« ううん、泣いてないよ… | トップページ | 熊の本気 »

2006年12月12日 (火)

科学忍者隊ガッチャマンとその他の新機種

Gakyotai_1タイヨーから高設定はしっかり出る5号機が発売される。機種名は「科学忍者隊ガッチャマン」――懐かし有名漫画とのタイアップマシンだ。

発売時期やボーナス確率の詳細は不明であるし、これから説明する内容もあくまでウワサであって、確定しているものではないのだけれど、なかなか期待感高まるウワサなので書いておきたい。

●天井機能…ある一定のゲーム数ハマると、RTあるいはATへ突入するらしい

●RT・ATの1ゲームあたりの純増枚数は約0.9枚

●ハイパービッグ後は500ゲーム、スーパービッグ後は150ゲームのRTへ突入する。お馴染みリプパンハズシによって、規定ゲーム数に達していない、RT終了を回避することができる(ボーナス成立時は不明)。

●機械割…設定1は95パーセント、設定6は117パーセント

●コイン単価…約3.0円

また、ボーナス中だかRT中だかよくわからないのだが(…おそらくボーナス中だと思うのだけれど)、液晶画面と連動したミニゲームがあり、それをクリアするたびにAT50ゲームが上乗せされるらしい。

……まだこれぐらいしか判らないし、そもそもこの内容だってあくまでもウワサなのでご注意頂きたいのだけれど、それにしてもわりとトキメキを覚えるようなウワサではないだろうか。もちろん肝心のボーナス確率が不明であるし、ハイパービッグ、スーパービッグその他のボーナス種類も、それぞれの振り分け率も具体的なところではないので、楽観視は禁物なのだが――500ゲームのRTで期待される純増枚数は約450枚、150ゲームなら約135枚。それぞれのBIG獲得枚数とあわせるならば、とりあえず下皿から溢れる程度の出玉を獲得できそうだ。

そして何より、設定6の機械割が117パーセントと高めであることにもそそられる。高設定の逆噴射は滅多にない5号機でこの機械割ならば――場合によっては、終日打てば万枚も夢ではないのではなかろうか。

Rio_1

また、ネットが新たに5号機を続々発表している。「Rioパラダイス」、「熊酒場」、「もえろ!ハーレムエース」、「カリビアンクィーン」の一挙、4機種である。

まぁ中でも目玉となるのはもちろん、マリリン・モンロー顔負けのナイスバディに童顔の美少女キャラクター、Rioちゃん活躍する「Rioパラダイス」だろう。何でも今回はわりとストーリー性のある演出がウリらしく、相手のディーラーを倒すごとに、何かこう、Rioちゃんの秘密だかナンだかが少しずつ明らかになるとか……私はどうでもいいんだけれど。とにかくカワイイよね、Rioちゃん。あの谷間に童顔ってあたりは犯罪だな、もう。

Kuma個人的に気になるのはむしろコチラ、「熊酒場」。何でどうしてって、もう意味がわからない。いや、熊はいいのだ、熊は。いいよね、熊。あったかそうだし、大きいし。

左の写真がメインキャラクターとなる熊さんだ。
割烹着を着ているのには理由があって、なんでもこの熊さんは酒場の女将らしい(つまりメス)。こじんまりとして居心地の良い、人情味溢れる酒場を切り盛りしている立派な方なのだ。

でも「今、人喰ってきました」という表情にしか、私には見えない…。
茶色い瞳に白い牙がもう、熊としてリアル過ぎる…。

しかも、ナンなのだろう、その胸まわりの膨らみは。ひょっとして人間の女性をちょっと意識したとか、そんなことはない…いや、きっと、ないだろう。ないはずだ。ないと信じたい。

――Rioちゃんというステキな萌えキャラを生み出したネットが、一体またどうしてこんなリアル熊に割烹着を着せてしまったのだろう。不思議だ。実は筐体画像も何もまだ見ていないのだけれど、キャラ一つでこれだけココロを奪われるとは我ながら不覚だったし、ある意味、さすがRioちゃんの産みの親・ネットと言うべきなのだろうか。何はともあれ、面白そうだからいいや、といったところである。

ちなみにこの熊さん、通常ゲーム中に何やらセリフを発するらしいのだけれど、この方言をユーザーが選択できるらしい――ちょっと待ってよ、この上、方言までしゃべるんですよこの熊さんは……

ネットに幸あれ。

ワケがわからなくなったところで、これからも楽しい5号機が発売されることを祈って、ごきげんよう皆様。

|

« ううん、泣いてないよ… | トップページ | 熊の本気 »

コメント

こんにちは。
市場はやっぱりRTパンク仕様・・・いわゆるボンバーマン仕様一色になってしまうのでしょうか?
旦那さんは何て言ってます?
一時期の猫もしゃくしもAT機、って感じに似てきたような。
でも5号機の規則じゃ、これくらいしかできそうにないですもんね。
メーカーさんもやりすぎると、更なるお上の締め付けがあるかも。
結局、一番とばっちりを受けるのは我々プレイヤーな訳で・・・。
それにしても毎回感じますが、ちゅう太さんって文才ありますよねぇ。
読んでて、ほんと、飽きない書き方してると思うんですよ。
小説とかも書けそうなイメージです。一度挑戦して欲しいと思う今日この頃です。

投稿: クー | 2006年12月12日 (火) 09時44分

最近また新機種情報を検索したじゅぁきです(笑)。

ガッチャマンは初当たり悪そうですね(笑)。
RT500ってすごすぎます^^;;。

それよりも熊酒場気になります。
いや発売されたらやってしまうかも・・・。
パチでスキージャンプペアが思った以上にHITしたから、こういうのありかもしれません(笑)。
いや、笑いでスロをえらぶのはどうかと思いますが、自分で^^;;。

そのほかに気になったのはやっぱりマリーンギャング。
毎回95%継続らしいです。
finishは5%で選ばれるとの事で、比較的完走はしずらいけど、結果的に一撃♪なんて夢もある数字ですね。

後はとうとう山佐が5号機の開発をしてるのがHPにありました。
「PLAYBOY」という機種でした。
クレイジーケンバンドと例のPLAYBOYのマークがタイアップとのこと。
詳しいゲーム性が謎ですが、一応期待しておきましょう(笑)。

後は萌えなんとかマリン、ボンバーマンのパクリ機種がでます。
ただ、ボンバーほどの期待ができないのでなんとも^^;;。
REGで20回はずしなびって今考えるとすごすぎます。

現在稼動中ではやっぱり怪胴王かスパイダーマン。
MHではスパイダーマンは5号機コーナーにありません(笑)。
よくわかってるお店です♪

サンダーはかなり賛否両論ですね。
個人的には一度は打ってみたいです。
そして以外に不評なのがめぞん一刻。
演出面は好評なのに、RT中にバシバシコイン減るとのこと。
それがストレスになるそうです、もったいない・・・。

それにしても本当にいい意味で5号機が燃えてきましたね!
4号機の亡霊に追いつこうとするもの、全く新しい発想に挑戦するもの、ハネスロなどなど・・・。
再来年はきっと5号機のみですが、意外にスロ業界は地味に花咲いてる気がします。

そういえば、自分ってネットの機種好きだったのに、貯金しかしてません。
熊に頼んで下ろさせてもらうようにします(笑)。

投稿: じゅぁき | 2006年12月12日 (火) 10時37分

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
今回、はじめてコメントさせてもらいますが、その理由、それは・・・・
クマですよクマ!スクロールした瞬間「なんじゃこりゃー」って思わず吹いちゃいました(笑)
なんで割烹着?なんで小首傾げてるのetc・・・
夢に出てきそうな(悪い意味で)表情もたまりません。

なんか、はじめてなのにテンション高めのコメントになってしまいましたが、これからもブログ楽しみにしてます。それでは失礼します。

投稿: セニョール | 2006年12月12日 (火) 13時47分

どもです、クーさん♪ こんにちは。

5号機の課題って…与えられた規制の中で、どれだけ瞬発力を持たせられるかといったところに、この一年近くあったような気がします。出目や演出、あるいは遊びやすさは二の次で、どれだけお客が従来と変わらぬ期待感を抱けるか、そんな仕様をどこも追求していた感がありますよね。
実際、それが大切な部分で、高設定といえど下皿をモミながら打たなきゃならないような仕様だとお客も退屈ですし、そんな具合だと、稼動も下がってホールも参ってしまうので…お客とホールのニーズにあった機種の開発が求められていたと思います。

そんなわけで、規制を上手くかいくぐってRTを上手く利用した機種が登場してウケているのであって…リプパンハズシ仕様をいち早く発売したサミーは本当に凄いですよね。こういった機種がウケているのも納得ですし、これからもどんどん発売されるでしょうね。

それでもやっぱり、規制は入るようです(笑)。
まだ確定ではありませんが、少なくともお上は良い顔をしていないようで、例えばヤーマなどはジャックと豆の木の再販を自粛しています…。。。
なので、具体的な規制がしっかり入ってしまう前に、リプパンハズシ仕様を利用した機種は一挙に発売されるかもしれません。そういった意味ではまだまだ、リプパンハズシ仕様の機種が増えて市場を独占してしまうかもしれませんね。

ただ…いつかハネスロを紹介した際にお話したように、数千円で遊べるような、気軽な機種の開発はまだまだスタートラインに近い状況ですよね。お客の「出したい」欲求に応える機種はボチボチ出揃ってきましたが、「遊びたい」欲求には殆ど応えられていない状況だと思います。
まぁ、遊べる機種は、5号機市場で一番ホールのネックとなる機械代の問題でホールに敬遠されてしまうので、二の次になってしまうのも仕方ないのですが、今後規制が入ってしまうことや、せっかく「マッタリ」がウリともなった5号機で実現できていないのはちょっと悲しいものですね…。
きっとそのうち、発売されるとも思うのですけどね。。。

それにまだ、「低設定でも打ちたい」とお客に思わせるような機種も発売されていませんしね。ホールが常時利用するのは基本的に低設定域で、それをお客も知っていますから、その上で「打ちたい」と思ってくれるような機種……低設定でもあるハードルをクリアすることによって、それなりの出玉が期待できるタイプはまだ発売されていないと思います。わりとジャックと豆の木はその辺を考慮した注目機種だと思ったのですが、いかんせん初当たり確率が悪いので……まだまだですよね。

5号機も色々発売されて、ラインナップもずいぶん増えましたが、まだまだ追求されていない部分は多いですよね。より多くのお客が期待を持って打てるような、そんな市場になるといいのですけど…確かに、この辺はお上の動向によって十分左右されるので、ユーザーとしても不安はつきませんよね。

う、上手くまとまらなくて、その上長くなってしまって申し訳ありません…ダラダラと…。。。
ちなみに旦那は最近の5号機を見て、「気楽だ」と言っていましたよ。今までは、人気の出そうな機種をイチ早く予想して、トップ導入することに拘り続けてきましたが、5号機の優良機種はわりと寿命も長いので、「他店で人気が出たらウチも導入すりゃいいや」と笑っていました(汗…なんじゃそりゃ、と思いましたが)。5号機は従来のストック機と同様の売り上げをあげづらく、機械代を回収しづらいので、新機種導入を焦ってボシャったらそれはもう、大変なコトになるのですが、逆にお客に受け入れられればわりと寿命が長いことは嬉しいようです。

うぅ、本当に長くなって申し訳ありません…いつもダラダラと…。
それに褒めていただいてありがとうございます、いやー、何も出ませんよ~(笑)。でも、読んで頂いて、面白いと感じてくださったり、よい暇つぶしとなってくれれば、本当に嬉しいです。趣味で書いているブログでも、受け入れてくださる方がいるのって、本当に有難いことだなぁとしみじみします。
これからも…よろしくお願いします。
長くなって、本当にごめんなさい…ダラダラと…。。。

投稿: ちゅう太toクーさん | 2006年12月12日 (火) 21時44分

どもです、じゅぁきさん。

>>笑いでスロをえらぶのはどうかと…
……つ、つまりその、やっぱり、熊酒場って笑いですよね!?
激しく笑いですよね?
もう、私、この熊画像を見たとき…膝が砕けるような思いを実感しましたよ…。なんじゃこりゃぁー、と。。。
Rioちゃんも真っ青ですね(笑)。

さてさて…ヤマサのPLAYBOYは私もドコかで見たような…。CMか何かで、クレイジーケンバンドの面々が、あのマークと一緒に出ていたような…(うろ覚え…。。)。
そろそろ、そろそろヤマサも来ましたかな???

現在稼動中で人気があるのは、そうですね、やっぱりスパイダーマンと…わりと長めのRT(AR?)がウリの怪胴王とか…それから、「逮捕しちゃうぞ」も人気らしいですよ。高設定の機械割も高いらしいですし、なんといってもキャラクターがウケるの…でしょうか、ね???
サンダーは確かに賛否両論ですが、昔のサンダーをご存知の方からも「面白い」と好評らしいですね。一昨日打ちに行ったときも、サンダーは満席でした…(その日、やたらと稼動が良かっただけかもしれませんが)。

しかし、めぞん一刻が不評なのはガッカリ…せっかく、演出面が好評だというお話なのに…
よく打ちに行くお店には導入されていないので、実際の稼動を目の当たりにはしていないものの…
四谷さん、見たかった…(笑)。

確かに5号機、たくさん出てきて盛り上がってきましたよね♪
ガッチャマンも初当たり確率は悪そうですが、今まで人気メーカーに押されてきたメーカーがあれこれ駆使しているのを見ると、ちょっと楽しくなってきます。
個人的にはハネスロをもうちょっと充実させて欲しいなぁ、なんて…。
あまり急いでもしょうがないし、きっと開発中なんでしょうけどね(笑)。

投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2006年12月12日 (火) 23時34分

初めまして、セニョールさん。いつも読んでくださって、どうもありがとうございます。

いやー、でもこの熊さん…
吹きますよね!?
旦那が「ネットからすごい5号機でるぞ!」と言うので
パンフレットを見せてもらったら…
……。。。
二人とも、大爆笑。
インパクト強すぎです。

>>はじめてなのにテンション高めの…
いえいえいえ、そんな、モウマンタイですよ♪
お気になさらないで下さいね。

熊最強、ということで、
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
コメントの公開やお返事が時たま遅れることがありますが、
お気軽に足跡を残してくださると嬉しいです。
それでは…♪


投稿: ちゅう太toセニョールさん | 2006年12月12日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ううん、泣いてないよ… | トップページ | 熊の本気 »