« ジャックと豆の木、導入条件変更 | トップページ | 財務省、北朝鮮銀行の口座凍結 »

2006年10月 3日 (火)

トゥームレイダーは大量導入がおすすめ…だと思う

昨日2日より導入が開始されたビスティ「トゥームレイダー」だが、もう遊技された方はどれほどいらっしゃるだろう。人気ゲームソフトとのタイアップ、全ての小役がボーナス放出に結びつく…という斬新なゲーム性ということで、楽しみにされていた方も多いのではないだろうか。

私などは当初、「絶対にキツい機種だから打ちたくない」なんて思っていたのだけれど、導入が近づくにつれ「…ちょっと打ってみたいなぁ」と180度も違う方向に心変わりしてしまった。単純に、通っていたホールのイベントがマンネリ化していて、新鮮さを求めていた事情もある。
けれどもやっぱり、日が経つに連れてそのゲーム性が気になっていた。基本的には泣かされるREG放出も本機に限っては大特典ツキだし、小役が成立すれば成立するほどボーナスに近づくのだ。これまでになかったシステムに対して、一体どんな立ち回りをしようかなぁと、またできるようになるのかなぁと、自らの立ち回りの幅が広がるかもしれない可能性に夢を膨らませていた。いやもちろん、決して甘くないゲーム性だということはわかっているのだけれど。

そんなわけで新装状況だけでも見ておこうと、夕方によく通う店をいくつかフラフラと回った。ガッカリした。

稼動状況はすこぶる良かった。導入された店全てフル稼働で、立ち見の見物客もいた。残念ながら新装初日のため、ストックがなく厳しいゲーム展開にうな垂れる遊技客もいたけれど、それでもフル稼働であったのはさすが数少ない4.7号機の新機種だと言えるだろう。一体どんなものなのか、気になるお客はそこそこいるというわけだ。

ガッカリしたのは稼動状況や初日のゲーム展開ではなく――単純に導入台数なのだ。

6~8台導入といった店ばかりで、店の規模や他機種の稼動状況にしては、ちょっと少ない台数だと感じた。別に私はビスティを推す宣伝マンでも何でもないので、「もっと買ってあげてよ」なんて願っているわけではない。これでは割が取りづらいだろうと思ったのだ。割が取りづらい機種をホールがどのように扱うかは、皆さんご存知だろう。低設定メインの営業が続きやすい。

未だ解析の詳細が不明のため本機の具体的な設定差はわからないが、REGによる超高確バトルステージ移行や、放出ボーナスが基本的にBIGであることを考慮すると低設定域でも暴れる可能性は高い。ユーザーにとってみれば、それなりに期待を抱いて打つことはできる。
だがしかし、それがホールにとって高設定投入の足枷ともなる。低設定域であろうと赤字の可能性もある機種なのだから――割がとりづらいのだ。
また個人的には展示会の際、営業マンに言われた「設定5・6が不発で終わるケースは少ないと思います」という言葉が気になっている。「設定5・6が不発に終わるパターンが少ない」ということは「高設定はきっちり出やすい」わけで、少なくとも通常営業時、そんな機種に進んで高設定を投入するホールなんて滅多にないのではないだろうか。

つまるところ、
●低設定域も暴れる可能性が十分にあり、高設定域は安定した出玉推移を描く

●割がとりづらく、望まない赤字や機械代回収に苦悩する

●仕方がないのでとりあえず低設定メインの営業が続く
……といった、ユーザーにとっての負のスパイラルが生まれそうで、残念な思いなのだ。

これで具体的な設定差が顕著なものであれば、より事態は悪化する。特別な理由もなしに、低設定だとわかって遊技し続けるお客もそうそういないだろうし、客離れも早まるかもしれない。さっさと機械代を回収したいホールとしては、オール1のアコギな営業を続けるのみで――「トゥームレイダー」を満喫したい私にとっては、なんとも悲しい状況になってしまう。

この負のスパイラル状態、割の取りづらさを防ぐためには「大量導入」「毎日高設定投入(1/3ほどが妥当か)」しかない。とにかく集客に効果的な力のこもったイベントを日々開催し、出玉アピールもしつつお客の期待感をそそる必要がある。具体的な設定配分は腕の見せ所だが、当然のことながらお客があれこれ推測しながら長時間粘れるような配分が理想的だ。台数が多ければお客の目を霞ませることもできるわけだし、稼動さえ良ければ高設定台や、低設定台が数台暴れた分の赤字など回収できるだろう。
そうなってくれると…個人的に「トゥームレイダー」をより楽しめる環境が出来上がると夢想しているわけだが、どうだろう。

もちろん、どの店舗もこうすべきだとは全く思っていないし、むしろ店舗規模に合った入替やイベントを行うべきだ。この記事全般に関して、あくまでも私が通う地域の各店舗規模・客層や導入状況を見て考案したものだということ、またこのような店舗ばかりではないことを、付け加えておく。

しかし数少ない4.7号機であることだし、それなりの導入台数を期待していたのだがなんとも残念な気持ちだった。スロット全台に対する割合が1割にも全く満たぬ導入台数で、おそらくお客の飛びが早いだろうとホールは判断したのだろうし、今後も営業に力を入れることもないだろう。

展示会で試打した限り、そう判断されてしまう機種であったことは確かに否めない。けれども導入を心待ちにし、どう立ち回ろうと楽しみにしていた人間にとっては、「モノは使い用なんじゃないの」と物足りなく思ってしまう状況だった。扱いづらくなると予想したのであれば、いっそのこと導入せず他機種の営業に勤しんでもらいたい。自分が目の当たりにした状況は、なんとなく「抜くのが目的の機種です」といった風で、イヤな気持ちになった。

まぁこんな店や地域ばかりではないだろうし、今月は様々な機種が検定切れを迎えるのでそれに合わせて、新規導入したり増台するといったパターンもあるかもしれない。そう、詳しい解析だってまだ発表されていないのだ。本格的な営業はまだまだこれからだ…と夢を見て、明日負けてしまうのだろうな、きっと。

|

« ジャックと豆の木、導入条件変更 | トップページ | 財務省、北朝鮮銀行の口座凍結 »

コメント

おはようございます、じゅぁきです^^/。

やっぱり独自の視点が面白いですね(笑)。
5号機の場合は6~8台でもそこそこ設定で営業できるだろうけど、4.7号機だと説明されている通りだと思います。

後はうちの近所はそこそこ稼動してるので、比較的台数少なくても高設定入ってそうですが、私はひけないでしょう^^;;。

4.7号機が悪いわけではなく、やっぱり問題はメーカーとお店とユーザーが突っ走った結果が5号機の規制なんだと近頃思います。

ユーザーも一攫千金を求めた結果、これだけの出玉を実現したのでしょうから。

さて、最終の4.7号機の評価はいかに!
ゲーセンにあったらやってみよう(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年10月 3日 (火) 10時17分

こんにちは、じゅぁきさん♪
帰省した際、ばぁちゃんに風邪を伝染され困ってました(笑)。とても強力な菌で、ボンヤリしながら書いたんですけど、共感して頂けたようで嬉しいです。

設定通りに出るような機種って、大量導入した方が使いやすいんじゃないかなぁ…と思ったのは「秘宝伝」がキッカケでした。もちろん抜くだけなら6~8台前後の導入で問題ないでしょうし、稼動状況よりも黒字に拘るホールにはそれでいいんでしょうけどね(笑)。

でも抜くだけ、ってねぇ…
世知辛いですよ(涙)。
演出云々は微妙ですけど、システムは魅力的ですしほぼ最後の4.7号機らしいのだから、もちっと気合入れて営業してほしいなぁなんて。
単純に、私が打ちたいだけなんですけど。。

>>問題はメーカーとお店とユーザーが突っ走った結果が…
全員じゃないですか!!(笑)
私もそう思ってますけど(笑)。
それでも5号機も様々なタイプが出てきて、やっぱりワクワクしてきちゃいます。打つ機会そのものは減るでしょうけど、スロットそのものをヤメられそうにないなぁ、なんてしょうもない自分がいますよ…(笑)。

11月にヤマサがELビジョンの4.7号機を発売するウワサがあるので、トゥームレイダーが最後なのかわからないんですけど、
個人的にはもう4.7号機にはお腹いっぱい。
面白い5号機、がんがん出てきて欲しいです♪

投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年10月 3日 (火) 18時28分

主力に出来るかどうかが良く分からない機種なので設置店もある程度の数で様子見、って感じですね。
解析が上がってくるまでは分かりませんが、ゲーム性と出玉性能がどれほどビビッドに設定と絡んでくるかがキモですね。
おそらくちゅう太さんのいう通り低設定でも暴れる→じゃあ低設定据え置きでいいじゃんっていう営業になってしまう可能性も少なくはないような気がしますが・・・。

改めて4.7号機の客の付け方って難しいですよね。特に設定の読みやすい機種については尚更。
知識のある人がおいしいところをかっさらってしまい、結果残るのは低設定のみ・・・という状況は今のホールラインナップでは打つ気を大いに削がれますから。
あんまりメリハリな設定配分では、4.7号機最大の特徴の「夢」を見ることすら叶わない気がしてならないです。
トゥームもしばらくは中間設定とかもしっかり使って遊ばせて欲しいように思います。

大いに話は逸れますが、個人的にはジャイアントパルサーにちゃんと稼動を付けられているお店は優良店だと思っています。「店がストックを消さない」、「低設定でノーストック&無稼動時間を作らない」というのがキンパル系の大事なポイントですが、店に信頼【ストックを消さない・ちゃんと設定を入れている】があれば安心して打てる機種ですからね。(まぁ、客同士の勝負の台とも言われますが)ここに4.7号機でお客さんをしっかりつけるヒントがあるような気がしてなりませんw

投稿: タカマル | 2006年10月 4日 (水) 04時06分

こんばんは、タカマルさん。

4.7号機の集客は意外と難儀なんですよね。設定6でも機械割110%前後の機種ばかりなので、通常営業時から設定5・6を投入しないと稼動は上げづらいのではないかな…と思っています。むしろお客も「設定5・6」を謳っていない機種には寄り付かない傾向があるのではないでしょうか? もちろん地域差のある話で、私が想定しているのは激戦区など、ライバル店がいくつかある上、お客も本気なホールです。

でも秘宝伝やおそ松くんなど、設定と出玉率が直結しやすい機種は高設定が入れづらいのですよね…設定の高低が推測しやすいので、夢の終日フル稼働には届きづらいわけで…。

こういった機種を扱うには(抜くだけではなく稼動も上げるためには)、5台や6台導入なんてチマチマした営業をせず、最低でも12台以上(秘宝伝はもっとかな?)導入して、上手に設定配分していくのがベストなんじゃないかなー、なんて思いました。

店舗規模によってはムリなのでしょうが、それなら導入しなければいいわけで。利益のみを上げるなら問題ありませんが、稼動も売り上げも上げたいとなると、こういった難しい機種の導入は見送るべきなのでは、と。
店舗にそぐわない入替をした結果が、裏モノ秘宝伝の蔓延に結びついたような気がします。

そういった意味では、アラジンや番長、俺の空、巨人の星Ⅲ、などはどんな店でも扱いやすい、優秀機種なんですよね。最近の機種ではジャイアントパルサーかな。

そうそう、そのジャイアントパルサーですが…ストック消しちゃうお店なんて、あるんですか~!?(驚愕。アゴがハズれそうです)
それは最低ですね。様々な意味で行かない方がよいやもしれませぬ。あれだけ内部確率の悪い機種でそんなことをするほど、お金に困っているようなホールは、モトモトお客を楽しませる気持ちなんてないですよ。

私は…番長の稼動で優良店か否かを考えてますよ。根本的にはタカマルさんと同じ考え方(ストックの有無・高設定投入など)だと思います。
ジャイアントパルサーは…いかんせん、ボーナス中の3連白7Gが…怖くて指が震えるので(涙。失敗してはいけない目押しは怖いのです。)。。

こういった機種に通常時から高設定を投入できない店は、「ヤル気がないのだなぁ」と敬遠するように心がけていますよ。なんたって、割の低い4.7号機ですものね。設定6の機械割がオオガメラの設定1と、ドングリの背比べなんですから(笑)。


投稿: ちゅう太toタカマルさん | 2006年10月 4日 (水) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャックと豆の木、導入条件変更 | トップページ | 財務省、北朝鮮銀行の口座凍結 »