« パチンコパチスロユーザー、大幅に減少へ | トップページ | パチスロ攻略マガジンの厚顔 »

2006年8月15日 (火)

敗戦の日、靖国参拝

小泉首相が靖国神社に参拝したことでえらく騒がれているが、いつもいつもこの季節、ご苦労なことだ。自国の代表が何らかの姿勢を発しているので注目して当然だが、なぜ肩に力を入れたような、こわばったような、とても自然とは呼べない形で受け入れなければならないのだろう。

たとえA級戦犯と呼ばれる方々が祀られていようと(A級戦犯が祀られていることについては、個人的には違和感と仕方なさを覚えている。けれどもここでは特別重要でもないと考えるので書かない)、靖国は日本のために不慮の死を遂げた人々が多く眠る場所。黒船来航以来、おもに戦争で亡くなった方々が、遺体を持ち帰ることもできず墓も立てられない方々が多く眠っているのだ。彼らはどんな形であれこの日本のために尽くし、個人の生活を投げ打って命を賭した方々だ。一国の首相であろうと、あるいは現代を生きる若者であろうと、誰が参拝し安眠または平安を願おうと、誰に後ろ指など指される理由があるのだろうか。

中華人民共和国や朝鮮半島にある二国の意見、そんなものはどうでもいいのだ。どうでもいいという雑な考え方は本来好きではないが、彼らに信仰の邪魔をする権利などどこにあるだろう。多民族にしてなおかつ思想的に賛否両論のある共産主義国家である、中華人民共和国は日本を悪役にすることにより、人民の意思統一を図っていることは周知のとおりだ。また日中平和条約の際、戦争による賠償金を断りその分、毎年多額の援助金を求め支払われているのに「日本は戦後保障など一切しない」と人民に教え続ける厚顔さ。儒教の国がなぜこうも礼を知らぬのか、耳を疑うばかりである。大韓民国にいたっては、若者を始め親日的な意見が飛び交うと聞くが、いまだに反日精神にしがみつき政治運動をすることによって不毛な達成感を得る大人が多いらしい。反日を訴える政治家などは彼らの票を集めて当選しているらしいが、いやはや全く、戦後彼らに一体いくら払ったのか政治家ならば理解しているはずだ。北朝鮮などはもはや論外である。

戦後保障は既に完了した。もはや政治的に彼らに謝罪する必要などないのである。もちろん不思議なもので、金銭的もしくは経済的な行動のみで人間の感情は動かない。逆にそれが人間らしい泥臭さなのだが、これは友人関係の話でも身内の問題でもない。国家間のやりとりであって、万国共通の価値を持つ金銭によってスマートに解決すべき問題である。それでも相手方の人民が納得しないのであれば、それは日本ではなく相手政府の政治に問題があるのだ。国家間の、戦後処理はもう済んだはずなのだから。

もう彼らに後ろめたい気持ちになることなど、一切必要ない。そもそも靖国参拝と中国・朝鮮半島の意見が同列に報道されること自体、情けないのだ。私たちは自国の歴史を受け止め、しっかり前を向いて歩いていけるはずだ。それなのに、小泉首相の靖国参拝を聞くと、どこかで納得のいかない、自然体に見えない、違和感を覚えてしまう。

とにかく、彼の言動に問題がある。ここまで靖国参拝にこだわるのなら、なぜ昨年まで敗戦の日に参拝しなかったのだろう。昨年などは突然参拝していたが、賽銭を投げて柏手を打つのみの簡略さ。もともと日本の信仰は大らかなので、二礼二拍手ウンタラといった格式ばかりにこだわる必要もないと個人的には思うが、さすがに一国の首相である。国民の代表として、神聖を重んじるようなまともな参拝をして欲しい。そう、どうせ参拝するなら確固とした意志と、信仰の誇りが伝わるような姿勢であって欲しいのだ。首相やその他の政治家の参拝に異論はないが、このヤリ方はないだろうと少し憤慨を覚えてしまう。

様々な異論があるのは承知だが、元来、神社仏閣になぜ死んだ実在の人物を祀るのかというと「鎮魂」のためだという説がある。不慮の死を遂げた人物は必ず現世の人間を「祟る」と信じられていたため――たとえば天災や飢饉、また現政権を覆すような面倒事を起こしたり――そのような祟りを起こさぬよう安らかに眠っていただくため、祀るのである。政治の“政”を“まつりごと”と読むのはご存知のとおりだが、この読みの由来が“祀り”から来ているのではないか、とも言われている。とくに神社仏閣の建立が進んだ古代において、政治とは怨霊を鎮めるための、“まつり”と結びついていたというわけだ。

黒船来航以来、靖国神社に祀られているのは基本的に「政府軍」あるいはそれに準ずる者のみであって、中央政権により不慮の死を遂げたような例えば菅原道真のような人物は殆どいないが、この国のために亡くなった方に祈るのはなんだか古代の”まつりごと”に通じるものがあるような気がする。根拠は特別になく非常に感情的な話なので流してもらって構わないが、ただ中央政府によってであれ、外国との戦争によってであれ、亡くなり祀りの対象となった方々は皆、政治に関わったり徴兵されたり――日本のために何かしら尽くした方々であったことは共通していると思う。

あなた方が尽くした歴史があって今がある。どうぞ安らかに眠り私たちを見守りくださいと一言、祈ることに何の異論があろうか。外国への謝罪よりも、現在は先祖への感謝の念が必要なのではないだろうか。靖国に参拝するのもいい。もちろん、心の中で祈るだけでもいい。安らかに今は眠りたまえ、と敗戦の日に祈ることで、せめてもの鎮魂となってくれればいいのだ。

|

« パチンコパチスロユーザー、大幅に減少へ | トップページ | パチスロ攻略マガジンの厚顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パチンコパチスロユーザー、大幅に減少へ | トップページ | パチスロ攻略マガジンの厚顔 »