« 久しぶりの北斗の拳 | トップページ | パチンコ屋の組合 »

2006年6月 5日 (月)

パチンコパチスロ誌の規制

今年の2月から3月にかけて、全日本遊技事業協同組合連合会などパチンコパチスロ業界の12団体が、出版社に「打ち子・サクラ募集」や「攻略法販売」などに関する広告を掲載しないよう、要請書を提出した。要請されたおもな出版社は、百夜書房や辰巳出版、竹書房に双葉書店など、パチンコパチスロ雑誌を制作・発売している合計9社。

理由はもちろん、パチンコ業界のイメージアップをさらに図りたいためだ。そもそも、攻略法なんて存在しないし、それを売りつけようとする会社は詐欺罪で摘発されるべきであるのに、堂々と広告を載せているなんてどういうわけだということである。特にここ数年、さながら雑誌の記事のようなテイストで広告が作成されていたため、誤解してしまう読者も多かったに違いない。

今年の2月から3月にかけて、全日本遊技事業協同組合連合会などパチンコパチスロ業界の12団体が、出版社に「打ち子・サクラ募集」や「攻略法販売」などに関する広告を掲載しないよう、要請書を提出した。要請されたおもな出版社は、百夜書房や辰巳出版、竹書房に双葉書店など、パチンコパチスロ雑誌を制作・発売している合計9社。

理由はもちろん、パチンコ業界のイメージアップをさらに図りたいためだ。そもそも、攻略法なんて存在しないし、それを売りつけようとする会社は詐欺罪で摘発されるべきであるのに、堂々と広告を載せているなんてどういうわけだということである。特にここ数年、さながら雑誌の記事のようなテイストで広告が作成されていたため、誤解してしまう読者も多かったに違いない。またサクラ募集に関しては、そのようなホールは存在しないという理由で広告の排除が求められた。

要請されたどの出版社も、できる限り対応しているらしく、確かに最近は攻略会社の広告をあまり見かけなくなった。もちろん攻略会社なんてものは詐欺罪に当たるただの犯罪会社で、それこそ共謀罪で摘発されるべき団体なので、こんなものを世に知らしめる必要などないのである。雑誌を制作している人間だってできれば失くしたいと思っていただろうし、広告排除の良いきっかけになったかもしれない。

だが結局、フタを開けてみると代わりに掲載されているのは、出会い系会社とサラ金(闇金?)の広告ばかり。パチンコパチスロ誌に広告を載せようとする会社は、所詮、人の欲をつつくような団体ばかりで、雑誌を開けたときのいかがわしさは変わらない。

それもまた仕方の無い話で、雑誌を制作するにあたって広告会社というのはスポンサーのようなものだ。広告掲載料のおかげで雑誌を制作できるのだから。そもそもパチンコパチスロ誌なんてものは、売れないのである。誰もが好きなジャンルでもないし、新台情報なんてネット上で手軽に入手できる。雑誌という媒体にこだわる必要はなくなってきているのだ。

スロット誌はかろうじて、解析を公開できるといった「売る理由」があるわけだけれど、これも一体どうなることやら。今後5号機がメインとなってくると、解析情報などなくても十分遊べてしまう。そしてこれはあくまでもウワサだが、来年中に「みなし機の特集をしてはいけない・4.7号機の特集は数ページに抑える」といった、新たな規制が入るかもしれないのだ。ますます雑誌の意味がなくなってしまう。

もともと5号機の導入によって、スロット誌の売り上げ部数が落ちると、出版業界でも危惧されていたわけだけれど、本当にこのような規制が入るとさらに厳しくなるばかりだ。だからDVD発売に手を染めたのかもしれないが、単価の高い品物で毎月一定の売り上げを量るのは難しいかもしれない。

バブルの時期にようやくパチンコ屋は風営法の監視下に置かれ、その後警察に管理され、規制が入ってきたわけだけれど、ここに来て雑誌があまりに厳しい措置をとられてしまうのは少し気の毒に思う。まさか廃刊に追い込まれるほどの事態でもないので、なんとか踏ん張って欲しいところだ。

|

« 久しぶりの北斗の拳 | トップページ | パチンコ屋の組合 »

コメント

お久しぶりです。以前攻略法を見てみたいと思い、雑誌を見てネットから見てみました。それからと言う物、DMで攻略法買いませんか?の手紙がたくさん来るように。友人が攻略法を買ったことがあるのですが、一緒に試してみたところさっぱりでした。20万か30万かしたと言ってたはず。

投稿: 元祖ドラえもん | 2006年6月 5日 (月) 22時42分

お久しぶりです!! お元気ですか? その後どんな感じですか?

攻略会社は、社名だけ別にして実は同団体だったり、個人情報を横流ししているのでホントに犯罪まがいの会社ですよ。売っているものも…広告で「カンタン技術もいらない攻略法」っていうだけあって…なんつうかその、お粗末なモノですし。。。
間違って購入してしまった方は、弁護士に相談しているようですが、すでに会社自体の足取りもつかめなくなってしまうケースが多いようです。泣き寝入りなんてイヤになっちゃいますよね。

警察も攻略会社を摘発したらよいのに…。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月 5日 (月) 23時10分

僕とパチンコの関係は、「やめようやめようと思っているのですがなかなかやめられない」まるで恋人たちのような関係です。
しかし、このブログを読んでいるとパチンコのそもそもの勉強をしているようで、きっぱりやめれそうになってきました。

これからも、よろしくお願いします!

投稿: monki | 2006年6月 8日 (木) 09時15分

どうもです、monkiさん。今日もありがとうございます。

恋人のような関係ですか(笑)。それならヤメちゃったら悲しいんじゃないでしょうか…ってな話は置いておいて、monkiさんはヤメたいんですね。私もそんな気持ちになって、三ヶ月ほどヤメていた時期があります。旦那の店を見学したり、プレステ2で吉宗のゲームをやってみた頃です。「あぁ、絶対にお客が負けるなぁ」としみじみ思って、スロットに夢を見ることは全くなくなりました。

でも旦那はデート代わりに私をパチンコ屋に連れて行くし(涙)、嫌いではないのでまた打つようになってしまったんですが…夢を見る気持ちがない分、自制できるようになりましたよ。だらだら打ってしまったり、根拠の無い投資をすることはなくなりました。つまり考えて打てるように、ようやくなれたんです。勝つことも増えたし、負けても自分なりの理由があって打ったのだから、自己嫌悪に陥ることもありません。気持ちよくスロットと付き合えるようになりました。

もし、ムリに自分を抑えてヤメようとしているなら(私も何度か経験あります)、ヤメることは難しいんじゃないでしょうか? 私もヤメられませんでしたよ…。
だけど、このブログがきっかけになって、少しでも冷静な気持ちになってもらえたなら、嬉しいです。
心の底からヤメたいのに、裏腹な行動をとってしまう方は絶対にいるし、特にパチンコパチスロはそんな魅力(魔力?)があります。
そんな方を食い物にしてるのが、パチンコ店だしこの業界。
店を経営する旦那を持って、こんなコト言うのも変ですが、ヤメるにこしたことはないんです。絶対に店が勝つようにできてます。だけどその仕組みをかいくぐって、努力したら少しは勝てます。でもホントに少しなんですよね。

ツラツラと書いてしまいましたが、どうしてもヤメたいのに何故かヤメられない状況って、辛い気持ちになると思います。愚痴とかあったら書いてくださいね。
それでは、こちらこそ!! 今後ともよろしくお願いします。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月 8日 (木) 13時23分

ちゅう太さん。いつも読み応えのあるBlogありがとうございます。

止めたいか止めたくないかと言われると、止めたいです。
その理由は、
①ギャンブルを辞めたいです。
②禁煙して長いので、店内が臭いです。
③手がまっ黒になってしまいます。
④負けている人が怖いです。

①ギャンブルを辞めたいです。
ちゅう太さんの返信を読んで、止めようと思うから止められない。パチンコを受け入れて気持ちよく付き合っていけばいいんだと言うことを学びました。
しかし、僕のパチンコをする特徴としては
好きな種類:パチスロ
収入:一般的な20代後半の給料
準備金:1万円前後。負けてくると腹が立ち、最高6万円~10万円つぎ込む(1万円で台周り)
予備学習:まったくなし、たまに立ち読み程度。最近、天井を知りました。
好きな台:特になし。あえて言えば、新台

という感じで、2万円負けるとその月の生活は苦しくなります…
これだと、やはり楽しむ事は難しいでしょうか。

②禁煙して長いので、店内が臭いです。
これは仕方ないですね。全台禁煙というパチンコ屋は存在するのでしょうか。

③手がまっ黒になってしまいます。
これも、仕方ないですね。

④負けている人が怖いです。
何故、台を叩くの? 何故、店員にチッってするの? って感じです。

という感じで、止めたいという気持ちが日に日に強くなってきています。

投稿: monki | 2006年6月 9日 (金) 10時34分

monkiさん、どうもです。読み応え!? いやぁ、おだてても何も出ませんって。でも今日もありがとうございます。

特に丁寧にご自分の状況を書いてくれて嬉しいです。なるほどなるほど…なんて、偉そうですが、お役に立てなかったらごめんなさい。

先に、②以降のお話をします。
禁煙のパチンコ屋さんもあって、例えば都内だと新宿にカレイドというお店があります。確か1Fが喫煙席で、2Fが禁煙席だったと思うのですが、他にもこのような営業をするお店も僅かですがあります。
http://www.p-world.co.jp/index.html
↑「p-world」というサイトなのですが、様々なホールの営業形態やイベント情報を調べることができます。お近くの地域の店舗状況を検索して、禁煙席があるか探してみてはいかがでしょう??

手が真っ黒になってしまう店っていうのは、きっとよくないお店ですね。
というのはですね、メダルや玉を洗浄する「ポリ」というビーズのような素材があって、玉が流れる管やメダルタンク周辺にそのポリが沢山入っているわけです。メダルや玉はポリに擦られることによってキレイになるのですが、そうなると当然ポリは汚れます。なので定期的にポリを綺麗なものに交換せねばならないのですが…メダルや玉が汚れた店というのは、そのポリ交換を怠っているわけです。つまりマトモに働ける従業員がいないわけで、そういう店って稼動を上げるための営業努力をしない傾向が強いわけで、つまりですね、パチンコの甘釘台もスロットの高設定台もあまり期待できない最悪な店なわけです。
なので、そんな店は見限った方がよろしいかと思うのですが…いかがでしょう?

負けている人、私も怖いです。パチンコに関わらず、ギャンブルの最中の人間の表情って、ものすごく利己的で、曲がりなりにも美しい顔をしているとは言えませんよね。

こんな風に感じてしまう方って、ギャンブルに弱いんですよ。別に自分を美化するわけじゃなくて、要は勝負に熱中できない性格なんでしょうね。ホントだったら、負けたらキレるくらいの真剣さを持たなきゃいけないんです。隣のオバちゃんが台を叩いていて、迷惑だなぁと思っても、その気持ちに共感できなきゃオカシイんです。だって折角働いたお金が一瞬で無くなるわけだし、自信を持って選んだ台が選択ミスだったわけだし、負けて損するのは自分なのだから。

心のどこかで本気になっていないと、「負けてる人怖いなぁ」って思っちゃう。そりゃ台を叩いたり店員にキレたりするのはNGですが、その気持ちに共感したり、似たような気持ちになるくらい悔しくならなきゃ、駄目なんです。身銭を切ってギャンブルしているんだから。自分自身が今そんな気持ちになりきれているかどうか、…いかがでしょう?
私は一人暮らしをしていた頃、負けが込んで生活が厳しくなったときに本気になれました。そのときに「ヤメる」という選択肢もあったんですが、お金を賭けて遊ぶのは好きだから(あぁなんかダメなセリフだなぁこりゃ)、本気になって頑張ろうと思ったわけです。
でももちろん、麻雀でもパチスロでも、とにかく負けても笑顔でいようと心がけてます。せっかく台を叩いている姿がみっともないと気づいたのだから、それはイイ形で生かしたいなぁと…。

さてさて。
スロットがお好きなら、絶対に雑誌などで解析情報を入手した方がいいですよ。皆が知っている情報ですから、コレを知らないと同じスタートラインに立てないわけです。それに、解析が分かると予算も見えてきます。

2万円負けるとその月の生活が厳しくなる、ってお気持ちよくわかります。そうですよねぇ、みんな平気そうに(?)投資しているけれど、大金ですよね…はい。
オススメは5号機とジャグラーです。何ゲームまで回さなきゃいけないとか、チャンスゾーンとか、そういう縛りもありませんし、大当たりしているかどうか全て演出が教えてくれます。しかも、千円あたりの回転数がそこそこ良いので、まったり遊べますよ。数千円で運試しするのもよいですし、低投資で楽しめる仕様です。

でも、でもでもです。もし、その2万円が無くなってしまったら、厳しいわけですよね。麻雀だの何だのとギャンブルを続けてきたダメ女としてモノ申させてもらいますと、ギャンブルって気持ちに余裕がないと楽しめないし、勝てないんです。この場合の気持ちの余裕っていうのは、お金の余裕です。

後で「あの時打たなければ…」と後悔する日々を送るくらいなら、じっとしてチャンスを伺ってみる方がよいかもしれませんよ。
お金って寂しがり屋だから、お金持ちのところに集まるようになってます。気持ちと懐に余裕があるときに、運試ししてみるのが良い結果を生むかもしれません。

最後に…心底ヤメたいとかスロットが嫌いだとか思えたら、自然と足はホールに向かなくなってくるんじゃないでしょうか。ヤメなくちゃ、っていう義務感が強いだけだと、精神的に参ってしまうと思います。長々と色々書いてしまって、しかも偉そうで、お気を悪くしちゃったかもしれないけれど、もし「ヤメなきゃ」っていう気持ちに苛まれているなら、ムリせず打ちたいときに打って、とことん負けてみるのも…悪くないと思います。
そういうのはカッコ悪いことじゃないです。その時したいコトをして、一瞬でもいいから楽しめて、アツくなれて、結果がダメでも後できちんと受け止めることができれば、それはそれで一人のオトナだと私は思ってます。

ホント、とことん気の済むまでやらないと、先が見えてこないことってあります。他人が見たら「ただのスロット中毒じゃん」ってな場合でも、本人にとってはソコを通り抜けないと次の自分が見えてこないわけです。痛い目を見たって、次の機会に生かせればいいんです。きっと。

……って、すでにmonkiさんは割とヤメたい気持ちが強いんですよね。うう。最後の方は蛇足になってしまいましたが、ここまで読んでくれてありがとうございます。
自分で読み返してみると、少し説教くさくって恥ずかしいし、monkiさんが嫌な気持ちにならないかすごく心配になってきましたが、と、とりあえず送信します。
そんな感じで、頑張ってくださいませ。


投稿: ちゅう太 | 2006年6月10日 (土) 00時30分

ちゅう太さん。

説教だなんてそんな事は思っていませんよ。すごくよい刺激になっています。
もう「なるほど」しか声が出ませんでした。本当にありがとうございます。

お店の状況でその店を判断する。ほんとうになるほど~ですねw。すごく納得しました。
自分の行くお店もやはりこの点は足りないと思います。
比較的いいなと思うのがエズバズや、マルバンなどの大型チェーン店と感じますが、いかがなのでしょうか。

負けている人… に関しては、ちゅう太さんのおっしゃるとおりで、確かに僕のほうが逆に心を改めないといけないなと思いました。こういう気持ちの方が勝てる人も多いと思います。

あと、やはりパチンコ雑誌は買うべきなんですね…。たしかに表紙や内容がカラフルで心誘われる構成をしていて惹かれるのですが、どうも気が進みません。
僕の性格はゲームなど買っても、クリアするまでは絶対に攻略本などは見ないほうで、もしかしたらそういった面が影響して読めないのかもしれません。※でも立ち読みはしますよ。活字はでかめの字しか読みませんが。

ちゅう太さん。本当にありがとうございます。いろいろ考えさせられて自分のパチンコに対する気持ちで一皮むけそうです。もしかしたら、勝負心も一皮むけるかもしれません。
これからも読み応えのある更新楽しみにしています。

今度、パチンコ行った時にはその状況をコメントして良いですか。どうもお知らせしたい気持ちがありますので

投稿: monki | 2006年6月14日 (水) 06時27分

よかった、monkiさんから返事がきた~。ちょっとこの数日、ドキドキしてました。ひょっとしたら怒っちゃったり、「欲しいのはこんな答えじゃないんだよ!!」と私が的の外れた返答をしちゃったんじゃないかと…。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。っていうのは、私自身もたくさん負けたし、心底辛い気持ちや境遇にもなったし、その上で今の旦那と知り合ったり、この業界での知り合いも増えて少し裏側が見えてきて、「もっと勝てる人が増えればいいのに」と思ったんです。パチンコ業界って、日本やその他の先進国でも抱えたことの無い大きな産業で、そのお金がどこから抽出されているかって、全てお客のお財布からなんです。しかもそのお金を、北朝鮮に送金したりとダークな使い方をするメーカーや巨大チェーン店があるわけで、なんだかちょっと腹が立つじゃないですか。この際みんなで勝って、店もメーカーも全部潰しちゃえばいいんですよ!!……なんて途方も無いことを考えて、このブログを立ち上げてみたわけです。少しでも店やメーカーのことをお伝えして、少しでもユーザーのためになってくれれば、と。
だからmonkiさんのお役に少しでも立てたなら本望です。嬉しいな。

パチンコ店が潰れたら、旦那の仕事はどうするの…ってそれは別にいいんです。ウチはもともと不動産業が本業で、店舗営業はどちらかというと副業なので。だからもう、パチンコ店が潰れるくらい、みんな勝っちゃえばいいと本気で思ってます。ムリかなぁ、ムリなんでしょうが…どうせ打つなら、本気で店を潰すくらい勝ってやろうと、本気になってほしいなぁと思います。その中で、好きな機種ができたりして、色々楽しめることがあるならもっと充実できるんじゃないかなぁ、と。

でもまぁ、ここまで書いた気持ちを他の人に押し付けるつもりもないんですが、わりと大きな身銭を切って遊ぶのだから、それなりに本気になった方がよいと思います。なんていうか、同じ負けるにしても、自分なりの理由や根拠があるのとないのでは、気持ちも随分違うんじゃないかなぁと。ただお金をつぎ込んじゃうだけだと、なんだか不毛な時間を過ごしたようで、気が滅入るだけになっちゃう。自分なりの立ち回りで負けちゃったら、反省もできるし、次につなげることもできるんじゃないかなぁ、と。

そういった、自分なりの根拠ある立ち回りを考える上で、雑誌などでその機種の情報を手に入れるのはすごく有益だと思います。でもこれはスロットに限った話で、monkiさんがパチンコファンなら、雑誌に書いてある情報はそこまで必要ないかもしれません。台の隅に書いてある、確率をチェックして、できる限り回る台を打てばいいんじゃないかなぁと思います。
釘が読めなくても、五百円か千円入れてみて、23回ほど回れば(換金率にもよりますが)続行してみるのはいかがでしょう??

スロットなら、ううむ。「ボーナス放出契機」と「連チャン率」くらいはネットや雑誌で調べた方が…やっぱりいいと思います…。なんていうか、その、他の人が知っている情報なわけで、自分が知らないと他の人にチャンスを与えてしまうことも起きかねないわけで…。俗にいう、ハイエナされるってヤツです。これで勝機を逃しちゃうこともあるわけで…。。。

マル●ンやエ●パスですか(笑)。できれば、これ以外の店で、営業に力を入れている店を探した方がいいかもしれません。っていうのは、これらの店は大型店で、都内でも駅前などの一等地にあります。人通りも多くて、店としては「努力しなくてもお客が来る」状況なんです。だからお客が喜ぶような赤字イベントを開催することも殆どないと思います。
私なりのオススメポイントとしては、「その地域2番手の店で、なおかつ1番になろうと努力している店」かなぁ…こういうお店はまず繁華街には少ないです。パチンコ屋さんが数軒あるような地域、あるいは激戦区で、1番になろうと努力している店はオススメですよ。接客にも力を入れているし、出玉アピールしようとパチンコの甘釘台や、スロットでも高設定台をちゃんと使ってます。こういうお店なら良い台を掴むチャンスは増えると思います。お時間があるときにでも、ぜひ探してみてください♪

少しでも、何かしらのお役に立てたなら、私も本当に嬉しいです。これからも色々なコメント、お待ちしてます。頑張ってくださいね。じゃんじゃん勝ってください。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月14日 (水) 15時39分

ちゅう太さん。
返信が遅れまして申し訳ございません。近頃のW杯に夢中になってパソコンに向かう時が減っていました。

しかし、ちゅう太さんのブログは面白いですね。僕へのコメントもかなりの良質コンテンツですよ。コメント欄ではなく記事として投稿したほうがいいと思います。もったいないです。

パチンコ屋の嫁としては考えられない発言

「この際みんなで勝って、店もメーカーも全部潰しちゃえばいいんですよ!」

ここを読んだ時、正直「カッコイイ」と思っちゃいました。と僕も賛同したくなりました。
今度パチンコする前までには、する前日までに打つスロット台選択と、その台の「ボーナス放出契機」と「連チャン率」は調べていこうと思っています。
お店選びのコツも勉強させていただきました。是非参考にしたい思います。給料日後新宿あたりで探して見ます。しかし、駅の繁華街意外となると、交通の便でもなかなか見つけるのも苦労しますね。頑張って探します。

それと、僕はどちらかと言うとスロッターです。
処女機はクランキーコンドルです。
大勝ちしたのはへんてこりんなAT機で14万円が最高です。
大負けしたのは2年前ぐらいで、2万円ぐらいで立ち回り10万円くらいですかね。
一番研究したのはサンダーVでした。2リール確定リーチ目とリプレイはずしを勉強しました。

給料をもらった後で、各種支払い後ちょっと余裕があったら軍資金2万円でスロットしてみようと思います。
これも、ちゅう太さんのブログを見つけたので気持ちが変わった結果です。ありがとうございます。

これからも、記事楽しく読ませていただきます。

投稿: monki | 2006年6月15日 (木) 07時01分

どもです、monkiさん♪ あっ、そうですよね。W杯に盛り上がる時期ですよね…。ついヒマな主婦は自分に軸を置いてしまうからダメだわ(笑)。

日本戦があまりにもヒドかったので、以来サッカーは観ないようにしています(涙)。思い出すたび悔しくって…ぷんすか。でも、ブラジル対クロアチアは面白かったです。負けちゃったけど、クロアチア、強い!!

…なんてサッカー話は置いておいて、クランキーとかサンダーとか打っていらしたなんて、私よりもずっと先輩じゃないですか!! なのに私ってば偉そうに…ごめんなさい。
だって自分、ビタハズシなんて絶対にできませんよ(泣)。

新宿あたりだと、うーむ。前にお話したように、カレイドは禁煙席がありますが、出玉はイマイチかもしれません。
ちなみに、これは個人の好みなのですが、なるべく等価交換で良いお店がいいと思います。最近の機種は投資がかさむタイプが多いし、高設定でも負けることも多々あるので、7枚交換だと投資分すら取り返せないこともしばしば。
新宿ってわりと7枚交換のお店が多いので、ご注意くださいませ。

ちなみに学生時代、よく新宿界隈で負けてました。新宿、新大久保、高田馬場、個人的には魔のゾーンです(笑)。ずいぶん昔のことなので、最近はどんな営業しているのか全くわかりませんが…。
友達によると、池袋の「TOHO(東鵬?)」と渋谷の「コンサートホール」は山手線沿いにあるパチンコ店の中でもアツいのだとか。特に、月イチイベントは激アツで、きっちり設定6が入っているんだそうです。もしよければ、p-worldでチェックしてみてくださいね。私はあんまり山手線沿いで打たないので、本当にわからなくって申し訳ないです…。

なんだか色々と誉めて頂いて恐縮です。少しでも喜んでくださるなら、本当に嬉しい限りで、今後ともよろしくお願いします。
それから、なんだかコメントの返事をせかしてしまったようで、ごめんなさい。。お暇なときで全く問題ないです。
またお待ちしてます。スロット、頑張ってくださいね。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月16日 (金) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりの北斗の拳 | トップページ | パチンコ屋の組合 »