« ホール立ち入り検査、可能へ | トップページ | 下品な渋谷の自警団 »

2007年1月 5日 (金)

今年の初打ち

さて、私の平成十九年の初打ちは――早々と、一月二日に旦那と一緒に行ってきた。一日には正月らしく、義母やら親戚やらと挨拶交わして過ごしたのだけれど、二日には何も予定はなかった。久々に旦那も昼間の自由な時間ができて、よし早速、というわけだ。

大晦日や正月の三が日は多くのホールが営業時間を短縮していて、中には閉店時間をお客にお知らせしないところもある。私や旦那が通うホールもそんな処置をとっていて、開店時間こそ通常通りであるものの、閉店時間に対しては「随時お知らせします」なんて張り紙があって――ちょっとイヤな気分になった。パチンコはもとより、まだまだストック機が営業の主軸であるこの時期に、お客に与えられた時間が曖昧だなんて、酷すぎる。旦那は「きっとおそ松で六人見つけた客がいたら、その場で閉店だな」なんて苦笑していたけれど、とにかくホールは抜く気マンマンだったに違いない。それでも私たちが打つと決めたのは、単純にそれが昼の十二時だったからで――いくら閉店を早めてもおそらく午後六時ぐらいだろうし、六時間もあればそれなりの勝負ができると思ったからだ。

閉店時間も曖昧にするホールであれば、オール1はほぼ間違いないだろう。ひょっとしたら中間設定はあるのかもしれないけれど、設定5・6が投入されているなんて、正月早々オメデタイ状況はまずこのホールにはあり得ない。いやひょっとすると、全国ほぼ殆どのホールが高設定なんてこの時期に使わない可能性も十分に高い。5号機であれば機械代を回収する絶好の機会だし、ストック機であればいくら厳しくとも万が一の連チャンがあるわけで、わざわざ高設定なんて利用するメリットがホールにないのだ。そう、正月休みで打ちにくる客が多ければ見せ台を作る必要もないし、休みで閑散としているのであれば無駄な赤字を招きかねない。

「でも、オール1でガンバレ、ってな状況も久しぶりだよね」と私も旦那も、意味不明にワクワクしていた。確かにこれまで設定6を推測しながら立ち回ることが多くて、ようやく掴んだ設定6チックな台で負けたり、設定6という単語に振り回されながらワケのわからないドツボにハマることも決して少なくなかった。

そんなわけで、私はとにかく天井まで近い機種を探して打った。初当たりまでできれば一万、いっても二万の台、あるいはゾーンとやらにより近い台、今まさにゾーン中の台を探した。

最初に見つけたのは番長で、ノーボーナス700をちょっと超えた台だった。前日の履歴を見ると総回転数780ゲームほどで、ツブを見ても600ゲーム台でREGを放出した後、120ゲームあたりのゾーンが消化されたままのようだ。わざわざこんな台を再びリセットするとはなんとなく思えず、据え置きであればモード1・900ゲーム代のゾーンに手が届く程度の回転数だろう。よしんばリセットされていたとしても、初当たりまで二万程度だから、まぁ射程圏内というわけで、着席した。

すると970ゲームに突入したとき――いよいよ、ちっくしょーやっぱり天井かよ、とゲンナリした頃――に純ハズレ解除。青7には当選できなかったものの、赤7BIGを揃えて消化すると天国モードへ。再び赤7、その後REGと……1G連はできなかったけれども、投資分よりちょっと浮いて席を離れることができた。

持ちコインでうろうろしていると、バラエティコーナーのカイジがボーナス後400ゲームで空いていた。モードB滞在中であれば580ゲームぐらいまで回してもいいだろうし、そこまでなら持ちコインで十分足りるので着席した。程なくして運良く3枚役解除、そのBIGで巨大ざわが5回……嬉しいな、とホクホクしながらBIG7連した。

正月早々、本当に運がよくってビックリしたし、ニンマリと笑顔になってしまう。私の立ち回りが正しかったというよりも、純ハズレや小役解除によってボーナスが放出されているのだから、運以外の何物でもないだろう。うーん、今年は良い年になりそうだと三千枚流し、旦那を探してみる、と……。

と……。

ヤツは、なぜか、一体どういうわけか、秘宝伝を打っていた。
もちろん箱どころか、下皿にメダルはなく、あるのはただ千円札のみである。

「……どうして、正月早々、秘宝伝なのかなぁ?」
首を傾げながら私は尋ねた。なぜならって、オール1だねきっと、なんて言いながら私たちは入店したわけで、設定1の秘宝伝なんて誰が手を出したいと思うだろう。伝説モードに突入してしまえば一撃に期待できるけれども、そこまで到達するには一体どれほど投資しなきゃならないのかって、そんなコト考えればもう敬遠したい機種なんじゃないだろうか。鬼浜の天井狙いの方がよほど現実味があると思うのだけれど、それは好みの問題なのだろうか。
しかも、この店の秘宝伝はそれはそれは激しく裏モノっぽい挙動を示すのだ。チャンス目出現率は1/40とやたら高いくせに全く高確率ゾーンに突入しなかったり、BIG中のハズレが5回も出たのにチャンス目確率と高確突入率がやたら高かったり……通常営業でも「あまり打ちたくないね」と二人で頷きあうシマなのである。いや、勝率が全くないわけではないし、どちらにせよ勝ってしまえばよいのだから、決して打たないことが良策とも限らないのだけれど、私たちはよく判らないモノにあまり手を出したくないのだ。

「いや、その…打つ台がなかったから…」おずおずと答える旦那。
「なんでこの台なの?」
「……空いていたから……」
「この台以外に何か打った?」
「スパイダーマンと、夢夢ワールドをちょっと…」
「…………いくら負けた?」

出された指は、四本。



「四千円ってことはないよねぇ…」
「そうだね…」



………即座に強制終了させ、帰った。私もズブズブに負けるときがあって、そんなときは旦那に助けを求めたり、より一層の乱れ打ちを始めたりとしょうもないのだけれど、自分に甘く、他人に厳しくだ。そうしてしっかりヤメさせることが家計円満の秘訣となるし、新年早々二人の合計収支がマイナスだなんて、そんな幸先悪いスタートは切りたくない。自分に甘く、他人に厳しく――いいね、いいぞ、今年はコレでいってみようかなぁなんて、ちょっとほくそ笑んでしまった。うしし。

|

« ホール立ち入り検査、可能へ | トップページ | 下品な渋谷の自警団 »

コメント

あけましておめでとうございます。私はお正月はずっと仕事だったのでまだ初打ちはしていませんが…近場のホールで打てそうなのがジャグラーしかなく、挙動を見る限りキンパルやジャイパルは全て連続リセットのBIG消しを行っているホールばかりなので正直初打ちは羽根物になりそうな勢いです。私が昔行っていた志村のホールなんて翌日開店の時に閉店10分前に放送入ってましたからね…みんなブーイングもいいトコですよ。まぁ新台がチェリーverの九龍だったって時点でもう時代的に残り時間も関係ないぐらいの頃でしたけどね(ノ´∀`*)

投稿: randomaize | 2007年1月 5日 (金) 07時55分

今年もよろしくお願いします、randomaizeさん。
お正月もお仕事でしたか…お疲れ様です。あとでゆっくり連休などがとれるとよいですね。印刷や出版業って、その辺、なかなか難しいので…。。。

しかし。
ジャグラーいいじゃないですか(笑)。打っちゃいましょうよ(笑)。ダメかな…。。。ダメですよね…どのみち、低設定の可能性も高いわけですし。。。
しかしパルサー系のストック飛ばしは、いつヤられても本当にキツいですよね。しかもストックがないからって、ホールに文句言いづらい機種ですし。。。ジャイパルも、せめて内部確率やストック数だとかを改善してリリースして欲しかったです。

もう通常営業に戻っているのでしょうが、大晦日や三が日の閉店時間にはホント困っちゃいますね。。まぁ、ストック機メインの頃でなくても、「あと●●時間あるかな」なんて立ち回っていたら、いきなり閉店だとちょっと…なんだか、夢を壊された気分に。。。

そうそう、ジャグラーで思い出しましたが、アイムジャグラーがもうすぐですね。そう考えてみると、今設置されているジャグラーはおそらく抜きメインになるでしょうから、やっぱり打たない方がよいのかもしれませぬ。
……わ、私は打ってしまいそうですけど(笑)。

投稿: ちゅう太to randomaizeさん | 2007年1月 5日 (金) 13時33分

新年おめでとうございます。
ちゅう太さん勝ったのに、ダンナさんがあんなに負けてちゃ。
ホールを知り尽くしてる人が、どゆ事! ですよね~

投稿: kaki | 2007年1月 5日 (金) 20時01分

はじめまして。
去年はROMばかりしておりましたが、今年は勇気を出して書き込んでみました。

毎回「うーん」と考えさせられる文章で、楽しみにしております。
私も初打ちは、秘宝伝にやられた口で。。
チャンス目確立 600分の1 なんて引き弱とは言え初めてでした(ハハ)
いつも一人で立ち回っているものですから、ちゅう太さんのようなハドメがあったらなー。。。
などと今回の記事を読んで思ってしまいましたよ、恥ずかしながら。

なんだか取り留めの無いことを書いてしまいごめんなさい。
これからも楽しく読ませていただきます、がんばってくださいね。

投稿: こぶた | 2007年1月 5日 (金) 21時36分

今年もよろしくお願いしますね、kakiさん♪

いやー、旦那は…
ホールのこと、あまり知らないような…(汗)。。。
いやその、もちろん、経理的なこととか、
入替のもろもろとか、まぁ事務的なこととかはともかく…。

だって例えば、二日に打ちに行こうと誘ったのは旦那ですよ!?
自分で設定打つと決めて、日々設定うったり釘を叩いたり
していれば、まず打ちに行かない方がいいかな、という時期だと
思うんですけど…。。。
まぁ、久々に二人で昼間フリーに動ける日だったので、しょうがないかなとも思いましたし、オール1で立ち回るスリルっていうのも悪くないなぁ…というわけで、私も打っちゃいましたけど(笑)。しかも勝てたのは、ただの運ですけど…。。。

自分は「年末年始は絶対に打つなよ」なんて私に厳しく言うくせに、自分のこととなるとすっかり忘れているんですよね。
アホなんです…。
しょうもなく…。。。

投稿: ちゅう太to kakiさん | 2007年1月 6日 (土) 04時59分

初めまして、こぶたさん♪ いつも読んで下さっていたのですね。どうもありがとうございます。
確かにブログのコメント欄って、書き込むの勇気が要りますよね。私なんて、例えばオカメインコ関係のブログをたくさん読んでいて(自分も飼育しているので参考になるんですよ~)、中には毎日チェックしているものもあるんですが…未だに書き込めません(笑)。緊張しちゃいます。読んでいるときは色々感じているのに、いざコメントを書こうとすると、やたらドキドキしてコメントが出てこないのです…。。。

そのくせ、自分のブログにコメントを頂くととても嬉しいわけで(笑)。なので、勇気を出して頂いて感謝です。

しかし、チャンス目確率1/600って! す、すごいです…(汗)。
し、失礼ですが、もしやアチラ側の秘宝伝なのでは(笑)? もちろんノーマルでも決してありえないことではないのでしょうが…秘宝伝のような、特定役が成立しなければスタートラインに立てない機種って、運が悪いと本当に厳しいですよね…。
秘宝伝は滅多に打ちませんが、俺の空やヒデキなどをよく打っていたので、とても共感できますよ…。

うーん、どうでしょ(笑)。旦那って特別ハドメにはなっていないような…。それに、旦那とは好みの機種や立ち回りが違うので、むしろ喧嘩することもありますよ(笑)。「なんでそんなん打ってんの!?」と。パチンコ屋で喧嘩する夫婦って…なんかホント、ダメな匂いがぷんぷんしますね。あはは…。。

取り留めのない、だなんて、とんでもないです。また気が向かれたときにでも、お気軽にコメント書いて下さいね。今日の昼からコメントの確認ができなくなってしまうので、公開やお返事がちょっと遅れてしまうと思いますが…。
それから考えさせられる文章、だなんて、恐縮です。ダラダラと長くなってしまう記事ばかりで、読んで下さる方々には本当にいつも感謝しています。
これからも、よろしくお願いしますね。それでは♪

投稿: ちゅう太toこぶたさん | 2007年1月 6日 (土) 05時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホール立ち入り検査、可能へ | トップページ | 下品な渋谷の自警団 »