« さよならアルゼ | トップページ | トゥームレイダー解析の詳細 »

2006年10月 8日 (日)

サミー「DiskUpオルタナティブ」検定通過

これといって疲れるような生活なんてしていないのに、ここ数日なんだか身体がだるく、パソコンはおろかテレビを観ても本や雑誌に目を通しても、いまいち集中できない。肩こりはひどいし、頭の奥の方が痛むような、グラグラするような……先日帰省した際、父方の祖母に伝染された風邪が影響しているのかと思いきや、熱も全くないし、悪寒もないし風邪らしい症状は特別確認されない。それなのに、指一つ動かすのも億劫だし、何をするのにもひどい眠気が邪魔をする。いたって、過ごしづらい。

そういうわけでコメントの返信や、記事の更新が遅れてしまったわけだけれど、引き続き手抜き更新…をさせて頂く(なぜか自信満々…申し訳ありません)。

●10月5日付け・スロット検定通過情報

ディスクアップオルタナティブ(サミー)
スパイダーマン2X(サミー)
力道山S(サミー)
ゴジラG(サミー)
メイキュウカイG(サミー)

バトルリーガーX(SANKYO)

空手バカ一代(オリンピア)
めぞん一刻(オリンピア)

名探偵ホームズR(ビスティ)

サミーが続々と検定通過させているのが、とりあえずヤル気は感じる。特に「ディスクアップオルタナティブ」はあのAR機「DISK UP」の5号機版で、今回は一体どのように楽しませてくれるのか楽しみなところだ。ウワサでは、ツインビッグがどうのこうのと言われているけれど、よもや単純に獲得枚数やその後のRTゲーム数が異なるのみ、といった仕様ではあるまい…と思いたい。おそらく5号機特有の機能、RTを面白く扱っているのではないかと期待…したい。

それから個人的には、「力道山って…なんだよ」と思っている。

また気になるのはオリンピアの「めぞん一刻」。言わずと知れた高橋留美子先生の名作マンガとのタイアップマシンで、ゲーム性はともかく演出に期待したい。まぁ5号機で注目すべきは基本的にリール制御とゲーム性だと考えているのだけれど、原作が大好きなわけである。夫を失った悲しみに耐える若き未亡人の再生と、一人の女性を幸せにするために成長していく男性の姿が、コミカルにそれでいて現実的に描かれたこの作品――意外と涙なしには読めない。いや正直、ラスト数話、私は泣いた。まぁそれ以外の話で特別泣けると言ったらウソになるのだけれど。

その他、ビスティ「名探偵ホームズR」とは…まさか宮崎駿監督の同タイトルアニメではないだろうかとワクワクしてしまう。幼い頃、楽しみにしていたアニメで、中学に入ってコナン・ドイル「シャーロック・ホームズの冒険」を読むまで、本当にホームズは犬なのだと思っていた(宮崎監督のホームズの登場人物は、全て擬人化された動物で描かれており、ホームズやワトソンは犬だった)。ちなみに私はこのアニメで「スコットランド・ヤード」という単語を覚えたのだけれど、どうでもいいか…どうでもいいな。
5号機エヴァンゲリオンを輩出したビスティには、ほんの僅か期待している。というのも、やはりエヴァンゲリオンが常時フル稼働とは言えないものの、導入以来安定した稼動を保っていることにある。REG確率が厳しく、5号機特有の機能であるRTの恩恵は少ないものの、なぜかBIG獲得枚数を少ないと感じないし、基本的にコイン持ちは良いし、リーチ目も嫌いじゃない。シンプルで退屈しないマシンだ。

まぁこのように、いやこれまでも沢山の5号機が検定通過しているわけで、面白い機種だといいねと願っている。

|

« さよならアルゼ | トップページ | トゥームレイダー解析の詳細 »

コメント

「ホームズ」があのアニメで出たら嬉しいですね~。エヴァの様に評価されて「アニメ物はビスティ」って言われるようになるといいな。 ビスティはロッキーバルボアを持ってますが、もうすぐ出そうですか?

投稿: kaki | 2006年10月 9日 (月) 15時13分

お久しぶりです、kakiさん。コメントの公開やお返事が遅れてしまって、本当に申し訳ないです。
kakiさんもホームズのアニメ、ご存知だったようで嬉しいです(笑)。旦那は「何それ。知らない」と素っ気ない反応だったので…(笑)。
わりとビスティの5号機は良いですよね。エヴァなども導入当初は「機械代が稼げない」だの「コイン持ちが良いぶんハマる印象が高くて、客寄せしづらい」だの、色々難癖つけられていましたが…気づいてみれば、どこのホールでも未だに設置してあるロングヒット?マシンなんですよね。私も好きです。
だからついちょっと期待してしまうわけで…。

ロッキーバルボア、申し訳ありません、まだ未確認です。10月10日現在、発売情報は入ってきていないので、まだ先なのではないでしょうか?
おそらくアルゼのバーグラー以外、どこのメーカーも5号機の発売を「アイムジャグラー」と数週ズラすと思います。なので、年末年始ごろになるのではないかなぁと、勝手に予想しているのですが…すみません…。

投稿: ちゅう太tokakiさん | 2006年10月10日 (火) 05時19分

サミーはディスクアップが一番楽しみですね!
サミーと言えばものすごい賛否両論が現在某掲示板で起こってます。
法律の抜け道を見つけては射幸心の高い機械ばかりつくる->規制につながるからいけない派と、メーカー努力を認める派にわかれています。
私個人は認める派なのですが、どちらも正論だし、そんな熱くならなくてもと思うのですが^^;;。
おっと話題がそれました・・・。

力道山はパチで使った版権を利用ですかね?
ゴジラもパチ版権ですよね?

ところでめぞん一刻は演出が厳しいと思います。
たぶん、コアなファンがダメ出ししてるのが見に浮かぶ^^;;。
ただ、一つだけ言えるのは、四谷さんが演出でうまく使えていれば許されそうです(笑)。
隣からBIG絵柄持ってきたのに、おばさんに破壊されて残念とか^^;;。

ホームズは確かイギリスと同時に放映するため、向こうの厳しい基準をクリアする事が絶対条件で作成されたんですよね?
日本のアニメの規制ってここ10年は厳しいけど、その前はエロだけでしたからね、規制。
血を連想させるアニメや暴力がリアルなシーンはイギリスではダメなんだそうです。

で、あの映像が演出向きなのに気がついたことはさすが!って思いました。
特にオープリングに警官がうじゃうじゃでてくるところを入れて欲しい!
ビスティは両極端なメーカーなので、エヴァのように力作を期待したいです。

ようやくメーカーが5号機をがんがん出してきて、5号機時代へ入りましたね!
後は山佐だけ?(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年10月10日 (火) 18時00分

なるほど…確かに「リプパンハズシ」なるものを世に広めたのは、サミーですものね。さすがフロンティア精神旺盛なメーカーさんですよねぇ…しみじみ。
ユーザーさんが不安になる理由も気持ちも、共感はできるのですけど、私も賛成かな(笑)。規制に違反しているわけでもありませんし、新たな楽しみを生み出すことが、必ずしも負に繋がるなんてこと無いと思います…というか、願っています(笑)。

めぞん一刻、演出厳しいですかね~(涙)。やっぱりそうなのかなー…原作好きだった私には確かに不安なところです。
>>隣からBIG絵柄持ってきたのに、おばさんに破壊されて残念…
あははははは(笑)。声を出して笑ってしまいましたよ~。
この壊すおばさんは、ひょっとして一之瀬さんですか? でもそれだと一之瀬さん、恨まれキャラになっちゃいますね(笑)。
レバーON→一之瀬さん「あんた!ボーナスだよ!!」とニンマリ&一升瓶…が欲しいです。ついでに滅多に見られない、一之瀬さんの旦那さん付で…(笑)。

ホームズに関して、そういった裏があるとは知りませんでした。確かに海外では、子供向けのアニメに対する規制は厳しいと聞いたことがあります。
それでオープニング!!…残念ながら、覚えていません…(涙)。自分が一体何歳の頃に放映されていたかもうろ覚えなので(ものすごく幼い頃)、単純に「お父さんとよく観た」という思い出しかないのです(涙。申し訳ないです)。お父さんと観ていたから、「スコットランド・ヤード」という単語を理解できたわけで(笑)。
でもその、お父さんの膝の上で観ていたアニメがパチスロに…と思うと、懐かしい気持ちになるのです。

ビスティのアニメモノ、パチンコもパチスロも良い具合なんですよね♪ だからちょっと期待しちゃいます。そういう意味ではめぞん一刻もビスティの方が良かったかな? でも好きな懐かしアニメがスロットになると、なんだか嬉しいですよね。
あの場面を、このタイミングで観られたらなー、なんて(笑)。


投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年10月11日 (水) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さよならアルゼ | トップページ | トゥームレイダー解析の詳細 »