« 金太郎的な出会い | トップページ | サミー「DiskUpオルタナティブ」検定通過 »

2006年10月 6日 (金)

さよならアルゼ

Burglar その名も、バーグラー、と言うらしい。アルゼグループの会社であるメーシーより、北電子の了解を得た機種が発売されるとは聞いていたものの…よもや、これほどのものとは予想だにしていなかった。

本機はLUCKYランプの点灯によって、全てのボーナス成立が告知される、いわゆる完全告知機。ご覧の通り、北電子・ジャグラーシリーズのGOGOランプを真似たものなので北電子の許可が必要だったのだが。

さながらサッカー日本代表の試合のように、目もあてられなくて情けないほど、リール図柄も真似ているようだ。

せっかく許可を得たのだから、ヤれるだけヤってやるというのも一つのプロ意識なのだろうか。そのような論理も成立しないわけはないが、これが大花火やコンドル、アステカで一世風靡したあのメーカーかと無残な気持ちになる。

バーグラー・ボーナス確率
設定 BIG REG 合成
1 1/290 1/496 1/183
4 1/281 1/449 1/173
6 1/272 1/407 1/163
BIG…345枚以上の払い出しで終了・純増約336枚
REG(バーグラーチャンス)…120枚以上の払い出しで終了・純増約126枚?
重複フラグ…「7・BURGULAR・BURGULAR」・「BURGLAR」揃いはボーナス確定(いずれも14枚役)/その他、ピエロ・チェリー

ちなみに設定は御馴染みの3段階と、残念ながらコチラは真似てくれなかったようだ。設定1の初当たり確率も、これまでアルゼより輩出された5号機に比べ甘いようではあるが、設定1・4・6の確率格差がさほど見られないため「6」の価値も低い。設定を問わず、まずまず遊べる、といった仕様がウリなのかもしれないが、どうせなら設定1段階にトライしてしまえばいいのにと無謀な思いすら抱いてしまう。

許可を得たとは言えど、むしろ北電子にすら失礼な機種なのではないかとつい邪推してしまった。

|

« 金太郎的な出会い | トップページ | サミー「DiskUpオルタナティブ」検定通過 »

コメント

バーグラーについて調べていました

かなり悲惨な結果だと思います
いくら北さんの許可を取っていても
これはあまりにも酷い結果だと思います

「さよならアルゼ」

日記のタイトル通り本当に
さよならです。

あれ?別れ話しみたいですね(核爆

あれほどの名機をこの世に出した
アルゼさんなのですがどうしたものだか
今に始まった訳ではないが・・・

失礼しました

投稿: アレックス | 2006年10月 8日 (日) 12時27分

まぁ各種パチの「海」もどきと同列と考えればアリなのかもしれませんが・・・。
かつてクライマックスという完全告知台(右リールにBARと7の塊があるw)を出して物議を醸したみたいですが、今度は「許諾」を免罪符に「マルパ○リ」ですね。
オオハナビが大好きだった自分としては、AT機の台頭に乗り遅れ、STもなかなかヒットせず、今これか・・・と思うとかなり悲しいものがあります。

まぁ、レンタルシステムを導入したりしてホールには入れやすくなるのかもしれませんが、お客さんが触ってみたいと思えるような台でないとそもそも設置されませんからねぇ。
ジャグラーは「独自の乱数云々」といった数々のオカルトや噂によってブランドを打ち立ててきていますが、そこに真っ向勝負して勝てるつもりでいるのかは甚だ疑問です。
個人的には先述の「海シリーズvsその他の海モチーフパチ」のようにしかならないような気がします。利益が出るならそれでもイイのかも知れませんが、イメージを悪くしてまで取るべき利益なのか・・・と思うとため息が出ます。

投稿: タカマル | 2006年10月 9日 (月) 10時47分

初めましてアレックスさん。初めまして、なのにコメントの公開やお返事が遅れてしまって申し訳ありません。基本的には1日更新なのですが、遅れてしまったのはちょっと具合が悪かったので…お許しください。
などとのたまっていますが、通常、私が病気するケースは殆どないです。アレルギーも全くなければ、風邪も滅多にひきません。頑丈なオンナでして…はい。
それで何を申し上げたいのかと言いますと、ぜひまた遊びにいらしてくださいね、というわけでして…。よろしくです。

バーグラー、酷いですよね。私自身はアルゼ全盛期の頃全くスロットなど知らなかったのですが、それでもドンちゃんやコンドルのキャラ、大花火という単語はどこで覚えたのか…知っていました。
技術介入系の機種ばかりなので目押し下手な私は打てませんが、大花の青7BGMやサンダーVのJACBGMは大好きで、一時期は着メロにしていましたよ。ちなみに今はコンドルの青7BGMです(笑)。
スロットを楽しむ上での重要ポイントとして、出目やゲーム性、演出などが挙げられますが…音楽も大切ですよね(なんでも、スロット中毒者や依存症になってしまう方は、音楽が耳について離れないのが主な理由なんですって(笑))。
スロット歴約2年半の経験上、魅力的なBGMの機種はおしなべてヒットマシンだった気がします。だからなんとなく、全盛期のアルゼマシンは本当にアツかったんだろうなぁと思っています。

でも、バーグラーですよ(涙)。
このリールにキャラですよ。
その上…設定3段階ですよ。。。

せめて音楽は、アルゼの意気込みを見せて欲しいなぁなんて…願っています。

別れ話(笑。ちょっとウケちゃいましたよ)は…もうちょっと先にしたいですけど、今のアルゼは、うーん。私が学生の頃流行ったコトバで言うと「チョーアウトオブ眼中」ってヤツなのでしょうか…。寂しいですね。
ファンの方なら、もっと悲しいでしょうね…。


投稿: ちゅう太toアレックスさん | 2006年10月10日 (火) 03時43分

お久しぶりです、タカマルさん。コメントの公開やお返事が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。1日更新を目標としているつもりなのですが…申し訳ないです。

バーグラーはもう、アルゼファンもジャグファンも残念な結果となりそうで…。
そもそも「マルパク●」自体が残念なのに、ゲーム性もいまいち期待できないとなってはガックリしちゃいます。設定差が微妙だし、いっそのこと設定1段階で思い切り技術介入度を高くしちゃえばいいのにな、なんて感じました。バーグラーならではの、これといったウリがないのが弱いし、こうなってはますます「ジャグラーへのおんぶに抱っこ」なイメージが払拭できなくなってしまいますね。

北電子のアイムジャグラーは検定に何度も持ち込んで、ようやく発売となった渾身マシンですから…出来の差は明らかでしょう…。

アルゼのリース販売はホールにとっては有難いシステムで、他メーカーも是非これに倣ってくれれば(サミーはスパイダーマンでリース販売をしていますが)…特に5号機市場は明るくなるのではないかなと思います。
売る方法に対して余念がないのも良いんですけど、肝心の機種制作に心を砕いて欲しいものです。
全盛期のアルゼの名機達を打ちこんではいませんが、打つ楽しみが追求された機種だなぁと感じています。なんといっても、出目がキレイ。音楽も好きで着メロにしていますが。
細やかな前兆演出よりも、単純に初当たりやリールを停止させる期待感が、楽しみのツボとなる5号機では…アルゼに期待していました。まぁ、バーグラーだけではなくその他の機種もイマイチで残念ではありますが、5号機市場でアルゼに元気がないと…なんだかガッカリです。はぁ…(溜息)。

投稿: ちゅう太toタカマルさん | 2006年10月10日 (火) 05時09分

おひさしぶりです、じゅぁきです^^/。
バーグラーを調べた人がいて、盗人という意味がある事に爆笑したなんて記事がありました(笑)。

う~ん、賛否両論ではありますが、一応海マネシリーズとしてヒットしたドルフィン・ダイブはデジハネっていう分野なので、単純にマネてるわけじゃないですよね?

という事はジャグラーがやってない分野でなら・・・。

というか、そもそもがそこまで考えてないんでしょうね。
北電子に島をとられるくらいなら、マネもの置いてよっていう事でしょうか?

アルゼの前のユニバーサルの頃はそこそこゲーム性も高く面白いメーカーだったのに・・・。
否定してる人の方が多いという事は、繁栄の後の衰退を感じているんでしょうか?
個人的にも残念であります。

投稿: じゅぁき | 2006年10月10日 (火) 17時46分

お帰りなさいませ、じゅぁきさん♪

バーグラーに盗人の意味が!? いやそれホント、爆笑ですよ!! アルゼさんもなかなか気の利いたネーミングを考えますね!! わかってらっしゃる(笑)。

まぁマネやパクリに関しては、そうですね賛否両論なんですけど(苦)。少なくともヒットマシンを参考にした以上、何かしらのウリを見せて欲しいなぁなんて、個人的に感じています。
ジャグラーに似せた完全告知機であっても、例えば技術介入度やRTに工夫があったり、高設定の機械割がジャグラーよりも高かったり…なんて具合に。
ユーザーが「今日はジャグラーではなくてバーグラーを打とう」と、積極的に選択できるような要素が欲しかった…(涙)。これじゃ「お?ジャグラーのパクリ台?ちょっと触ってみよう」にしかならないです…。とほほ。

否定している方が多いのは、衰退を残念に感じておられるのでしょうね。アルゼの5号機に期待を寄せていたアルゼファンやスロットユーザーは多いのでは、と思います。
あれだけノーマルAで一世風靡したメーカーが5号機市場で元気がないと、一体ドコが、出目もゲーム性も秀逸なマシンを作ってくれるのかと…漠然と不安になってしまう気持ちもあります。。。

ヤマサですか?やっぱり(笑)。どうなのでしょうね。昨今の流れだと、大手メーカーよりもそうでないところの方が、気になる機種を制作してますし。。。


投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年10月11日 (水) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金太郎的な出会い | トップページ | サミー「DiskUpオルタナティブ」検定通過 »