、どうもです。バニーガール、ってあの、小さなリールで小役が揃うと、チリンチリンと払い出しされるアレですか? DVDで観たことあります。カワイらしいスロットですよね。
そうですか、そんなに昔から…私、まだまだスロッターの赤ちゃんだわ(笑)。

パチンコがCR化されて、客層がずいぶん変わったという話は聞きますが、やっぱり当時は厳しかったんですね。私の知り合いというか、お世話になった大切なライターさんも、それまでは釘を読めれば勝てたのに、CRになってそうはいかなくなったのでヤメた、と仰っていました。「CR機は釘を見ただけじゃ勝てないもんねぇ。僕は運が悪いから、ヤメちゃったよ。原稿? まぁネタを拾うために、打たないで店内を歩いているよ、アハハ」……ですって。

そう考えると、スロットも随分規制が変わりましたね。フローズンナイツなど分からないので、きちんとコメントできなくて申し訳ないのですが。
AT、とても懐かしいです。当時はよく仕組みを理解していなかったので、じゅぁきさんが苦手なアラジンで(この言い方、ごめんなさい)何故か勝っていました。完全なビギナーズラックですが。
今は技術介入もないし、一攫千金の夢も見られない仕様だから、確かに打たないのが得策ですよね。私もさすがに、吉宗が撤去されたら厳しくなります。

それから、デジハネ、なんだか楽しいです。ダイナマイトキングは確かにハマリますね…データをよく見たらハマってました。でもあの役物が可愛いんですよ。音にあわせてついついドキドキしてしまうし。
クィーンは近場に設置されていませんでした。残念です。
しかも、あまりデジハネの稼動がない地域なので、釘が渋いんですよ…まったり遊ばせて欲しいです。でも懲りずにまた打ちます。

それでは、またお待ちしてます♪

投稿: ちゅう太 | 2006年6月 9日 (金) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101925/2086975

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの北斗の拳:

« パチンコ屋の幽霊 | トップページ | パチンコパチスロ誌の規制 »