« 確率1/99♪ 待望の甘スロ「マリーンギャング」 | トップページ | 明日はいいことがありますように »

2006年12月 8日 (金)

日本代表はいつも弱い

北朝鮮に敗退した若き日本代表だが、全くもってなっていない。いや、選手たちはそれなりに力を尽くしたのだろうし、そもそも私はフィールドでボールを蹴れるほど、あるいは選手顔負けの解説ができるほどサッカーに精通しているわけではないのだけれど、それでも負けたとなると気分が悪い。経済制裁政策や朝鮮総連への圧迫が進む状況の中、サッカーは負けましたではカッコ悪く、情けない。国際試合は決して高校生の試合とは異なり、国の威信を背負ったプロチームが力を競う場なのだから――選手にはもっと大人になってもらいたい。

ワールドカップで後ろ指をさされながら日本を去ったジーコだが、彼の残した言葉で印象深いものが二つある。一つは「サッカー選手はフィールドが”会社”なのだから、金髪やピアスといった風貌は慎むべき」といった内容のもので、Jリーグ開幕時、彼が鹿島アントラーズに在籍した際、選手へ伝えた言葉だ。金髪もダメ、ピアスもダメとは決して体育会系特有のそれではなく、ただ選手へサッカーを生業とする社会人としての自覚を促したかったのだと思われる。サッカー選手はサラリーマンのように堅苦しいスーツを着込んで出社しなければいけないわけでもないし、むしろオシャレな方がテレビや雑誌やらでチヤホヤされる。特に当時、Jリーガーといえばそこそこアイドル的な人気があった。ジーコはそこに釘を刺したい気持ちもあったのかもしれない。あくまでも仕事なのだから、社会人として真摯な態度でサッカーに挑むべきというわけだ。

もう一つはワールドカップの最中、彼が記者会見で放った言葉――「仲良しチームではやっていけない」である。余りに思わしくない結果が続く現状を記者たちに責められてのセリフだったが、ひどく納得してしまった。

今年のことなので記憶に新しい方もいるかもしれないが、日本代表はとにかくチームワークが悪かった。原因は様々なのだろうが、一部では中田選手がキャプテンと戦略も性格も折り合っていないとか、ひとり浮いているといった報道もあって、それらはまんざら嘘でもないのだろう。まぁ、他人が自分と異なる性格や思考を持っているのは当然のことで、あれだけ人数が集まればぶつかり合ってしまうこともあるだろうが――ジーコにとってはハテナな状況だったはずだ。自国チームがワールドカップ出場権を得、その代表となっているのに人間関係などにかまっているのだから。むろんそういった選手たちを招集したジーコにも監督としての責任はあるし、試合での采配ミスも決して否定できない。それでもさすがに人間関係のもつれが浮上するなんて国の代表が聞いてあきれる話であるし、そもそも責任者である監督が下した決断を全うするのもプロ選手としての勤めであるはずだ。プロであり代表であるならば、自らが気持ちよくプレイすることを目標にされては困るのである。結果を出すために、プロとして代表として大人としての責任とプライドをもって尽力するべきであるのに…、という言葉が「仲良しチームではやっていけない」であると思う。

カミサマにこんなセリフを吐かせた今回の日本代表は非常にみっともないし、失礼なのだが――とどのつまり、一体何が情けないかって――Jリーグが開幕した十数年前も今年も、ジーコは「自覚を持て」と言っているのだ。プロ選手である自覚や国の代表選手である自覚といった自らの立場を省みろと、もっと噛み砕くと早い話が「オトナになれ」というわけだ。Jリーグ元年と同様のことを今年、日本のサッカー選手は言われているのである。技術云々ではなくメンタル面の稚拙さを現在も指摘されているのだから、なんとも悲しく情けない話だ。

しかしこれは観客である私たちにも当てはまる内容であって、そうそうサッカー選手ばかりを責めてもいられない。いつもいつも「きっと勝てる」「必ず突破する」だの希望ばかりまくしたて、負ければ「善戦した」とチームを甘やかす報道もサポーターも改善されるべきだ。特にサポーターにいたっては、敗戦後、スタジアムを映すカメラに向ってピースサインを繰り出すあの姿勢――勘弁して欲しい。自らも12番目の選手と名乗り、真剣に応援しているのならば、敗戦直後にカメラに向って笑顔はおろかピースサインなどは出来ないはずだ。しかも全国どころか全世界に放映されてしまうわけで、日本人として非常に恥ずかしい。所詮、日本でサッカーワールドカップなどはただのお祭りで、それに乗じたヒマな人間が応援している――中にはそんな人間がいてもよいのだけれど、さすがに全世界に向ってそんな恥部を露呈する必要もあるまい。サポーターとして観戦した立場を考慮し、自粛するべきだ。ワールドカップ・ブラジル戦終了後さいたまスタジアムの様子が報道された際、ひどく苛立ちを覚えた。アナウンサーも「試合は明け方でしたが、サポーターはみんな元気です」……茶番である。よき代表を育てるためにも、そしてあらゆる試合観戦をさらに充実させるためにも、観客である私たちの意識もシビアに変えなければならない。まぁ愛国心がどうので揉めているような現状では、選手や観客どころか、ろくなオトナが育たないのだろうけれど。

|

« 確率1/99♪ 待望の甘スロ「マリーンギャング」 | トップページ | 明日はいいことがありますように »

コメント

こんばんは!
本日の記事には納得というか共感できる点が非常にあり、ちょっと嬉しいです^^;
日本代表の「中田の意見が合わない」という報道を見たときは私も唖然としたものでした。何?これ?何いってんの?という感じでしたから^^;
プロとして同じチームに招集され、更にそれが選手たちの憧れであると同時に一応ではありますが、国の威信も背負っている。なのに何ですか?その態度は。。ホントに怒りを通り越してあきれましたよ。。
私も同意見で、「プロとして失格」だと思いました。でもホントにサポーターにも原因があるのかもしれませんね。
ただの祭り好きなミーハーまでもがサポーターと呼ばれるなんて言語道断ですよね。絶対間違ってる。
でも、それが日本。ああいう人は何で疲れないんでしょうかね。W杯のときだけあんなにはしゃいで・・・発散したいんでしょうか。。まあ、私には分からないことですが。。
とにかく、次からは「プロとして」頑張って欲しいと私も思っておりますです。ハイ^^;

投稿: セイジョージ | 2006年12月 8日 (金) 23時41分

こんばんは、セイジョージさん♪ 共感して頂けたようで、嬉しいです、どうもありがとうございます。

中田と意見が合わないだとか、チームワークの乱れだとか、いやーもうホントに、アノ頃は腹が立っちゃいましたね。高校生じゃないんだからさー、と眉がピクピクしちゃいました(笑)。プロでもあるし、日本代表に選出されたという自覚とプライドを持って欲しかったです…。自分の立場を自覚した上で、誇りを持って行動することって、まぁサッカーに関わらずどんな業界のどんな人であろうと共通した、基本だと思うんですけど……彼らにはそれを感じることができませんでした。みっともなかったです。あんな試合をするぐらいなら、ワールドカップの場に立って欲しくありませんでした。
まぁ、チームをしっかりまとめきれなかったジーコにも責任はありますし、疲れた選手をきっちり交代させるといった判断もイマイチだったと思いますが…。ぶっちゃけ、ジーコって監督には向いていないのかも…と思いました(笑)。
それでもジーコの伝えたかった、サッカー選手としてのプロ意識、あるいはナショナルチームの気概といったものは、評価されるべきだと思いますし、今後も受け継がれていって欲しいものですね。色々ありましたけど、ジーコってやっぱり日本サッカーを形作ってくれた、ステキな方だとちょっと尊敬してます。。。

投稿: ちゅう太toセイジョージさん | 2006年12月 9日 (土) 23時32分

おひさしぶりです、じゅぁきです!

今回の北朝鮮戦に関しては、あえて言い訳しますとベストメンバーではないという点ですか・・・。
いや、だから気持ちで負けてるのが腹立たしいのですが^^;;。

中田に関していえば、あまりにプロ意識が強すぎたという事でしょう。
プロだから当たり前、またその発言自体が正当すぎた場合は何故か奮起ではなく、嫌悪するのが現代の人達のようです。

みなさんもありませんか?
正しい事を正しいと言われて、逆ギレ気味に相手を嫌がること。
プロなら割り切れっていう事もわかりますが、私は監督の責任が大きかったと思いますよ。
だって、まとめる気ゼロだし、明らかにコンディション悪い海外組ばかり使っていたし、あれでは本番でくさるのはしかたないかと。

日本の日本にあったチームを作らない監督だったということですね。
というか、もっと根本的に言えば、コンディションの関係のない序列を日本代表につくり、自己満足してましたから(笑)。
精神論以前の問題だと思います。

ちょっと前の小笠原のインタビューで中田がどうのとは言ってませんでしたよ。
序列が嫌で奮起してレギュラー執ってやるって。
その後のまとめると、遠まわしにジーコを批判してました^^;;。

ただ、個人的にジーコはPKのボールに唾はいたり、影で汚いヤジ飛ばすの好きな人なのであまり好きではないです・・・。
プロ意識は認めますが^^;;。

投稿: じゅぁき | 2006年12月11日 (月) 10時37分

こちらこそ、ご無沙汰しております、じゅぁきさん♪ お元気ですか~?

中田選手からは「えらく真っ当なことを言う方だなぁ」といった印象を受けましたし、あの試合後に息が上がっているっていうのに冷静な話し方や、全体を把握した上でプレイしようとする姿勢は好きでした。ただ、あれじゃー嫌われるだろー、と(笑)。誰だってあんなんじゃついてきませんよ。。。メンタルヘルスってのが全く考慮されていない物言いですからねぇ…。。
なのでまぁ、言ったセリフの内容は最もなことだと頷くことはできても……チームワークの悪さを作った原因なんじゃないかなぁと思います。

っていうかもう、中田にしろ誰にしろ、あの時期に「チームワークが…」とか何とかヌカしている段階で、みっともなさすぎ(笑)。
ただ、そういった状況を作り出した、あるいはまとめきれなかった総責任は監督であるジーコにあると、私自身も思います(一応、ブログにも触れてはいるんですけど…弱かったかな。。)。

それでも選手に欠落している部分を敢えて言うならば、ナショナルチームの代表であること、プロ選手であることの意識が足りなかったのではないかなぁと。ワールドカップに出場する国の選手が、人間関係などに構っている状況が…ジーコにとってはハテナだったのではないでしょうか? なんて思いました。
監督なのでそこまでケアしなきゃならないのかもしれませんが、逆にそこまでケアされなきゃならない日本選手の稚拙ぶりに、ジーコはお手上げだったのではないかなー、と。

本来、ジーコが監督として責められる点は例えば選手交代のタイミングだったり、作り上げたいチームの理想像だったと思います。日本の日本にあったチームを作り上げられなかった、という指摘がありますが、これは的を得ていて、ジーコが作り上げたかったのはおそらくブラジルのような、個人的な特技を持った優秀な選手たちをとにかく集めてビッグチームを作り上げたかったのでしょう(なんせブラジル出身ですし。。)。ただ、悲しいことに個人的な特技を持った選手も少なければ、どうしても日本人選手は背の高さや足の速さで海外選手に劣ってしまうケースも多いので……個人的特技に頼るサッカーではなくて、全体を一枚岩にするようなチーム作りが日本にはピッタリだったのかもしれません。
結果を出せなかった監督が責められるべきは本来こういった戦略的な部分であって、まとめられたかどうかの有無ではないはずなのに…と悲しく思います。
なんでもかんでも監督におんぶにだっこ、ってな雰囲気は…ちょっとみっともないですね。。。

ジーコ、PKのボールに唾を吐いた瞬間……私は国立競技場にいましたよ(笑)。懐かしいです。鹿島VSヴェルディのチャンピオンズシップの試合でした。
あのときはちょっと、ガッカリでしたね。勘弁してくれオッサン、と心の中でツッコミ入れちゃいました(笑)。もう不惑の四十を過ぎているじゃろー、と。。。


投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年12月11日 (月) 20時36分

日本のサッカーって泥臭くボールを追いかけて、相手が戦意喪失するようなものだと思うんです(笑)。
チームワークもへったくれもなく^^;;。

なんかいつのまにかキレイなサッカーをしようとしすぎて、策士、策におぼれるの状況がジーコの時だったように思います。
オシムはその当たりよくわかってるような気がしてます(笑)。

ちゅう太さんの言われる交代のタイミングはジーコ下手ですね。
今のチームでも勝ってるのに更迭論がでてるとか^^;;。

>もう不惑の四十を過ぎているじゃろー、と。。。
いたんですか!
いいなぁ・・・。
私、かみさんや友達含めてまわりにサッカー興味あるの誰もいません(ToT)。
最近は子供が寝てるので、TVでみる時も静かに・・・。

投稿: じゅぁき | 2006年12月12日 (火) 09時58分

>>なんかいつのまにかキレイなサッカーをしようとしすぎて…
そうですよねぇ…。
現状の選手やチーム構成で、こういったプレイが可能となるならば、それはそれでいいんですけどね…。。。

なんちゅーか、私もその、あまりサッカーに精通しているわけでもないので、上手く言えないのですが…。
ブラジルチームってわりと、個性派揃いで全体的にミラクルプレーをするような、そんな雰囲気のチームだと思うのですよ。個人的な特技に突出した選手を線でつなげて、キレイにまとめたような。。。
ジーコもそんなイメージを持って、日本代表のチーム作りをしたんじゃないかなー、と思います。もともとブラジル選手だったわけですし、彼の理想とするサッカーってやっぱりそこにあったんじゃないかなぁ、と…。
可能であれば、ホント、それはそれでいいんですけどね。。。
でも現在の日本代表でそれはムリですし、いくらフリーキックだのパスだの上手な選手がいても、どうしても海外の選手には劣ってしまうわけで…
そうなると、オシム監督さんが言うように「全員が走るサッカー」でしっかりまとめる方向の方が、今の日本チームには向いているのかもしれないなぁ…なんて思います。
つまり、ブラジルっぽいサッカーは日本にあまり向いていないのではないかな、と(笑)。

でもサッカー大国ブラジルで名を馳せたジーコが選手に伝えたかった、精神論ってのはわりと好きだったし、良いカタチで日本チームに残ってくれるといいな、と願います。気持ちだけでは結果なんて残せないんですけど…やっぱり、大切なことだと思うので。

>>いたんですか!
いたんですよ!(笑)
豆粒みたいな小さいジーコが、PKボールに寄って行ったのが見えました(笑)。「おかしーなー、ヴェルディボールで、カズが蹴るんじゃなかったっけ?」と思いきや、唾を吐いていたわけです。びっくり…そしてがっかり…。

>>まわりにサッカー興味あるの誰もいません…
今、Jリーグもつまらないし、海外リーグ戦も深夜のスポーツ番組でしか殆ど特集されていませんものね。
逆に野球の方が日本では人気があるの…ですよね?
私はホンットーに野球には無関心で、WBAとかオリンピックなどの国際試合しか見ないのですけど…。
会社に勤めていた頃、周囲が野球の話題になったとき、よくハテナな顔をして聞いていました(笑)…懐かしいです。


投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年12月13日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 確率1/99♪ 待望の甘スロ「マリーンギャング」 | トップページ | 明日はいいことがありますように »