« 闘病の思い出とその記録 | トップページ | TMはどっちを向いていたのか »

2006年12月19日 (火)

面倒で憂鬱な彼らと私たち

朝鮮総連のホームページを久しぶりに覗いてみたが、薬事法違反で朝鮮総連東京本部などに強制捜査が入った際のムービーが閲覧できるようになっていた。タイトルは「総連東京都本部に対する日本警察当局の不当な強制捜査」。また、真相レポートと銘打たれ(真相、と打ち込んだ際に真っ先に『新装』と変換されてしまったが)、いかに今回の強制捜査が不当で在日朝鮮人の”人権”を踏みにじったものであるか書かれた文書も公開されている。

自分たちの祖国は北朝鮮であるとした彼らは彼らなりに、その国民としての立場を日本でも保持したいのだろうし、もちろんその欲求は人間としてごく自然な、それでいて真っ当な願いだ。北朝鮮と日本がまともな友好関係を築いているのであれば、ごく普通の外国人として彼らの立場は守られるべきだろう。
ただ、過去も現在も日本と北朝鮮は決して友好状態にあるとは言えない状況であるし、そしてここは日本である。彼らは自分たちの祖国が、現在住まう日本とどういった関係にあるか考慮するという礼儀が必要であるし、日本の法律を遵守せねばならないことはしごく当然で、「正当」だとか「不当」だとかはその上で述べられるべき言葉であるし、「友好」もまた同様なのだ。一人の人間として、祖国を守りきれない悲しみや怒りに同情することはできるが、やはり私も日本人なので彼らのような振る舞いを目にすると、眉をひそめてしまう。

つまり、祖国を思う気持ちは誰もが同じだろうと心の中で同情はできても、そんな思いは人間社会で現実に通用しないし、通用してもならないのだ。どうしたって誰もがどこかの国に所属していて、大なり小なり人によって差はあれど、それなりの責任を負っている。またその所属先に、濃いも薄いもやはり個人差があれど、何かしらの思いを抱いている。だからこそ、私は彼らの祖国を思った活動を「起こるべくして起こる必然的なもの」と受け取ることもできるし、またその熱心さは「人間の根源的な本能」と見て、確かに彼らがこのような行為に出ることは人間として納得できる。ただし誤解されないように述べておくが、決して北朝鮮や在日朝鮮人によるこのような振る舞いを正当化するつもりは毛頭ないし、あくまでも国を思う気持ちはどんな国の人間でも、それなりに抱えるだろうという部分で理解できるという意味であって――日本人である私は、まるで要求されしていれば全て受諾されると日本が小馬鹿にされた扱いを受けることは、むろん納得がいかないし不快だ。勘弁して欲しい。

彼らを見ているとなんだか憂鬱になる。いかにも歴史と社会の弱者で被害者なのだ、という立場を厚顔にも貫いているけれど、これから先ずっとずっとこうなのだろうか。いつしか再び、「朝鮮人の悲しい歴史」として後にも伝えられていくのだろうか。いや、悲しいには悲しいのだろうけれど――彼らのこのような姿勢をまかり通らせてしまった責任は、戦後の日本政府と日本人にもある。いい加減、彼らには日本に在住する外国人としても、あるいは朝鮮人としても、自分たちの足で立つことを筋道を通して教えねばならない。いつまでも依存や寄生はできない。子供だって、いつか大人として立たなきゃならないのだ。まぁまずそのためには、日本人がオトナにならなきゃならないのだけれど。

|

« 闘病の思い出とその記録 | トップページ | TMはどっちを向いていたのか »

コメント

こんばんは!
確かこの業界の人って朝鮮の方とか多いんですよね?
そういう方はこの問題をどう捉えているんでしょうか・・。
日本の中の娯楽文化としてパチンコ関係の仕事をしているのに、難しいです(汗)
あんまり過去にこだわらなくてもいいような気はするんですけどね・・・そんなものじゃあないんですよね。すみません。。

投稿: セイジョージ | 2006年12月21日 (木) 00時59分

どもです、セイジョージさん♪

>>確かこの業界の人って朝鮮の方とか多いんですよね…
そうですね。旦那も韓国籍の在日韓国人ですし。
パチンコ店のオーナーや、あるいはメーカーの経営者などの多くがほぼ在日コリアン(朝鮮籍か韓国籍)です。店員さんや業者の方、営業マンなどは日本人も多いですけど、わりとご年配の方は在日コリアンが多いかな。そんな印象があります。

良いカタチで共存できるなら、それにこしたことはないし、できることならそうありたいと思います。一応、旦那も在日ですしね(笑…子供ができたら帰化させますが)。
だからこそ、違法行為に手を染めて欲しくないし、妙な被害者意識をもって依存はされたくないし…。

日韓併合の歴史は事実ですし、有史以来何度も何度も日本人が朝鮮半島へ攻め込んだのも事実なので、それに対する恨みつらみが朝鮮民族の方にあるのは仕方がないし、朝鮮民族として当然の思いだろうなぁ、と感じていますが…。もちろん、「あまり過去にこだわらなくてもいいのに」という気持ちもありますけど、彼らはそれを根に持っているのだから、仕方がないですよね…(「すみません」だなんて、謝らないで下さい。。)。

ただ、それを上手く利用した権利要求や、違法行為もろもろ、ムリを押し通そうとする行為は、どうなのよ!?…と(笑)。一応、私も日本人なので(笑)。

上手くやってけりゃー、いいんですけどねぇ(笑)。
彼らはあくまでも外国人ですし、自分たちが外国人なのだっていう意識を日本人が持たせなきゃならないし、だからこそルールが必要で守らなきゃならないってことも、日本人がしっかりこれからちょこちょこ教えていかなきゃならないのかなー、って考えてます。
な、何より朝鮮籍、あるいは韓国籍の人間が庇護を必要としているのなら、求めるべきは日本政府ではなく、北朝鮮か韓国政府のどちらかですしね(笑)。
なんだか、日本に永住して通名(日本名)も名乗る権利ももって、あたかも日本人のように生活しているあまり、彼らも「日本人なのかナンなのかわかんなくなってきたぞこりゃ」ってな無意識の思いがどこかにあるんじゃないかなぁ…。。。
だから、国籍のある国と、自分との関係が曖昧で、一体どこに保障なり、選挙権なりを求めればいいのか、ワケがわからなくなっちゃう(笑)…でもそういった状況に彼らを置いたのは他ならぬ日本政府と日本人ですしね。
彼らにも健全なナショナリズムを持ってもらうよう、まず日本人がしっかりしなきゃならないのかなーと思いました。。。でなきゃ、ルールにのっとった、道理のある共存なんて、できないですよね。

な、長くなってしまいましたね…。。。すみません。。

投稿: ちゅう太toセイジョージさん | 2006年12月21日 (木) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闘病の思い出とその記録 | トップページ | TMはどっちを向いていたのか »