« 秘宝伝の入替 | トップページ | 吉宗を打ってしみじみした日 »

2006年6月13日 (火)

北斗SEの入替

サミーは月間10万台を売り上げようと、本気で北斗SEを大量生産しているようだが、どうにもこうにも受注が多すぎるようで、どこの店もトップ導入(7/18入替)ができないらしい。もちろんこのような状況は最初から予想できていたため、サミーも工場に大量生産を依頼していたわけだけれど、現状はさらにそれを上回る受注で大変なのだ。

さすがモンスターマシン・北斗といったところだが、もちろんサミーの「売りたい」商業意図もあって、「トップ導入は『ボンバーマンビクトリー』と『CRフレディVSジェイソン』と『デジハネ北斗の拳』を買ってくれたホールから」という、まぁ何というかこの業界ではお決まりの駆け引きが行われてもいる。全国にチェーン展開しているような大型店は別として、その他の中堅型チェーン店や地域密着型の小規模店にとったら、非常に無理難題な話だ。

なんせ、この時期はどこのホールも金がかかって仕方のない時期なのである。パチンコでは『CRスーパー海物語』や『CR電車でGO!』など人気機種が発売され、その大型入替も抱えているし、スロットでは『秘宝伝』の導入や、またみなし機や吉宗の撤去による穴埋めのための入替もせねばならない。軽く一千万、あるいはそれ以上の金が必要なのだ。

そんな時期に、いくら天下のサミーの機種とはいえ、望まない入替をできるホールも数少ない。逆に北斗SEを一度に数十台買う、と言っても(それですら約一千万もの費用がかかるのに)トップ導入には結びつかないらしい。また、『CRフレディVSジェイソン』あるいは『ボンバーマンビクトリー』に関しては、北斗SEの販売を優遇されることを祈って導入した店も多かったのだが、むしろそのような店が多すぎて、サミーとしても優劣がつけ難い状況のようだ。

トップ、あるいは一週遅れで導入できる決め手となるのは、『CRデジハネ北斗の拳』を買うかどうか、そして何台買うか、となっている。このデジハネ、個人的には楽しみなのだが、ホール経営に携わる者にとってはやや難題なのだ。

というのもこのデジハネ北斗の拳、前作『CR北斗の拳』と演出に全く変化がないのである。低確率・1/99でより遊びやすくなったとは言え、前作で飽きてしまったお客が新たに打ってくれるかどうか心配なのだ。パチンコでは退屈することが命取りとなるし、またデジハネは機械代回収にも非常に時間がかかる。機械代が回収できるほど稼動が保てるのか、そこが一番厄介な問題なのである。しかも『デジハネ北斗の拳』を導入したところで、トップ導入が確定するわけではないのだからますます厄介だ。

しかしどこのホールも北斗SEに関しては、トップ導入にこだわるだろう。吉宗が7月24日で撤去されることは確定しており、その穴埋めに他の中古台を導入するよりは、北斗SEで店を盛り上げたいのは当然だ。また、シュミレーターを体験した方なら理解していただけるだろうが…北斗SEは、なかなか、いやなかなか、微妙な仕様なのだ。その微妙さ加減は他の記事に書いたので省くが、とにかくその微妙な機種を数週遅れで導入することには相当リスクがあるのである。他店で北斗SEを味わった客が、わざわざ数週遅れの新装に来店するのだろうか。よしんばしたとしても、北斗SEのゲーム性で果たして理想どおりの稼動を保てるのだろうか。機械代回収は順調にできるのだろうか。不安がつきないのだ。

かといって、状況的に導入しなくてはマズい機種なのだ。話題性もあるので集客にはもってこいの機種ではあるし、吉宗の検定が切れる頃だし、初代北斗は11月に撤去となるし、その上数少ない4.7号機の新機種でもある。なるべく4.7号機で安定した稼動と売り上げを築きたいホールとしては、間違いなく北斗SEは「買い」なのである。

それでも数週遅れの新装では、インパクトに欠けるし、初代よりも優れた機種でもないので稼動も売り上げも期待できないし、デジハネを導入するにしたってパチンコも大型入替で費用がかさんでいるし…と悩みのスパイラルに陥ってしまうわけだ。

旦那もまさにその坩堝(るつぼ)にハマっていて、今日もサミーの営業マンや代理店の方と電話をしていた。ウチはサミーの機種はソコソコ入れているので、他店よりもそれなりに優遇してくれるようだが、それでも一週遅れになってしまう可能性が高いのだ。そのためにデジハネ北斗の拳を買うか、腹をくくって一週遅れでよしとするか、どちらか決めねばならないのだが、ホールにとっては出費がかさむ時期に辛いところである。

明日、最終的な決断をするらしい。個人的には一週遅れなら問題ないと思うのだが、やはり旦那も他の役職陣も心配が尽きないようで、見ているこちらも心配になる。北斗SEが全く申し分のない出来ならば、こんなに悩む必要はないのだが。

|

« 秘宝伝の入替 | トップページ | 吉宗を打ってしみじみした日 »

コメント

あーやっぱり抱き売りなのね(笑)。
デジハネファンとしてはSTVが導入される事が嬉しいけど^^;;。

ちなみに北斗のデジハネはデジハネファンの間では興味機種NO1です。
もともとST機の人気はサミーと奥村がつくっていて意外と人気あります。

ただ全体的にデジハネが人気ないですよね?
一昔前は認知すらされてなかったのに、ようやく認知はされたけどって感じ。

MIXIでもデジハネのコミュはすでに300オーバーでパチンココミュの中では大きい方です。

何がいいたいかというと、長く付き合える営業すればデジハネはかなりいいと思います。
北斗の仕様は、そもそも飽きの来ないゲーム性を持ってます。

強敵や継承では手が出せなくて、デジハネならって人は意外にいると思います。
お客としては新規開拓なので、移行はしないと思いますが・・・。

もし、デジハネのコーナーがないならSTVを入れてもしかたないけど、あるなら、もしくはそういったコーナーを作る気があるなら入れて損はないと思います。

ちゅう太さんの店はわからないので、ちょっと無責任な意見になりますが、稼動と収益は長い目でみればデジハネはいいと思いますよ。
無理して入れ替えしなくていいものだし(笑)。
現に古いデジハネが根強い人気で残ってるところたくさんありますから。

ただ、これも競争原理が働かないと難しいでしょうね。
うちの方はデジハネは激戦区になりつつあります。
ちなみに府中の方です。
ちゅう太さんの店のまわりもそうならば北斗は買いだと思います。

投稿: じゅぁき | 2006年6月13日 (火) 09時35分

サミ-の営業手法は巧みですね。北斗SEを導入するのって凄い金が動きホント性根がいる決断を強いられるよね。資金力に余裕のある店が明らかに有利である事は事実ですね。だた北斗SEの場は、ある程度見込めるが余りにもリスクが伴うがトップ導入することで相乗効果も見込める。
北斗SEの様子を見に来た客がある程度状況を見たら空台が無いのでしかたなく他の機種を打つだろう。来店してただ見学するだけの客は少ない。
以前東京遠征する際関東圏のパチンコ屋さんを検索していたら私の地元のパチンコ屋が千葉県と埼玉県に出店していた。
多分資金力がその店は豊富なんで北斗SEと秘宝伝をトップ導入するでしょうね。
時代の先取りも大変ですね。

投稿: 白壁 | 2006年6月13日 (火) 20時17分

>じゅぁきさん
どうもです。私も以前お話したとおり、デジハネ北斗は遊びやすくていいなぁなんて思っていたんですが…。
旦那の抱える店舗はドコも「デジハネコーナー」があって、稼動も良いので導入しても問題ないとも思うのですが…。
今年に入ってから、何度かデジハネを導入しているので、その機械代もきちんと回収しきれていない状況なんですよ(泣)。っていうのは、遊びやすさが売りのデジハネで渋釘営業するわけにもいかないし、大きな黒字にもならなければ赤字にもならないといった具合で、まっっったりと回収しているようです。

昨日私も「デジハネ北斗いいじゃん。入れちゃえば?」と旦那に言ったのですが、「うーん、かといって、北斗SEがトップ導入確定するわけでもないし、売り上げ回収するのも大変だしなぁ…」と苦悩の表情(笑)。

デジハネ入れた上に、北斗SEと秘宝伝を導入して、その上パチンコスーパー海と電車でGO!入れて、合計すると軽く一~二千万以上の機械代なんですよね。しかも一店舗につきその金額だから、数店舗だと数千万いっちゃうわけです。そんなこんなで、全体的に回収モードの営業をするよりは、少しでも経費を減らしておこうと、デジハネを諦める方向に話がまとまりそうです。特に回収しづらい機種ですしね。

まぁ、秘宝伝もトップで入ることだし、北斗SEも一週遅れ程度ならまだいい方なんじゃないかと結論づきました。周囲の店はもっと遅れるようなので…。

>白壁さん
人気のある新機種を導入しようとすると、いっつも「他の機種買ってください」「周辺機器買ってください」とまぁメーカーの態度のデカいことデカいこと…。
初代北斗を売りにきた営業マンが、「お願いですから買ってください」とお辞儀をしていたのがとても懐かしいです(笑)。
SEはもう、営業マン入らずなんじゃないでしょうか。ほっといても受注がわんさか。

初代北斗は導入から1ヵ月たっても、一日二万枚稼動(一日でお客が一台に二十万以上のお金をつぎ込んでいた)を保っていて、こりゃスゴい機種だと店側もビックリしていたわけですが、SEはどうにもそこまで面白くもないんですよ。なので、早めに導入して、早めに機械代を回収しておきたいと、どの店も躍起になってるんです。

でもまぁ、一週遅れならまだお客も飽きないはずだと旦那たちは結論をだし、デジハネ北斗も入れない方向にしたんですが…まぁ、他の店も8月になってしまうようだから、大丈夫だと嫁の私もひとまず安心してます(笑)。

資金力は必要なんですが、それつまり、お客の金ですから、厄介ですよ…。相次ぐ入れ替えで、回収ばかりするわけにもいきませんしね。しかも「CRフレディVSジェイソン」や「ボンバーマンビクトリー」は回収できるだけ回収したら、ポイっと撤去の機種。それ以上に回収メインの機種を抱えるのは、リスクが高いんですよ(涙)。お客も敏感ですからね…。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月14日 (水) 14時35分

デジハネってそんなに回収できないんですか?
個人的にはデジハネだけは確かに+収支ですが、いろいろ聞くと結構回収されてる人が多いので^^;;。
昔の羽根物と比べて確かに釘難しいかもですね・・・。
特にSTじゃないテレサやドルフィンは一発があるから閉めてもでちゃうからかな・・・。

ただ、長い期間扱ってくれそうな気がしてるので、お客としては嬉しいです。
機種の多様性も楽しみの一つですね。
ダイナマイトやホワイトエンジェルVSやデラマイッター、セブンズロック等等。

店にしてみれば回収できないといけないので大変なんですね。
いったい昔は羽根物でどうやっていたんでしょうか?(笑)。

北斗SEはたぶん数ヶ月は持つんじゃないですか?
というか、飛びついて早めに打たないと回収されちゃう訳ですね^^;。
素直にデジハネ打ってます(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年6月15日 (木) 15時21分

どもです、じゅぁきさん。

デジハネの回収は大変ですよ。。他のCR機と台の値段は同じなのに、少ない投資金額で遊べてしまうわけで…。はい。
もちろん大赤字になるような爆発力もないのですが、その代わりに大きな利益を生むこともないです。
それに、機械代回収をするためにはお客をつけなきゃいけないわけで、そうすると渋釘営業を続けるわけにはいかないわけで。特にデジハネを好む方は、よりマッタリと遊ぶために来店されているので、そこで渋釘にしたらすぐにお客が飛ぶという悲劇が待っているわけです。そうするとまた機械代回収がしづらくなるわけで…のエンドレス状態。

そういうわけで、他のCR機よりも、なるべく良い釘調整で、お客に遊んでもらいながら、チマチマ回収するといった営業をしているお店が多いと思います。
普通のCR機の機械代回収が平均約二ヶ月かかるんですが、デジハネは三ヶ月近くかかります。だから一つのデジハネを長く使い続けるお店が多いのではないでしょうか? それに、機械代を回収した後だって稼動が良いにこしたことはないですし。

ソコで今回デジハネ北斗で悩んでいたわけですよ…(涙)。これが今までに出たことのない、まっさらな新台(たとえデジハネでも)なら全く問題はないのですが、一度パチンコファンはCR北斗の拳を遊技してしまっているわけだし、その上機械代を回収しづらいデジハネ仕様なわけで、安定した稼動と売り上げがとれるか店側は悩んでしまうんです。確かに私も北斗は好きで、デジハネなら打ってみたいなぁとは思うんですが、私みたいな客ばかりでもないだろうし、「パチンコ北斗? もう飽きたよ」って仰る方もいるでしょうし…三ヶ月間、果たして稼動は持つのやらと。

昔の羽根モノ時代は、今よりもかなり物価が安かったので(笑)、回収は比較的楽だったようですよ。換金率も店に有利な時代でしたし。
とにかく今の機種は高すぎで、入れ替えするたびに一千万以上の費用が飛んでいくんです。そりゃもうキレイに金がなくなっていくんです(笑)。CR機にしてもスロットにしても、アニメやら何やらの版権や、新しい機能だとかの開発で制作にも金がかかってるんでしょうね。仕方のないコトですが…メーカーの台売がもう少しマトモだったら、パチンコ業界もこんなインフレ起こしていないと個人的には思ってます。

北斗SEはうーん、どうでしょう!? もちろん5号機時代を乗り越えるためにも、なんとかSEには踏ん張って欲しいのですが、微妙ですよ~(涙涙涙)。稼動がぶっ飛ぶことはないと思うんですが、導入して一ヵ月後にはごく普通に空き台が沢山ある予感が…。
だって詰まらないですもん(あっ言っちゃった!!)。きっと北斗ファンは満足できないですよ…。
なので、稼動が飛ばないうちにガッツリ回収する予定です。少なくとも旦那は(笑)。最初は真新しさで誰もが打つと思うので、オール1でガッツリ抜こうというわけです。
だから八月下旬には、詰まらない北斗SEにお客をつけるために、店も頑張って設定入れると思います。その頃がSEはオススメですよ。

長くなってしまいました。ごめんなさい。ここまで読んでくださってありがとうございます。
そうそう、私の友達がダイナマイトキングで先月30万…負けたそうです。アホですね。でも、そんなに波が荒いなんて!! ビックリしました。

投稿: ちゅう太 | 2006年6月16日 (金) 01時56分

>私の友達がダイナマイトキングで先月30万…負けたそうです
独身時代はそんなアホな事してました(笑)。
昔のダイナイトはHIT&AWAYで稼いでいたのでキングなら同じですかね?^^;;。

>他のCR機と台の値段は同じなのに、少ない投資金額で遊べてしまうわけで…。はい。
やっぱりそうなんですか? 多少デジハネ安いかと思っていたんですが。

>昔の羽根モノ時代は、今よりもかなり物価が安かったので(笑)
そっか、忘れていました(笑)。
確かに今のハードは高そうな要素いっぱいありますね^^;;。
例えばセブンズロックなんかは安そうですが、そうでもないって事なんですね(笑)。

プログラムの内部の実際はわからないですが、開発としては大変でも費用はそれほどでもないと思うんです。
よっぽど新しい機能をつけたなら別ですが、画像処理とかはもう出来上がってるだろうし。
むしろハード面や役物の複雑化がコスト高になるんでしょうね。

お客としては一つの機種が長く使われてるお店で稼働率が50%を越えてるところは好んで行きます。
昔がそうでしたから(笑)。

メーカーもそろそろリサイクルとか、アイデア勝負とかしてコストを下げて欲しいですね。
きっと売れるだろうに、面白くて安ければ(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年6月16日 (金) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秘宝伝の入替 | トップページ | 吉宗を打ってしみじみした日 »