« ジャックと豆の木 選べる5つのステージ | トップページ | 餓狼伝説、SNKより発売…? »

2006年9月26日 (火)

5号機版ジャックポット登場

Jackpotkyotai 岡崎産業より「ジャックポット・トロピカルバージョン」が発売される。もちろん5号機で、いわばジャックポットシリーズの5号機版だ。筐体上部のハイビスカスランプや、パネルの絵など、なんだか沖スロ感が増しているだけあって、さすが"トロピカルバージョン"といったところだろうか。

ジャックポットシリーズそのものは個人的に余り馴染みがない。「スーパージャックポットV」が発売された頃は、特別スロットにのめり込んでもいなかったし、吉宗や北斗が発売されてホールに足繁く通うようになった頃には既に撤去されていた。

けれども「完全告知機」であることをどこで聞いたのか、しっかり覚えていて、自分のような人間でも打てる(かもしれない)機種であると記憶していた。5号機版となった本機もその流れは受け継がれており、ボーナスが成立するとレバーON時・第三停止時に全て告知される。お馴染みの7セグに加え、ハイビスカスランプ点灯による告知パターンもあるという。
Jackpot1_2またリプレイテンパイハズレ、といった有名なリーチ目も受け継がれており、昔ながらのファンも違和感なく遊技できることだろう。

近頃流行のボーナス中の技術介入もなく、初心者も安心してプレイできるようだ。またRTが搭載されている、という情報は特にないのだが、その有無は不明である。

高設定域の機械割は107~110%ほどと、なかなかのスペックである。技術介入も必要ないので、単純に初当たりのみが勝負の分かれ目となる、シンプルなマシンだ。

ジャックポット ボーナス確率・機械割
設定 BIG REG 機械割
1 1/318.1 1/590.4 96.18%
2 1/306.2 1/565.0 98.13%
3 1/287.4 1/541.6 101.04%
4 1/269.7 1/492.8 104.47%
5 1/258.0 1/439.8 107.44%
6 1/249.2 1/394.8 110.13%
※RTは搭載していない模様だが、調査中

|

« ジャックと豆の木 選べる5つのステージ | トップページ | 餓狼伝説、SNKより発売…? »

コメント

旧JACKPOTはあまりやらなかったのですが、TRADはやりましたよ!
キュインキュインキュイン・・・。
え? 3? と思ったらビシッって7に変わってガッツポーズ♪

その後もほとんど変わらない仕様で名前違いがたくさんでました。
B物で^^;;。

今回もデジタル回りでBONUS決定ですかね?
だと嬉しい限りですよ。

そういえば岡崎は一度か二度4号機でRTだしてます。
今回も機械割からするとRTが50とかはありそうですね・・・。
じゃないとこの確率の純増では厳しい感じがしますけど、あくまで”感じ”です^^;;。

機種名忘れたけど、リプレイテンパイはずれはリーチ目でリプレイで演出にいった場合はボーナスの期待がある機種だったと思います。
あれにはお世話になりました(笑)。

頑張って収入増やしてスロやりたい(>_<)。

投稿: じゅぁき | 2006年9月27日 (水) 09時12分

REGから突入してくれるヤツに変えてくれるガッツのある方がいないものだろうか。
ス、スイマセン。昔を思い出してしまって。

マトモな話を。 
あの出玉で機械割りがこんだけあるということは、1Kあたりカナリ回るということですよね。 そうじゃなかったらこんなの絶対打たない。

投稿: kaki | 2006年9月27日 (水) 16時16分

じゅぁきさん、毎度でございます。
今回もデジタルでボーナス確定みたいですよ~♪ って言っても、私はジャックポット自体に触れたことはないのですが…(有名なので記憶していただけです)。

それからリプレイテンパイハズレも、今回はボーナス確定の出目になっていて、
その上リプレイそのものが重複フラグになっているので、演出に発展するとアツいようです♪ こうしてみると昔からの流れをきちんと踏襲しているんですね!!
ジャグラーといい、このジャックポットといい、お客に好かれた部分をしっかり受け継いでいるのっていいですよね。

そうそう、ちなみにホークⅢRT(30パイ)の話なんですが…。
なんでも「逆転の発想」から出来ているんだとか。上手くお伝えできるか不安なんですけど、ええと、要は、通常時のリプレイ確率を1/2.5にして、RT中のリプレイ確率を1/7.3にしているんですって。
最初は「ん?どゆこと?」と首を傾げてしまいましたが、
天井後に「通常ゲーム(=リプレイ確率1/2.5)」となるように作られているそうです。リプレイ確率が1/2.5となるため、ユーザーにとってはRTそのものなんですけど、内部では通常ゲーム(通常モードと言ったほうがしっくりくる気もしますが…)に切り替わるんだそうで…。
「へぇ~」なお話でした(笑)。
って、リプレイ確率1/2.5って、RTって呼べるのか謎ですが。。。

投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年9月28日 (木) 03時32分

>>あの出玉で機械割りがこんだけあるということは、1Kあたりカナリ回る…
小役確率や千円あたりの平均回転数が不明なので、なんとも申し上げられませんが、そんな感じがしますよね。
あるいは、それなりのRTが搭載されているか…。
RTが搭載されている、という情報は未確認のため掲載しておりませんが。。。

>>REGから突入してくれるヤツに…
こちらこそ申し訳ないです。やっぱり私ってばホント、昔の機種に疎いので…。
kakiさんがどんな機種を思い出されて仰っているのか、わかりませんでした。。。どんな機種だか教えてくれると嬉しいです。

規制が変わると、昔の機種の後継機も沢山出てくるので、「古い機種のお勉強もしないと…」なんて思いました。

投稿: ちゅう太tokakiさん | 2006年9月28日 (木) 03時37分

初めまして。
いつも新機種情報を参考にさせて頂いてます^^

一応、レジ時は複合役ハイビ+オレンジ取らないと
純増MAXの119枚にならない仕様っぽいですね。
簡単な技術介入ってとこでしょうか。

純増MAX手順
1.初回、左リール中段ハイビ+オレンジ揃い
2.残り10回、左リール中段ハイビ+オレンジ揃い

コイン持ちは1Kあたり37.3~39.1Gと発表になってる模様です。

投稿: Kazak | 2006年9月28日 (木) 05時14分

岡崎尚球社、この字だったかな?の頃のジャックポットです。緑色のパネルでね。ダイナマイトVer.といわれたBモノです。後に出たキングジャックも同じVer. スーパーチャンスというリプ連Ver.のは結構有名だったなぁ。  それにしてもこのトロピカルバージョン。中央上部の7セグがマツヤ商会を思い出させるのは私だけ?

投稿: kaki | 2006年9月28日 (木) 14時39分

う~ん・・・
5号機でこの機械割り・・・
魅力ですね!
しかもあの名機「スーパージャックポット」の後継機!

あまり知られてませんでしたが、あの台も設定判別出来たんですよね・・・
5号機に減算値による小役調整機能が付いているとは思えませんが、楽しみですねえ・・・

投稿: スロ親分 | 2006年9月28日 (木) 22時50分

Kazakさん、こんばんは。初めまして。
いつも読んで下さっているみたいで、どうもありがとうございます。

>>レジ時は複合役ハイビ+オレンジ取らないと
純増MAXの119枚にならない仕様っぽい…
そうだったんですか。技術介入はナシ、って聞いていたので、てっきりフリー打ちでOKだと思っていました。
まだリール配列を見ていないのでわからないんですけど、左リールにハイビスカス図柄を狙えば中・右リールはフリー打ちで大丈夫そうですよね。
それぐらいなら私でも大丈夫そう(笑)。

>>コイン持ちは1Kあたり37.3~39.1Gと…
すごい!! コイン持ちよいですね。さすが5号機(笑)。他にコメントをくださった方が、「ボーナス獲得枚数がこれぐらいならきっとコイン持ちはいいんだろうなぁ」って内容を投稿してくれたんですけど、その通りでしたね。
37.3~39.1G、ということは、小役確率に若干設定差でも存在するのでしょうか?? まぁでもきっと、僅かでしょうし、これぐらい回るならいいや(笑)。  

情報提供どうもありがとうございます♪
またお気軽にお時間のあるときにでも、コメントくださいね♪ お待ちしております。

投稿: ちゅう太to Kazakさん | 2006年9月29日 (金) 00時00分

こんばんは~、kakiさん。
岡崎産業って、岡崎尚球社、っていう会社だったのですね。どこかで見たことのある字面なんですけど、うーん…
本当にごめんなさい、機種も「ジャックポット」ぐらいしか知らなくって、当時のメーカーが何と言う名前だったのかまで、把握していません。うう、ごめんなさい&説明してくださってありがとうございます。

ダイナマイトver.、緑色のパネル…?
ジャックポットっていうと、緑色のパネルに、赤い文字で「Jack Pot」と書いてある機種しかナマで見たことはなかったんですけど、ひょっとして、ソレのことでしょうか?

えええ、アレ、裏モノだったの~!?

あああ、でもなんかそんな雰囲気だったかもしれません。打ったことはないんですけど、ジャックポットが設置してあるお店は「裏モノ専門店だよー」と友達に紹介されたトコだった記憶が…あるようなないような(結局曖昧…ちゃんと思い出せなくてごめんなさい)。

ちょっと古ぼけた筐体で、緑色のパネルに辛苦の文字で「JackPot」と書かれたマシンが、いかにも絵に描いたようなスロットマシンに見えました。ジャックポットのシマ全体が大人のフロアに思えて、近寄り難かったです(今の私なら「ちょっと触ってみよう~♪」と着席すること間違いなし)。
完全告知機だということを知らなかった頃は特にそう思えて、ちまちまとサラ金を打っていました(笑)。

そうか、裏モノ化されていたんだ…なんだか納得(笑)。
ダイナマイト・キングジャック・スーパーチャンスと様々なバージョンもあったのですね。ほええ…。

あの時ジャックポットを打ってみて、
それがホントに裏モノで
運良く出ちゃったりなんかしたら、
もうハマってただろうなぁ…
しみじみ。

ちなみに、その裏モノ専門店と友達に紹介された(かもしれない)お店には、島唄などの沖スロ、スーパーリノ、大花火などが大量に設置されていた記憶があります。
当時人気マシンだったのは、金太郎やアラジンなどのAT機だったと思うのですが(といっても、当時はそこまでのめりこんでいなかったので、スロットに全く詳しくなかったため記憶も曖昧な部分が多いです)、
そのお店はなんだか独自の路線を突き進んでいたような雰囲気でした。

今はあるのかなぁ…その店。
なんて昔のことを思い出しちゃいましたが。

ありがとうございます、kakiさん♪

今回の5号機ジャックポットも、いつしか裏モノ化されていたら面白いですね(笑)。

投稿: ちゅう太tokakiさん | 2006年9月29日 (金) 00時29分

お久しぶりです、親分さん!!

そうそう結構機械割高いんですよ。設定6で110%って、なかなかですよね。
打ち方もそれほど難しくなさそうですし、導入されたら触れてみたい機種です。
RTが搭載されているかは不明なんですけど、どうなんでしょうね???

旧ジャックポットの設定判別法、つい最近ネットで見ました。設定5以上、もしくは6判別ができるのですよね。
5号機でもある程度できると嬉しいな♪ お店がウソつけない機種が欲しいです。
あ、でもだからジャックポットでも裏モノがたくさん出回ったのかしら…???

投稿: ちゅう太toスロ親分さん | 2006年9月29日 (金) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャックと豆の木 選べる5つのステージ | トップページ | 餓狼伝説、SNKより発売…? »