« 失言とヤクザとGTO | トップページ | 機動警察パトレイバー紹介vol.1~二種類のBIGボーナスと機械割~ »

2007年2月21日 (水)

スロ気分の減少と面倒なもろもろ

ここのところ全くスロットを打っていなければ、もくもくと家事を済ませてハンゲームの麻雀に興じたり、愛鳥をナデナデしたり歌を教えたり(全く覚えてくれないけれど)、あとは本を読んだりマンガを読んだり雑誌をめくったり、夜は旦那とビールを飲んだり――少なくとも以前よりは時間の過ごし方が健康的である気がする。スロットを打っていれば、パチンコ屋はどうしたって空気が悪くコンタクトは乾くし喉はヒリついて、身体に優しい環境であるとは言い難いし、当然負けることだってあるわけで、お財布事情的にもよろしくない。あるいは負けるかも、なんていったプレッシャーを感じながら立ち回るのは、意外と精神的な負担を覚えるものだ。

以前はこんなこと百も承知だったし、負けたくないというプレッシャーすらも一つの趣として、スロットを打っていた。ところがここ最近――いや、もう吉宗が撤去されてから少しずつ少しずつ心の中では進行していたことなのだけれど――いよいよ、スロットから自然と足が遠のき始めたようだ。スロットを打つ、言わばお金を賭けることへの緊張感を飛び越えられる程、のめり込むことができる機種がなくなってしまうのって、これだけ痛いことなのかと改めて思う。大好きな吉宗は昨年夏に消えてしまったし、GOGOジャグラーVも撤去されてしまった。銭形や巨人だってまぁまぁ好きだったけれど、減台されて近頃はあんまりイベント対象機種にもならない。番長や秘宝伝といった、他の4.7号機はまだまだ現役のようだけれど、特別好みでもない。唯一残るのは鬼浜で、まぁあとはジャグラーTM・ファイナルジャグラーが打てる状況にはあるのだけれど、立ち回りたい機種が限られてしまうとホール内でとても動きにくい。

5号機を色々試してみようと思うけれども、これも日々高設定が期待できるような甘い状況にあるわけではないし(少なくとも私が通っている地域では)、仮にイベントが開催されていたとしても、生活サイクルの事情で朝イチから打てる機会は滅多にない。

私の生活からスロットがどんどん消えていくわけで、しかもムリにガマンしているわけでもなくごくごく自然な流れで消えていくわけで――淋しいけれども、まぁ仕方がないし、これはこれでいいのかもしれない。もちろん、全く5号機に期待していないわけでもないし、それこそ高設定を奪取できれば少なくともストック機よりは安定した勝負が望める可能性は高いわけだし、5号機もきっと打てば好きな機種が見つかるだろう――なんてことも思うのだけれど、いかんせん、ホールまで足を運ぶモチベーションが下がっているのだ。

たとえオール設定1であろうと大好きな吉宗さえ設置されていれば、「どんなゲーム数で落ちてるかな」なんつって様子を見に行ったりするのだけれど――4.5号機の将軍様は、昨年夏に昇天してしまったわけで――好きな機種が撤去されるだけで、あるいは新機種・新規制に馴染めない状況にあるだけで、いとも簡単にスロットが生活から消えてしまうことに、少々驚きもした。これまで私は自らをスロット中毒だと思っていたし(そりゃもちろん自制心は失くさぬように努めていたけれど)、「スロット」が好きだからこそ様々な機種の好みが生まれるものだと考えていた。なので、大好きなイチ機種である吉宗やGOGOジャグラーVが撤去されても、スロットそのものに対するモチベーションは、なんのかんのと言いながらも変わらないのだろうと――そう思っていたというのに、この有様。私にとって「スロット」ってナンだったんだろうね、なんてことをモヤモヤと感じる今日この頃。

旦那も旦那で、「最近は昼過ぎから行っても勝負にならないしなー」なんつって、全く打っていない。旦那などはコンドルやビーマックスの頃から打っていて、どんなに規制が変わっても好きな機種があったし、それこそスロットが大好きだと自負していたというのに。

「なんか、最近ちょっと、違うよねぇ…」とボヤきながら、二人でビールを飲んでいたりする。

まぁ私は主婦だし、あと数年のうちには妊娠して出産して子育てしたいなぁなんてことを思い描いているので、スロットが生活から消えるのはむしろモウマンタイってやつなのだけれど、旦那は「スロットを打たないオーナーにはなりたくないんだよなぁ」と、とりわけ塞ぎこんでいる。まぁパチンコだって抱えているのだからパチンコ打ちに転向してもよいのだけれど、やっぱり自らアツくなれるのはスロットのようで、その自発的にアツくなれる感覚や瞬間を忘れたくないらしい。私は経営のことも商売のことも全くわからないけれど、この姿勢はなんとなく共感できる気がするので、なんだかしんみりしてしまう。

……って、ブログまでしんみりしてどうする。

旦那は今日、警察に『誓約書』を提出した。おそらくほぼ全国区で実施されていることなのだけれど、なんでも、風営法やら何やら様々な現行法を遵守しますとか、管轄区の警察が予告ナシに立ち入り検査することを認めますとか、ややこしいけれどとにかく厳しく、それでいて当然の内容の『誓約書』だ。そう、当然ではある。オーナーが韓国籍であろうと朝鮮籍であろうと、それこそフランスだのアメリカ籍であろうと、日本で営業する以上は日本の法律を守ってくれなきゃ話にならないし、警察の立ち入り検査だってこれから5号機が増えて裏モノの蔓延が危惧されているのだから、許可するべきなのだ。裏モノだって、規定からハズれた仕様なのだから、取締りの対象になるのは真っ当な流れだ。

「それでも、いちいち面倒だなぁ」――と旦那は苦笑する。

取り扱う景品――お菓子などの、特殊金景品以外のもの――の数も、今後は増やして、今年6月までにはウン百個にしろとか、今年一杯までにはウンウン百個にしろとか、あれこれとお達しを頂戴したらしく、「あーマジで面倒」とこれまた旦那は溜息をつく。しかし、取り締まりと言っても、言われてみれば当然の内容だし、面倒とは言っても、もっと面倒なお達しなんてきっと他の業界にもあるだろう。ただ単純にこれまで野放しであっただけに、面倒に感じてしまうのかもしれない。それでも、お役所の人間とのやりとりが増えるのはそれなりの心労はあるだろうし、景品の数だの暴力団と癒着するなだの(ちなみに暴力団追放は、パチンコ屋に対する警察の決まり文句。今時ヤクザとつるむ暴力団なんているんだろうか)――当然の内容と解っていても、いまいちピンとこないお達しばかりをわざわざ頂戴しに行く、というのは確かに面倒だ。

緊迫する北朝鮮との情勢や、国内では朝鮮総連問題など、パチンコ屋に厳しくなる事由は様々あって、特に北朝鮮との関係は重要でこれまでも何度かブログに書いたのだけれど、2011年にはカジノが建設されることも忘れてはならない。既にカジノ法案はまとまっていて、カジノ建設は決定されているわけで――なんでも復党した野田聖子議員が中心となって頑張っているらしい――これまで国内で曖昧であったギャンブルの位置づけを、2011年までにはクリアにせねばならないのだ。よってパチンコパチスロはギャンブルではなく、娯楽・ゲームであるという通念をより強化する傾向にあるのかもしれない。ギャンブルという言葉でもって御国が国民に紹介する初の対象物はカジノであって、これまでのパチンコパチスロはあくまでも"娯楽"なのだ。そういった姿勢を徹底するためにも、今後もパチンコパチスロ機種なり店なり、それらに対する規制はより細かく、営業する側やお客にとっては厳しいものとなっていくのかもしれない。

まぁ、しょうがないか――なんて思ってしまう私だが、全く淋しくないわけでもないし、旦那の好きな仕事は順調であって欲しいし――しょうがないのだけれど、ちょいと複雑な気持ちにもなる。最初からパチンコパチスロをお国の管理下にしっかり強いておけばよかったんじゃねーの、高度成長時とかバブルの時に何してたの、ってな短絡的な思いを抱かないわけでもない。……って気がつけば、最初から最後までナンだかやっぱり湿っぽい話になっている。まぁ、しょうがないわけで、つらつら書いてしまったわけで、とほほ。そういうわけでここまで読んで下さった方々、どうもありがとうございます、それではまた。

|

« 失言とヤクザとGTO | トップページ | 機動警察パトレイバー紹介vol.1~二種類のBIGボーナスと機械割~ »

コメント

カジノ・・・くだらねぇ・・・
役人や議員ってなんでこうも下らないかねぇ・・・
いや、パチンコもカジノも別にどんな位置づけ
だったとしても文句を言う筋合いはないんですが。

国がカジノやパチンコで潤うならそれでも良いんです。
あくまでも国が潤って「全額国民に還元」されればね。

要は独自の利権が欲しい、巨額のリベートが欲しいだけ。
野田とかいうおばちゃんはこれを足がかりに
黒い人脈をガッチリ握って自民党でふんぞり返りたいんで
しょうなぁ・・・

はぁ、国民のために奉仕すべき人がどう考えても
一部の人のために尽力する姿は哀れですなぁ・・・

ぱちんこはまあ、今後法律を遵守すべきというか
大人しくせざるを得ないでしょうね。
自分たちが蒔いた種ですから刈り取るのも自分(業界)でしょう。
寂しいなぁとは思うんですよね。
私もスロット大好きですから。
ただ、栄枯盛衰は世の習いでして逆らいようのない流れでしょう。
今後また盛り返すこともあるでしょう。

投稿: しげやん | 2007年2月21日 (水) 14時38分

どもです、ご無沙汰しております。しげやんさん♪
本当にお久しぶりで…。私は近頃、なんだかブログに手をつけない日々が続いたので、「ひょっとしたら…忘れられてるやも…」なんてことを心配していました。。。なので、嬉しいです! 今回の書き込み。ありがとうございます♪

パチンコ業界は大人しくせざるを得ないですよね。私もそう思います。スロットユーザーとしては寂しいし、旦那には好きな仕事が続けられる状況であって欲しいとも願うんですけど…。
どうしても複雑な気持ちになってしまうんですけど、それでも冷静に考えてみると、規制が入って厳しくなっていく状況は仕方のないことだとも思います。
逆に、これまでが無法地帯のようなものでしたしね。

カジノに関しても、建設されれば一度は記念に行ってみたいなとかアレコレ楽しみにする気持ちもあるんですが、「コレでいいのかな~」…っていう疑問もありますね…。
日本が潤って、そいでもって現在でも未来でもいいからとにかく国民に良いカタチで還元されればいいとも願うし、本当にそうなれるのであれば、やっぱりカジノ建設は必要なのだろうとも思います…が。
もっと他に、根本的に、しっかり取り組まなきゃならない問題はあるような…。
もちろん金銭ですとか、言ってみれば経済の問題ってとっても大切なことなので、この辺もおろそかにして欲しくはないんですけど、なんだかカジノ建設への取り組みって、やったら拝金的なニオイがして、ちょいと気持ち悪いです。

ちなみに、私は野田聖子さんはあまり好きじゃないです…。
郵政民営化問題で自民党を離党して選挙に出たっていうのに、「私の心は自民党!」とか言って選挙運動してましたし。
「…な、なに、ソレ…(汗)」とビックリしちゃいました。どーしてもおかしい矛盾を、自ら声を大にしてアピールして、アホなんじゃないかとすら思いました(笑)。
あんなのがカジノ委員長やってるんですよね…。。。。

投稿: ちゅう太toしげやんさん | 2007年2月22日 (木) 14時18分

忘れてなんか居ませんよ。
きっちり読み逃げさせて貰ってましたから。
ほぼ日課のようにちゅう太さんの所には寄せて貰ってます。
ただ、最近結構忙しいのです。
うれしい悲鳴なのです。
で、どこかに気合い入れたコメ書いたら他は読み逃げなんです。
ここ数日はじゅあきさんのところで力尽きちゃったりしてました

投稿: しげやん | 2007年2月22日 (木) 23時53分

>>忘れてなんか居ませんよ。
よかったです…(涙)。嬉しいです。ホッ。
読み逃げ、だなんて、いいんですよ。そんな。それに読んだからといって、あるいは相互リンクの仲だからといって、必ずコメントを残さなきゃいけないわけじゃないですし、そんな、ご無理をされないで下さい。
私も私で、コメントの公開だとか記事の更新だとか、この一ヶ月ぐらい本当にボチボチになっちゃっていたので…不安だっただけです。。。
逆にこのブログがそんな状態だったというのに、読んで下さっていてどうもありがとうございました♪

じゅぁきさんのブログ、私も覗いています♪ やっぱり色々考えさせられるものがあって、私もアレコレコメントを書こうとトライするんですけど…やたら長くなっちゃったり…自分のブログで誰かが長いコメントくれてももちろん嬉しいんですけど、いざ自分が他人様のブログにはナンだか書きづらくって…って、きっとじゅぁきさんは許してくださるんでしょうけどね(笑。そうですよね、じゅぁきさん♪)。
そんで長くなっているうちに、こんなに長くなっているんだから自分のブログにまとめた方がいい気がして、挫折して…という経験が何度かあります(笑)。

>>ただ、最近結構忙しいのです。
>>うれしい悲鳴なのです。
お仕事がきっと順調なのですね♪
それでもお体にはどうかお気をつけて下さい…。インフルエンザが流行する時期ですし、お仕事で外出したり様々な方に会う機会が多い方は、特に要注意でございます。
頑張ってください!!

私はこんなん(?笑)ですから、これからも更新が滞ったり、コメントの公開が遅れちゃったり、色々あると思うのですけど、末永くお付き合い下さると嬉しいです。宜しくお願いします。


投稿: ちゅう太toしげやんさん | 2007年2月23日 (金) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 失言とヤクザとGTO | トップページ | 機動警察パトレイバー紹介vol.1~二種類のBIGボーナスと機械割~ »