« 老人ホームの男性職員、性的暴行発言 | トップページ | 業界初・GOGOジャグラーVの…解析 »

2006年8月 9日 (水)

トゥームレイダー・ちょこっと解析

※ご注意!!…この記事は8月9日にメーカー営業マン様の情報をもとに書かれたもので、全体的なゲームの流れそのものは大して間違っていませんが、その後判明した解析情報と大きく異なる点が多数あります。トゥームレイダーの解析詳細をご覧になりたい方は、ぜひコチラ(解析を算出する業者さまの情報をモトにしたものです)をご参照ください。読んで下さっている方にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが…何卒、ご了承ください。

最後の4.7号機となる「トゥームレイダー」のゲーム性がわかった。ええ、期待通りものすごく厳しいゲーム性のようだ。

●ボーナス放出契機は全小役(リプレイ・ベル・スイカ・チェリー)成立回数

他のストック機のように、「チェリー成立時の1/●」などといった、個別の解除機能は特別存在しない。リプレイ・ベル・スイカ・チェリーの全小役成立回数によって、ボーナスが放出されるため、具体的なRT振り分けゲーム数も存在しない。言ってみれば、「RT振り分け小役回数」か。

例えば、小役成立回数が100回でボーナス放出となると振り分けられているとき、「リプレイ100回」でも「リプレイ50回・ベル30回・スイカ10回・チェリー10回」でも、とにかく小役が100回成立するとボーナス放出となる。もちろん、ハズレは含まれないので注意。

●モードは「ハマリ」「通常」「天国」の3つ

ハマリモード・通常モードの天井は全小役成立回数300回。天国モードの天井は全小役成立回数が60回となっている。

ハマリモード滞在時はボーナス放出小役回数が厳しい数値となっているらしく、文字通りひどくハマるらしい。また、通常モード滞在時はそれほどでもないらしいが、ある程度のハマリは覚悟した方がいいかもしれない。ただ、小役回数10回に振り分けられることもあるらしいが…そんな甘い話はそうそうないらしいので、期待しないほうがよいだろう。

ちなみに、モード移行はボーナス放出時に発生する。

※重要!!…当時旦那と話した営業マンはこのように「ハマリモード・通常モードの天井は小役成立回数300回」で、ハマリモード滞在時のボーナス放出小役回数はより多めであると説明していたのですが、9月27日現在、「ハマリモードの天井小役回数は450回のようです」と仰ったようです。
よって、上記の天井小役回数はハマリモードのみ異なる可能性もありますが、間違いだったにせよその間違いを消してしまうのは自分の不本意とするところなので、このままにしてあります。
読んで下さった方にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

●小役解除率がアップしている「バトルステージ」機能搭載

ハマリ・通常・天国モード滞在時は小役成立回数によってボーナス放出となるが、この「バトルステージ」中は、各小役が1回成立するごとに解除抽選が発生する。とくにこの間、スイカ・チェリーの成立はボーナス放出にかなり期待が持てる。ただ、小役出現率は通常時と何ら変化はない

バトルステージ突入契機は二つあり、「リプレイ・ベル・スイカ・チェリーがそれぞれ1回ずつ成立したとき」と「REG放出」。

またこのバトルステージの種類は三種類。「通常バトルステージ」「高確バトルステージ」「超高確バトルステージ」がある。それぞれ小役成立時の解除率が異なっており、高確・超高確バトルステージになるほど解除率が高い。また超高確バトルステージ滞在中のスイカ・チェリー成立は100パーセントでボーナス放出となる。

このバトルステージに連チャン性があるのかは不明。

●天井は全小役成立回数300回・リセットされず

ハマリ・通常モード滞在時の天井が「全小役成立回数300回」であることは前述の通りだが、この小役成立回数はリセットされない(設定変更時はどうなるのか不明だが、おそらくリセットされないものと考えられる)。

例えば、通常モード滞在時に小役が200回成立し、天井まであと100回だとしよう。途中でバトルステージに突入し、ボーナスが放出されなくても天井までの小役回数は、「100回-バトルステージ中の小役成立回数」となる。つまり、バトルステージ突入によって小役成立回数はリセットされず、バトルステージ中の成立小役は天井の要素としてカウントされるのである。

●内部ボーナスはBIGのみストックされる

もちろんREGも搭載しているが、内部にストックされるのはBIGボーナスのみ。REGに関しては毎ゲーム1/900~700くらいの確率で抽選がおこなわれているのだ。

小役成立回数によってボーナス放出となると、必ずBIGが揃うというわけだ。

ちなみに、REG放出は終了後かならずバトルステージに突入する。

●演出は3Dのアンジェリーナ・ジョリー

ものすごくどうでもいいので触れない(※この記事は展示会前のものです。その後、ゲームの主人公であるララが演出のメインとなることが判りました)。

……こんなところだが、いかがだろう。全小役の成立回数がボーナス放出契機となるのは、これまた珍しい仕様で、ちょっと気にならなくもない。設定差は小役出現率やモード移行率にあるのだろう。それにボーナスの殆どがBIGというのも、なかなか嬉しい。

だが、それでもだ。ものすごくキツいイメージを払拭できない。

本機は9月に発売となり、これで4.7号機の発売は最後となる。そのような背景からも多数のホールに導入されるだろうし、旦那も苦虫を噛み潰すように「導入するしか…ないよなぁ」とボヤいていた。入替を面倒くさがる旦那が決断したくらいなので、どこのホールにも入るだろう。

しかし…私はたぶん打たないな。

|

« 老人ホームの男性職員、性的暴行発言 | トップページ | 業界初・GOGOジャグラーVの…解析 »

コメント

こんばんわ。特養の記事にお返事ありがとうございました。実は私も、パチンコ暦長いです。おまけに最近はスロット覚えてしまい、
目押しはできないのですが
なぜか、 引きだけはいいです。

自分なりの決め事があって、最近ではあまり
ひどくは 負けていませんが、
トータルするとベンツの新品が買えるくらい
使ってるかもです。
最近は 新しい北斗、パチは今日は
こぶ茶バンドやってきました。5000円勝ちです・・(ビミョウでしょ?)

投稿: ジェニファー | 2006年8月10日 (木) 01時02分

こんばんは。ジェニファーさん。毎度です。

あ、パチンコされる方だったのですね。なんだか安心しました(笑)…だって、打たない方にとったら「なんじゃこのブログ」とビックリされてしまいそうで…。

こぶ茶バンド、結構面白くないですか? とか言って私は打っていないのですが(ほとんどスロット専門なので。その上、最近は吉宗が撤去されてモチベーションが下がっています)……。
わりと予告がたくさんあるし、キャラもなかなかカワイイし、退屈しなさそうだし…。

五千円でもプラスはプラスですよ~!!
スロット打ってると五千円で泣くことありませんか?…私だけ…???
あとちょっとで天井なのに、とか
五千円あればちょっとジャグラーで遊べた、とか……
っていうか、五千円って大金ですよ!! 
負けないことが大事なわけですし、ね??

自分なりの決め事があって、っていうの、
イイですね。私にもありますよ(笑)。すごく下らなすぎる決め事なので、ちょっと書けないのですが(笑)。
でもそういうのがないと、面白くないし、いつの間にか負けちゃってたりするし、次の勝負に繋がらなかったりもするし…。
すごく大事ですよー。

パチンコパチスロの記事も更新していきますので(ってもともとそれがメインなんですけど…)、よろしければまた遊びに来てくださいね。それでは。


投稿: ちゅう太 | 2006年8月10日 (木) 23時52分

この機種って売りがやっぱりストックの開放が他と違う点ですかね?(笑)。
子役数とはなかなか目の付け所が・・・。
っていうか、これってありなんですか?^^;;。

絶対につぎ込みますよ(笑)。
あとちょっと、あとちょっとって・・・。

最後の4.7号機ですか。
はやくも5.5号機の模索が始まってるようなので、そっちに期待します(笑)。

というか、羽根物らしい羽根物打ちたい。
ALL13でV継続8R終了の頃が懐かしいです(笑)。
パンクで泣くけどorz。

投稿: じゅぁき | 2006年8月11日 (金) 10時42分

そうなんですよ、つぎ込んじゃいそうなんですよ(笑)。

システム的には斬新で面白そうです。小役を引くごとに喜べる、っていいですよね。例えば北斗なんかでは2枚チェリーとスイカくらいしか喜べないし、リプレイなんてものは成立して欲しくない役です(笑)。

でも、なんだか、キツそうなイメージも拭えません…(涙)。天国モードで小役天井が60回ってことは、通常モードで期待できるのは100を超えそう…。
コイン持ちも悪かったら最悪です…っていうか、他の機種よりは悪そうなイメージが。。
ちなみにコイン単価は3.2円なので、お店にとったら「抜ける」機種であります。

まぁ、私はいつも「あぁ負けそう」と思ってしまいがちだから、こう悲観的になってしまうのかもしれません。

羽根モノってパンクしやすいんですか???
ごめんなさい、よく知らなくて…。
でも私もノンビリ遊びたいです。低投資でワクワクできるような。
そういえば、昔練馬区に住んでいたんですが、そこにあるパチンコ屋さんに「ギャラクシー」っていうのがありました。現金機です。500円から遊べるので、打ってました。当たると二箱近くでるんですよね。楽しかったです。
まぁ、羽根モノではありませんけど、ちょっと小銭で遊べるような機種、出て欲しいです。


投稿: ちゅう太 | 2006年8月12日 (土) 06時56分

ちゅう太さん、羽物がパンクって
今の奴はしないんです。
しかも大当たりは振り分け方式ですから。

昔の奴はですね
大当たりしたら羽根が開くのは今と同じです。
が、規定玉数(羽開放回数)以内に
「V」させることが条件だったんです。
ただし?今の台と違って
当ればラウンド抽選とかそう言うのは無くて
「V」入賞し続ければMAXまで消化できました。
だから、パンクしやすいんですよ。

投稿: しげやん | 2006年8月12日 (土) 10時45分

ドモです、しげやんさん。こんばんは。

昔の羽根モノって、大当たり中にもVを狙わないといけないんですか!? ある意味、大当たり中も面白そうですけど、やっぱり大変そうなイメージが…。
あ、そうか、だからパンクしやすいんですね。ありがとうございます、ひょっとしてモノスゴク初歩的な質問をしていたのかも…申し訳ないです。

で、でも…あと少しだけいいでしょうか…?
平均して何発くらいの出玉に期待できたのでしょうか? MAXっていうと、ドル箱一箱分ってことでしょうか?

自分が打ったことのある羽根モノって、ラウンド抽選タイプのものばかりで、昔からこういうものだと思ってましたよー(涙)。

投稿: ちゅう太 | 2006年8月12日 (土) 22時48分

しげやんさん、フォローありがとうございますm(_ _)m。

そうですね、私が一番お気に入りだったのはマジックカーペットという機種で、ALL13なのでなきでも13個は嬉しいですよ(笑)。
あれ、チェッカーは13個じゃないか?・・・。

あと、Vの最中に10個羽根にのっても、その10個間にVに行かないとROUND中でも終了してしまいます。

当時はROUND8かパンクで終了というものでした。
そのために貯蓄でパンクをしにくくしたり、継続率を高めて8個で貯蓄解除して完走しやすくしたりというメーカーの特徴がありました。

10x13x8で、打ち出し分を考えるとたぶん800発くらいではないでしょうか?
なきがいいと900発弱だと思います。

その後にチェカーと当たりの賞球が分かれて、大当たりで1,300発期待できる機種もありました。

ROUNDの振り分けってあまり好きではないんです。
だって、このデジタルに影響されてしまって、せっかくないて寄ってVに行ってもデジタルが小さいのばかりだと勝てません。

ROUND振り分けがなく、ALL10で遊べる機種がでないですかね。。。

ロボQとかロボスキーとか本当に面白かったんですよ!
やく物がかわいいきゃらで(笑)。
今出せば女性にうけると思うんですが・・・。

すでに画像はなくなってしましたorz。

投稿: じゅぁき | 2006年8月14日 (月) 11時26分

じゅぁきさん…単純に、私がモノを知らないのでつらつら質問を並べてしまったのです。
なんだか、ごめんなさい。でも答えてもらって嬉しいです。

パンクしなければ約800発、しちゃうとそれ以下の出玉なんですね。中には1300発が期待できるものもあったと…ありがとうございます。
貯蓄でパンクしづらくしたり、という機種はいくつかあるのでしょうが、思い返してみれば見かけたことのある気がします。V周辺にやたら玉が溜まっている台があったような…その頃は「一体何が起こったのかな?」と首を傾げていましたが、きっと当たっていたんですね。なるほど。

ロボQ、というのも聞いたことがあります。あ、大丈夫ですよ、チョロQと区別はついているんですけど…どんな役モノがついていたか、はっきり思い出せません。残念。
でもダイナマイトクィーンの役モノに魅せられちゃう私の性分からして、きっとハマってしまうでしょうね(笑)。

マジックカーペット、というのは有名ですよ…ね? 後継機がマジカルカーペットなんでしたっけ? 違っていたらごめんなさい。
マジカルカーペットなら、何度かホールで見かけたことがあります。今でも設置しているお店はあるかもしれませんね。
コチラも800発くらいの出玉なんですよね? 1~2箱出しているオジサマを目撃したことがあって、印象に残っているのですが、あれはスゴいことなんですね。

こうしてお話を聞いてみると、羽根モノ、打ってみたいと思うのですが今はどこもデジハネが主流のようですね。
もちろんデジハネ大好きなので(といっても、ダイナマイトクィーン命なだけですけど)別に構わないんですけど、少し寂しくもなります。
ダイナマイトクィーンを打って感じたのは、一つ一つの入賞やリーチにドキドキできて楽しかったこと(…アホかもしれませんけど、1/99だと思うとワクワクしちゃうんです…)。
だからデジハネとは一風変わった、羽根モノがあると、もっと玉を打ち出すこと自体が楽しくなれそうで…私が通っていた地域には皆無なので、一度導入して欲しいです…。

じゅぁきさん、しげやんさん、ありがとうございました。いつもすみません…。


投稿: ちゅう太 | 2006年8月15日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老人ホームの男性職員、性的暴行発言 | トップページ | 業界初・GOGOジャグラーVの…解析 »