« 四万円負けたあとの会話 | トップページ | 亀田選手、ランダエダ選手と再戦決定 »

2006年8月22日 (火)

トゥームレイダー・演出画像と動画

品川プリンスホテル・エグゼクティブタワー5階にて、ビスティの新作「トゥームレイダー」の展示会が行われた。さすがに最後の4.7号機となるだけあって、多くの方々が来場し誰もがそのゲーム性に興味津々のようだった。試打用に設置された200台近くの実機は、あっという間に満席。私もハジの方でしっかり台を押さえ、打ってきたわけだけれど…まぁ、感想も含めて書いていこう。

Trbsms1_2  Trbschance_1

Trbattlestage1_1

…まぁ何と説明したらよいのか言葉に詰まってしまうが、バトルステージ演出の流れとしては、こんなものだ。ちなみにバトルステージって何かな?という方には詳細はコチラに解析情報とともにまとめてあるので、チェックして頂きたい。

小役が成立した際などにモンスターが落ちてくる。そのままシュワっと消えずに、写真のように「CHANCE」と描かれた石が出現すると連続演出へ発展する。それが大怪獣(と呼ぶのかわからないけれど、私の中ではコイツは大怪獣になった)との戦いだ。勝利するとBIG放出、負けると…バトルステージ終了もしくは継続どちらかだ。このバトルステージ中の動画もあるのでぜひご覧になって頂きたい(タイトルに"動画"とあるのに申し訳ありません。24日に別の記事に移転しました )。 Trbigjac Trbsbonusend








BIGのJAC中
は、ひたすら的を狙って打ち抜くアンジー(?)の姿がある。いまだ詳細は不明なのだが、この的に連チャンや天国モード移行の秘密めいたものがあると思う。なぜなら的の中心を打ち抜くパターンと、外側ばかりが打ち抜かれるパターンと、種類があるからだ。画像は中心部を打っているが、このとき私はREG放出による「超高確バトルステージ」モードに滞在していた。ひょっとすると関係しているかもしれない。ちなみに、そのREG中の動画はコチラ(タイトルに動画とあるのに申し訳ありません、24日に他の記事に移転しました )。BIGのJAGゲーム中の演出とほぼ同じなので、ご確認頂きたい。的の中心部を打ち抜き続けていることがお分かりだろう。このREG後、えんえんバトルステージに滞在し続けていた。ちょっと飽きてしまったが。……ってこの演出とモード移行が関係していない可能性ももちろんあるので、違っていたらひたすら申し訳ない……。

BIG獲得枚数は380~410枚といったところ。BIG中はチェリー(BIG中は5枚役)の出現率が比較的高くナビも発生しないため、小役狙い手順は必須だ。リプレイハズシは変則打ちで問題ない。

試打開始数ゲームでREGに当選し――展示用の実機のため、小役確率もREG当選率も高かったと思われる――そのまま超高確バトルステージ演出が続いていたため、通常時の演出はさほどチェックできなかった。昨今のパチスロ、とくに4.7号機ストックマシンで重要視されるのは通常時、どれだけ退屈せずに打てるかだ。個人的にはそこをしっかりチェックしたかったのだが、残念ながらできなかった。

しかしここで昨日四万負けた旦那が大活躍。案の定、しっかりハマってくれたわけだが「通常時、ヒマすぎる…」と一言。何しろベル・リプレイ・チェリー・スイカ全小役が成立しないと、一番のウリであるバトルステージに突入しないのだから「本当にもう退屈。ヒマ。ダメだこりゃ」と漏らしていた。しかし展示用の実機でこれだけのヒキを見せるとは…わが旦那ながらある意味、強い。

確かにバトルステージの演出も単調で、バリエーションに富むものではなかった。リール図柄や出目、制御も何となく安っぽさが拭えない。もし同時期に他機種が発売されていたら、間違いなくそちらに飛びつくだろうというくらい、何としても導入したい機種とは言えない。けれども、最後の4.7号機なのである。今後5号機メインの営業に活路を見出せないでいる現状では…導入せざるを得ない。

ちなみに営業の方の話によると、設定差はチェリー・スイカ出現率、REG確率とモード移行にあるという。これまでの4.7号機は設定5・6でも展開次第で負けるケースが多々あったが、本機に限ってはそれはないだろうということだった。それだけ、設定5・6は天国モード移行に恵まれているらしい。放出ボーナスは基本的にBIGばかりだし、REGに泣いてしまうこともないだろう。そのREGだって、当選したら超高確バトルステージ突入という特典がついているのだ。

ゲーム性に惹かれるものはあるのだが…演出はイマイチだった。ストック機ならではの期待感あふれる前兆演出に、余り力が入っていないようだ。最後の4.7号機と謳われているものの、ストック機の性能を満喫できるような仕上がりではなかったのがただ残念だ。

|

« 四万円負けたあとの会話 | トップページ | 亀田選手、ランダエダ選手と再戦決定 »

コメント

キター!!
ララ・クロフト(ゲームでの主人公の名前)
好きなんすよ。

このゲームは好きだったです。
プレステバージョンは1~3まで遊びました。
ついでにPC版も遊んだです。

この主人公本国イギリスでは大人気でして
ゲームのキャラクターの癖して
子供から落とし寄り迄知ってるという有様。

まあ、今はどうだか知りませんが・・・

取りあえず出たら打つ台ですね。

投稿: しげやん | 2006年8月22日 (火) 21時52分

どうもです、しげやんさん♪
自分はモトとなったゲームを知らないので、演出に違和感を覚えてしまいましたが、確かにゲームファンの方には嬉しい仕上がりかもしれません。
そうでしたか、ララさんと言うのですね…てっきりアンジーさんだと(笑)。ダメだ、私…。。。
でも、筐体脇に「WINランプ」があるのですが、なんとなくそれはアンジェリーナ・ジョリーに似ていました。ひょっとして、ソコだけ!?とビックリしちゃいましたが(笑)。

バケ後の超高確バトルステージ、すごく連チャンしましたよ。10連近くしたんですけど、途中で疲れてヤメてしまいました(もちろん実戦ではそんなコトしませんよ!!)。
破壊力はあると思います。もうすぐ、もうすぐですよ登場は!!

投稿: ちゅう太 | 2006年8月22日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四万円負けたあとの会話 | トップページ | 亀田選手、ランダエダ選手と再戦決定 »