« オジサンの、秘密のジャグラー打法 | トップページ | GOGOジャグラーVな人々 »

2006年9月 7日 (木)

CSスロ原人、10月発売

Dai1_1 今年10月上旬に発売予定のアビリットの新作5号機・「スロ原人」。従来通り普通のスロットマシンである「スロ原人」と、スペック違いの「CSスロ原人」の二種類がある。

CS、とは「カードスロット」の略で何ら難しいものではない。単純に「カードユニット接続型」スロットマシンであるだけだ。カードユニットとはパッキーカードを使用して遊技するための設備であり、主にパチンコで使用されているのでもはや説明は要らぬだろう。つまるところ、スロットもパッキーカードによる遊技が可能となったわけだ。

リール左下に「パッキーカード残高」が表示され、筐体についている貸し出しボタンを押すと、コインを借りられるようになっている。しかも払い出し口からコインが出てくるというのだから……馴れるまでは少し違和感を覚えるかもしれない。遊技に関してはこれまで通り、コインを投入しレバーを叩く…という流れで何ら違いはない。

画期的なのか無駄なのかわからないが、とりあえずスロット史上初の試みが実現したことは間違いない。ホールで見かけたらぜひ触れてみてはいかがだろう。ちなみにスペックは下記の通りである。

CSスロ原人 ボーナス確率&機械割
設定 BIG 原人ラッシュ 機械割
1 1/303.4 1/555.3 97.00%
2 1/288.7 1/532.8 99.60%
3 1/275.3 1/520.1 101.90%
4 1/269.6 1/500.2 104.60%
5 1/263.1 1/485.4 106.20%
6 1/259.0 1/485.4 107.40%

スロ原人 ボーナス確率&機械割
設定 BIG 原人ラッシュ 機械割
1 1/321.2 1/504.1 97.10%
2 1/303.4 1/451.9 100.70%
3 1/286.1 1/428.3 104.30%
4 1/275.3 1/422.8 107.50%

※通常のスロットマシンである「スロ原人」は設定4段階。理由は不明。

CSマシン導入にあたってホールにしてみれば、これまでのパチンコユニットを使用できるのだから、大きな設備投資が不要なのはありがたい……工事は面倒だが。

ただこれまでの遊技の流れを若干変化させることにより、一体どんな特典があるのか、あったとしてもどれほどのメリットなのか、長所が漠然としていることが残念だ。

先月、アビリットは平成18年12月の中間決算を発表したが、売上高は75億6400万円。なんと前年比79.5パーセント減と、大幅に減収している。減収したといっても他業界に比べればまずまずの結果だろうが、「鬼浜爆走愚連隊」以降、スマッシュヒットに欠けていることは事実だ。鬼浜にはずいぶんお世話になったし、今後の邁進を祈りたいものだ。

|

« オジサンの、秘密のジャグラー打法 | トップページ | GOGOジャグラーVな人々 »

コメント

今でも「鬼浜」のお世話になってる私は言いづらいのですが、アビリットの実力はこんなものでしょう。鬼浜が出来すぎ。高砂時代を思えば会社があるだけマシかなと。

投稿: kaki | 2006年9月 7日 (木) 21時50分

お久しぶりです、kakiさん。お元気ですか?
私も鬼浜は好きですし、なんだか言いづらいのですけど…激ヤバですね、アビリット。負の意味で(笑)。
でもなぁ、うーん……やっぱり鬼浜は好きだし、心のどこかで頑張って欲しいとお祈りしてしまう自分もいます。

って、kakiさん、今でも鬼浜を遊技されているのですね。羨ましいです。私が通っていた地域では軒並み撤去されてしまいました。バラエティコーナーに少しでも置いておいてくれればいいのに…センスないです、ぷんすか(笑)


投稿: ちゅう太tokakiさん | 2006年9月 8日 (金) 01時58分

アビリットは良い台を偶に出すんですが
どうにも売れないって感じ。
ていうかマニア受けしそうなマシンばっか。
自分はデスバレーとか009とかも好きですねぇ。
折角鬼浜で頑張ったのにここで失速なのかなぁ?

投稿: しげやん | 2006年9月 8日 (金) 14時05分

実は私、鬼浜以外のアビリットの機種はロクに打ったことがありません…。
単純に、あまり設置されていないことが主な理由です。

昔の009などは興味があったのですが、やっぱり自分が通った店に設置されていませんでした。
リニューアル(?)された009は設置されているのですが、回収機種扱いってのがミエミエで打てません。怖いです…イベント時ですら高設定が投入されている気配がないので。

でも鬼浜はお世話になったし、ノブオくんの冴えない笑顔は好みでしたし、頑張って欲しいです。

投稿: ちゅう太toしげやんさん | 2006年9月 8日 (金) 21時30分

アリビットって高砂なの!?
とビックリしたじゅぁきです、こんにちわ^^/。

そうか、マニアックな機種で裏物で有名な(笑)。
2号機時代には好きでしたよ。
トリプル7とか^^;;。
あっ、これは3号機か・・・。

鬼浜はうったことがないのでわかりませんが、この事実を知って納得(笑)。
DREAM7Jrの裏物は一度打って、なぜかこれも1Kで15連荘(うちBBは4,5回だったかな)した事を思い出します。

サミーとの二分で3号機時代はマイナーなりに新しい試みをするメーカーで好きだったんですが、北斗が分かれ目ですかね?
Bタイプに挑戦したり、リーチ目を工夫したり・・・。

トリプル7の5号機作ればいけると思うけど、どうでしょうか?
って、ちゅう太さん知ってます?^^;;
リーチ目はたいしたことないけど、7絵柄の数でシングルとREGとBIGが決まるという珍しい機種です。
トリプル7はこれも裏物ですが5kでBB8連荘した機種で、この後はさっぱりシングルしかひけない機種になったら、あるとき集中に入って(正式にはないはずの集中(笑))大もうけできた奇特な機種です。

http://www.abilit-amusement.jp/slot/01_43.html

なんとか画像見つけてみました(笑)。
今なら15枚、CG、BIGでいけると思うんですが・・・。

すみません、まとまりなくて^^;;。

投稿: じゅぁき | 2006年9月11日 (月) 13時49分

お久しぶりです、そしてお帰りなさいませ♪
あの北斗SEを1Kでヒットさせるとは、さすがでございます。え、私ですか? 私はもちろん当てたことはありますが…両替、何回行ったかなぁ…(遠い目)。

画像、ありがたく見せて頂きました。うふふ、レトロなムードがよいですね。それに筐体周りに様々な7揃いが…(笑)。賑やかにして景気よさそうで、よいです(笑)。
>>7絵柄の数でシングルとREGとBIGが決まるという…
これ面白そうですよね♪ 通常時にDDTが必須なのかもしれませんが、それだけの価値がありそうです。
ボーナスの種類がリーチ目(7絵柄の数)でわかる、って嬉しい機能だと思います。色々なことにワクワクしながら打てそうです。

>>今なら15枚、CG、BIGでいける…
そうかも!!
リーチ目でBIGかREGか、想像のつく機種はありますけど、正確な種類が判別できる機種って殆どありませんよね(たぶん)。
5号機になっても演出に力を入れるメーカーはたくさんありますが、こういった出目での楽しさや特典を追求してくれると有難いですよ。
それに液晶演出に力を注ぐイコール高い機械代、になりがちですから…演出はドットなどを利用して、こういった押す楽しみを追求してほしいですね。

あ、いえ…目押しは…苦手ですけど…。。。

個人的に高砂・アビリットの機種に触れたことがあるのは、「鬼浜爆走愚連隊」ぐらいしかないのです。だから私自身もこれまでの機種をろくに知らないのですが、鬼浜は本当にお世話になった機種です。
自称ハイエナ好き・当たるまで打つの大好きな私としては、当たるまで打つリスクを犯してもよいかな、と納得できるだけのゲーム性を持っていました(もちろん打ち始めるゲーム数にもよるのですが…350~400ゲームくらいで落ちてたら頑張っちゃいます)。
設定1でも連チャン率が約50%、宵越し天井が狙えるというのがもう、嬉しくて(笑)。
獲得枚数もBIGなら約500枚ですし。
吉宗の空き台に恵まれなかったときは結構打っていたんですけどね。
アビリット、頑張ってほしいです…。

投稿: ちゅう太to じゅぁきさん | 2006年9月12日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オジサンの、秘密のジャグラー打法 | トップページ | GOGOジャグラーVな人々 »