« 秘宝伝に思うこと | トップページ | スパイダーマン(サミー)、10月15日発売 »

2006年9月20日 (水)

裏モノ秘宝伝に思うこと

まぁ、それでも、だ。

秘宝伝はツマラナイ機種だけれど、設定推測要素がふんだんに盛り込まれていることはステキだと思った。チャンス目確率や高確突入率、ボーナス中のハズレやスイカ確率など、通常時であろうとボーナス中であろうと、常に設定の高低を意識しながら遊技できる。朝イチにひいたボーナスでハズレが3~4回も成立したら台移動、なんて立ち回りも可能だろう。他機種に比べ低投資で設定推測ができることが、秘宝伝唯一の魅力ではないだろうか。無駄な投資を防ぎなるべく財布を痛めずに、高設定を狙うことができるのだ。

ホールとしては容易に設定看破されてしまうと困る部分もあるが、むしろ高設定投入をアピールできるチャンスだ。北斗SEなどは設定4~6の特定役出現率が同じであるため、たとえどれだけチェリーが落ちようと「…設定4?」とお客を不安にさせてしまう。けれども秘宝伝は設定の高低だけではなく、ボーナス中のハズレ確率や伝説ロング転落率などにより設定6であるという確信も持ちやすい。紛れもなく設定6を投入しています、と――風営法で禁止された方法など使用せずとも――伝えられる。

わざわざお客の設定推測を曖昧にさせてダラダラ打たせるよりも、ずっと実りがあるんじゃないかと思うが…なかなか難しいところだ。決して裏モノを利用するホールを擁護するわけでもないのだが、秘宝伝の扱いは非常に厄介なのだ。

理由はいくつかあるのだが簡潔にまとめると、
①高設定の不発パターンが少ない上、低設定が暴れるケースもある
②モード方式のため、初期投資が少なくてすむ場合もある
③設定推測要素が随所にあるため、まんべんなく稼動を保持しづらい
……の三つなのだが、つまるところ「割がとりづらい」のである。

秘宝伝に日々高設定を投入…などと謳っても、開店後数時間ほどで「BIG中にハズレが数回成立した台」や「チャンス目確率が芳しくない台」はアッサリ放置され空き台となり、残った高設定が稼動し続ける状況になってしまう。もちろんホールのヤル気溢れるイベント時でもあればそれで一向に構わないのであるが、通常はそうでもないのだ。高設定投入を謳い、稼動を上げて利益を出したいわけである。

そのためには――機械割通りの出玉率を描きやすい高設定だけではなく――しっかり、お客に低設定を遊技してもらう必要がある。だが一体誰が低設定を打ちたいと思うだろう。私だって願い下げだし、だからこそ秘宝伝の設定推測要素の多さは有難いのだ。

かといって通常営業時、オール1で営業し続けて理想的な稼動が保持できるかといえば、そんなことは決してない。たとえ中間設定メインで営業しようと厳しいゲーム性のため、お客はとかく高設定、ひいては設定6にこだわる傾向が強い。また低設定でも高設定と肩を並べるほどの出玉を引き出すためには相当高いハードルを越えねばならぬため、低設定とわかっても夢を見るようなお客も少ないだろう。

人気はあるのだが、安定した稼動と利益を保つのは難しい機種なのである。

特にこういった流れで悩むホールの傾向としては、秘宝伝の設置台数が少ない。
高設定投入をアピールした上で稼動も利益も上げるためには、このマシンは特に台数が必要なのである。20台以上導入されていれば、そのうち5~10台が高設定だろうとその分の赤字は残りの台数でカバーできる。何より「1/●で高設定投入」などと謳えば、あれだけ台数があるのだから掴めるのではないか、と期待するお客も増える。低設定のマグレ台や中間設定台がカモフラージュとなったり、台数が多いためにお客も全体を把握しづらいため、長時間遊技する可能性も高い。クレアパネルの増台がやたら目につくが、人気があるからというよりも、店が扱いやすく(割を取りやすく)するためになされているのだろうと…個人的には思っている。

だからといって台数が多い店なら裏モノではないだろうとか、台数が少ないからきっと裏モノだとか、結論づけられないしそんなこともないだろう。台数が多くても裏モノを利用するホールは現存するし、逆に少ないホールなどはそのような金銭的リスクを犯し難いとするかもしれない。日々高設定投入をまくしたて続けるホールもなんとなく怪しく見えるけれど、意外と良心的(いや、裏モノは使用しないのが普通なのだが)だったりもするし、ソレっぽいような台がゴロゴロしていたりもする。
そもそも、裏モノが一体どんな解析数値なのか、わからないのだ。

こうしてまた「じゃあどうしたらいいんだ」と対処法に悩んでしまうわけだが、最終的にはお客一人一人の好みによるのだと思う。もちろん本来ならば裏モノは摘発されるべきなのだが、そんな証拠を見つけられるほどホールも明るい営業をしているわけじゃない。怪しいと思ったら絶対に打たないか、裏モノにあった立ち回りを考慮するか――自衛か挑戦か、お客個人の意志によって決定されるものだろう。それに全国全ての秘宝伝が裏モノなわけでもない。現に私の旦那などは断っているし、友人の店長たちも同様だ。正規版秘宝伝の現存率も少なくないはずで、決して悲観的になる必要もないだろう。

ただやはり秘宝伝は今ひとつの仕様だったなぁと、残念に思う。着実に立ち回りたいお客のニーズに応えることはできたが、ホールの望みは叶えられなかった。その結果が今回のような、ホールのみが得をする裏モノの蔓延を招いたのだろう。裏モノの出現は人気機種の宿命とも言われるが、通常時からボーナス中まで正規版の解析数値と顕著に異なってしまうような、あからさまな裏モノが出回ると――やはりツメが甘かったね、と素人のブログで嘲笑されても仕方がない気がする。

|

« 秘宝伝に思うこと | トップページ | スパイダーマン(サミー)、10月15日発売 »

コメント

どうも初めましてケイオスと申します。しがない学生スロッターやってます。今回初めてコメント書かせていただきます!さて、秘宝伝(非宝伝)の裏モノに関しては特にコメントないんです実は・・(ごめんさい)裏モノが出ようとこの機種は打たない近寄らないが私の考えでしてはい。なんせヒキが弱いので秘宝伝やアラエボなんかは勝てないし、何より高確でも当たらない・・(スペックも辛い)ボーナス確定が液晶に出ても揃うのは海苔(REG)ばかり。もう海苔はお腹一杯で勘弁願いたいと常々思っています(それもあって近寄らなくなりました)。それよりも7カフェの朝一カニ歩きの方が収支が安定しますよ~(笑)10回転回して熱い演出がなければすぐ移動のやり方で月15万以上朝一だけで勝てます!マジです。ライバル少ないし勝ち逃げで午前中だけでいいので午後は学校行って勉強できるし。それではダラダラと書いてしまってすみません。7カフェや俺空の裏モノがあれば教えてください(笑)ではでは・・

投稿: ケイオス | 2006年9月20日 (水) 16時15分

私は設定看破するまで打たないので裏にしようが全然関係ないです。
チャンス目1、2回で高確行かなければヤメ。ですから。
小額投資で高確行って解除。伝説モードに入る。チョット勝つ。
こういうパターンが結構多いんですよ。
下手に追うとREG連で苦しむんだよね~
少ない資金で遊べる機種だと思って打ってます。


投稿: kaki | 2006年9月20日 (水) 18時20分

一顧客としてリスクとリターンの関係を考えれば、確かに秘宝伝は嬉しい機種かもしれません。
数回のbigで設定の高低がある程度見抜けるのは分かりやすくていいし、高確ロング/ショートが終わり次第止めればいい。しかも打ち始めも問わない、と。
契機となるチャンス目は理論上3000円もあれば引けるし、さらに理論上では10000円で高確率一回は引ける計算。最大のアツいところはこの程度の投資で体感できるわけです。

この点、BB中にアツさが集約されおり、1/200前後の2枚チェリーを引き、さらに1/4をクリアしないと始まらない北斗に比べると何と良心的かと。

どちらも「以下に継続するか」が大事な機種という点で僕の中では同じなのですがw
ただ打つことの障壁の低さは飛びぬけていると思います。そして結果がもたらすリターンも。

吉宗や番長はゲーム数という大きな縛りがあるのでそれを軸とした立ち回りや1G連という最大の関心事で話題に事欠きませんでしたが、秘宝伝はそれが無く、低設定が打たれる意味も少ないのが最大の短所かと。
ある種、純Aタイプに近い(=設定の上下の影響が大きい)ために、「設定を薄める」為の増台も必要なんでしょうね。

営業努力が見えやすい機種だけど、利益は得にくい。そして、かつての吉宗のように店側が「抜ける」機種は他にも見当たらないので無理やりでも主力にしなければならない。この状況がやっぱり厳しいのかなって思います。
何処に収支のメインを持ってくるべきなのか?を模索中のホールが多いですよね。
コレとバラエティコーナーの台頭は無関係ではないはず。

時間があれば今設置できる機種を一覧して、客層を考えた上で理想の機種構成というものを捻り出したい気分です。

投稿: タカマル | 2006年9月20日 (水) 19時25分

秘宝伝自体に魅力があるわけじゃない。コレすごくわかります。
設定状況、設置状況、稼動状況、スペックの中でまともに打てる機種が秘法伝しかない。ですから・・・

球児、前評判の割には予想通り無難な台でした。私的には、規制対応のつなぎ台+過渡期の台と今は割り切ってます。ただ・・・そろそろ次世代を担う機種を期待したいですね。

ちなみにアス○カを知る世代としては、サミーから10月に出る5号機のスパイダーマンに期待してます。ぶっちゃけ、CT確立60パーセントのア○テカです、コレ。機械割次第の部分もありますが、スペックは相当に魅力的です。ボンバーマンの惜しかった点(辛いBB確立とRTはずしの難しさ)が改善されている点が好感触。焦点は通常時の技術介入度(低いほど多くの人に受ける時代ですね)と出目や演出でしょうか。さじ加減がよければ大ヒットすると思うんですが、どう思います?
ホールにとっても抜きやすい系だと思うんですが・・・

>谷垣氏が自民党総裁になる確率よりも低い高確移行率という辛すぎるゲーム性
かなりウケマシタ(笑)

投稿: 林檎 | 2006年9月21日 (木) 01時10分

こんばんは~、初めましてケイオスさん。読んで下さって&コメントありがとうございます。

同じような理由で私も秘宝伝(悲報出ん?)や北斗、アラエボなど苦手なクチなんです。ケイオスさんのコメント読ませて頂いたところ、なんとなく、好みが似てるかもしれません(笑)。俺の空は…微妙なトコロなんですけど(笑)。
アラエボなどは気が狂ったときに打っていますし。なんだかものちゅごく(笑)負けたとき夢を見ちゃったりして。設定1で高確ロング、来たれと…それで負債を増やして。アホですね。

ナナカフェ私も好きですよ。残念ながら、私が通う地域はあまり稼動がなくて、リセットされているか定かではないので…イベント時に狙っています。いいですよね。
基本的にRTテーブル方式の機種で、連チャンがアツいタイプは好きなんですよ~。モード方式の機種は本当にヒキに左右されるし、当たるまで打った際の投資金額が予想しづらいのが個人的には厳しいです。その分、千円でヒットなんて幸運もあるわけですけど、滅多にそんなコトないので…。

さてさて、ナナカフェや俺の空の裏モノですが…うーん、私は聞いたことがないです。多分、出回っていないと思いますよ。
でも自分もたくさん情報を持っているわけでもないので…あくまで、多分ですけど。申し訳ありません。

しかしナナカフェで立ち回った後に、ちゃんと学校へ行くなんて偉いです。私だったらサボって買い物や、昼から酒飲みに行っています。
ちなみに旦那はアステカ大学、ディスクアップ同好会出身です。私は麻雀大学出身で…だから何だ。
よくわからなくなってきたところで、それではまた(笑)。気が向いたときにでも、またコメントお願いしますね。

投稿: ちゅう太toケイオスさん | 2006年9月21日 (木) 23時37分

私も似たような立ち回りです~!!
もともと秘宝伝みたいな機種は苦手ですし、高設定なら3~4千円前後でチャンス目くらいはヒケるでしょうし…
数千円入れて、
なんかダメみたいと思ったら台移動、
って具合で…
その後ジャグラーのシマへ行きます(笑)。

でもなんだか、裏モノが浸透しきっちゃったら、誰もがこういう立ち回りじゃないと厳しくなっちゃうでしょうね…。
稼動を上げるための裏なのに、安定した稼動が取れなくなっちゃったりして(笑)。

投稿: ちゅう太to kakiさん | 2006年9月21日 (木) 23時43分

秘宝伝に対する印象、共感して頂けたみたいで…嬉しいです。

なんだか消去法で打つ台を決めているイメージがあって、「秘宝伝大ヒット!!」なんてアオリを雑誌などで見かけると、「こういうのでもヒットって言うんだなぁ~」とちょっと寂しくなります。
まぁ雑誌はアオるのが仕事ですからしょうがないのですが…。

球児はゲーム性よりもキャラクターが魅力的なようで…それはそれでメーカーにとっては一つの財産ですけれど、5号機はやっぱりゲーム性がヒットの鍵を握りますものね。ボーナス後にオマケみたいな時短がついてるだけ…の単純仕様じゃ、お客を虜にできませんよねぇ。
スパイダーマンなどはよいのですが…って、スパイダーマンの話はまた後ほどに続きます(笑)。

>>かなりウケマシタ(笑)
こ、細かいところまで読んで下さって…ありがとうございます(笑)。

投稿: ちゅう太to林檎さん | 2006年9月21日 (木) 23時52分

こんばんは、タカマルさん。いつも丁寧なコメント有難うございます。

>>低設定が打たれる意味も少ないのが最大の短所…
そうですよね、本当に…(深い頷き)。
吉宗や番長は、ある程度打ち込まないと設定推測しづらいですが、それに比べて秘宝伝はあっという間ですしね。偶数・奇数設定による旨味も特別ないので、単純に設定の高低だけ推測して、低そうならヤメればよいわけですし。
それに吉宗は711枚の1G連、番長は特定役解除による天国モード移行&ループといった、設定を問わない激アツ仕様がありましたが、秘宝伝は伝説モードのみですし(移行率や転落率はほぼ全設定共通ですが、結局高設定でないと厳しいですよね)。
この辺、吉宗や番長がヒットした理由を考慮して作りこんで欲しかったなぁと思います。

>>「設定を薄める」為の増台も必要なんでしょうね。
おお。コレです、私が伝えたかったことは…「設定を薄める」、いい言葉ですね。しっくりきますよ。心に刻んでおきます。

>>吉宗のように店側が「抜ける」機種は他にも見当たらないので…
本当にそうなんですよね。
旦那などもため息をついていますが、やはり吉宗撤去後の売り上げは下がっています。なので平常営業時からより多くのお客を呼び込むよう、以前以上の努力をしなきゃならないわけで…
きっとどこのお店も同じでしょうね。

>>何処に収支のメインを持ってくるべきなのか?を模索中のホールが多いですよね
そうそう、そうなんですよー。
北斗SEなども抜けるには抜けますが、抜けすぎて今後の稼動が不安になるところですし。
なので、「無理やりにでも」秘宝伝に力を入れていかねばならないのです。その他の機種を挙げるなら、番長や北斗SEなどがありますが…
お客もいよいよ厳しくなってきたラインナップに反応しますよね。4.7号機ばかりじゃ荒すぎて、収支が安定しないと思います。もう打たない、とスロットをヤメていく方々も少なくないでしょうね。

>>客層を考えた上で理想の機種構成というものを捻り出したい気分です
あ、そのお気持ち、ものすごく共感してしまいます(笑)。
地域性や客層に見合ったラインナップを考えるのって楽しいですよね。全国共通ではなく、この地域でこの客層にはこうこうこんな具合で機種構成したら稼動が上がるんじゃないかなぁ……と。
こういうことを考えるのがお好きなタカマルさんって…めちゃくちゃパチンコ屋さんのお仕事に向いておられるのでは!?(失礼に聞こえたらごめんなさい)
時間があったら、ぜひ聞かせて下さいね。


投稿: ちゅう太toタカマルさん | 2006年9月22日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秘宝伝に思うこと | トップページ | スパイダーマン(サミー)、10月15日発売 »