« パチンコ新機種情報 | トップページ | 鹿砦社に有罪判決 »

2006年7月 7日 (金)

パチスロ新機種情報

今日はパチスロ最新機種の紹介をしたい。今年度中に発売される予定ということだが、具体的な納品日が決定しているのはほんの僅かで、検定を通過しても温存されるケースが多いようだ。よって来年度に発売される可能性も高いのだが、各メーカーがどのような機種を開発しているのか、ぜひ心に留めておいて欲しい。

まずサミーより「シティハンター」「スパイダーマン」の2機種。どちらも5号機で昨年度に検定通過したものだが、未だ発売に至らない。版権の高さを考えるとこのままお蔵入りになりそうもないので、さすがに今年度中にはホールにお目見えすると予想されている。しかし一体どのようなゲーム性なのか不明だ。ボンバーマンのような、ちょっとした技術が勝率に反映される仕様はぜひ受け継いで欲しい。

また、アルゼは「クランキーコンドル」「HANABI」を準備している。クランキーコンドルに関しては先日お伝えした通りだが、ドンちゃんモノも抱えているということだ。看板機種を5号機で復活させるのは楽しみではあるものの、3段階設定ならば出玉率も抑えられているだろう。低い機械割でどれだけ楽しませてくれるというのか。

そして最後の4.7号機と期待されている、山佐の「ジャイアントパルサー」は9月3日に納品が決定。だいぶ前にお伝えしたが、従来のパルサーシリーズとはリール配列も全く異なり、「3連カエル白7」が存在している。またゲーム性もこれまでのRT方式ではなく、リプレイ3連もしくは4連によりボーナスが放出されるといった、モード方式が採用されており、全く新しいパルサーモノが誕生するということだ。どこのホールも入れざるを得ない状況だろうが、カエルでどれだけの液晶演出を見せるのか、大量獲得ではあるものの連チャンに期待がもてるのか、といった点を考えると非常に微妙である。とくに山佐は通常時の演出に弱い。通常時にどれだけ楽しませるかがヒットマシンの重要要素であるのだが、期待感を煽らない単調な演出続きなので客も参ってしまう。

山佐は5号機も多数抱えているらしく、むしろそちらに期待したい。5号機版パルサーもあるようだ。5号機は演出よりも、リール制御やリプレイタイムの使い方がゲーム性に大きな影響を与える。演出下手な山佐にとっては好都合ではないだろうか。ちなみに系列会社である三洋からは、「アドリブ王子」「行くぜ!大工の源さん」が発売される予定だ。

他の4.7号機としては、ビスティーより「トゥームレイダー」が9月中旬に発売される。面白いか否かは別として、4.7号機の発売はこれが最後となるため、おそらくジャイアントパルサーと同時入替するホールが殆どだろう。

その他、ラスターは「桜庭和志」やプロレスモノのマシンを、SANKYOは「小川直也のパチスロ一本勝負」を抱えるといった、格闘モノが流行のようだ。ホールで流行るかは謎ではあるが。また、メーカーは不明だが「踊る大捜査線」の5号機も開発されているらしい。踊る大捜査線というと、織田裕二をはじめ大物俳優が出演しているフジテレビの大人気ドラマだが、版権は相当高いに違いない。機械代もそれに見合った額になるのだろうが、ゲーム性もそれなりの仕様にして欲しいものだ。

いよいよ5号機メインの市場となる。どこのメーカーも苦心しているようだが、規制変更は他メーカーが名を挙げるチャンスでもある。出玉に期待が持てたり、打ち手がヤミツキになってしまうようなゲーム性をぜひ生み出して頂きたい。今のところそれなりのゲーム性を見せたのはサミーの「ボンバーマン」のみで、5号機市場も大手メーカーの機種ばかりが目立つとなんだか詰まらない。ぜひ使い回し機種で殿様稼業を続けるメーカーの牙城を崩して欲しいものだ。

|

« パチンコ新機種情報 | トップページ | 鹿砦社に有罪判決 »

コメント

5号機はやっぱり、どこも評判が^^;;。
すでに発売決定しるのですが、自分的に興味あるのが花盛です。

突然RTという事で1/500ではあるんですが、50しかないのですが、BIGでパンクせずに上乗せというのがいいです。
多分、RTの種類を変えた事で実現したんだと思います。

設定6ならかなり打ってみたい機種です。

シティハンターはパチですでに版権取得してるからそんなに高くないし、開発もパチの使いまわしの予感(笑)。
かえるは5号機に期待ですかね^^;;。

今後もスロットはリメイクorタイアップしかないみたいですが、ゲーム性を各社の色を出して欲しいところです。

踊るは本当にでるんだろうか?
かなり疑問です・・・。

投稿: じゅぁき | 2006年7月 7日 (金) 11時35分

どもです、じゅぁきさん。
パチンコのシティハンターってサミーだったんですね(笑)。知りませんでしたよ…。てっきりマルホンだと勘違いしてました。なんでマルホンなのか自分でも分かりません。。
そう考えると、サミーって色々な版権持ってますね。北斗にシティハンターに…ん? それくらいかしら。
一時期あったウワサで、サミーがジャンプ全体の版権を集英社から買おうとしていた、なんてのがあります。実現したらエラいこっちゃです。

踊る大捜査線、はどうなんでしょうね。これらの情報は全て代理店の営業さんから頂いたものなので、それなりに信憑性はあると思うのですが…でも、実写を使用するのは高いと思うので、キャラなどでデフォルメして制作するかもしれませんね。

つくづく、5号機はつまらなそうだなぁと思います。あくまで今のところですけど、なんだかどれもツインビッグ、重複フラグ抽選、RTがあればいいでしょ、といった仕様でイマイチ燃えません。
でもまだ5号機時代は始まったばかりですしね。そのうち夢中になっちゃうような、新しいシステムが開発されると楽観的に考えてます。

投稿: ちゅう太 | 2006年7月10日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パチンコ新機種情報 | トップページ | 鹿砦社に有罪判決 »