« ダンスマンと長州力と小力 | トップページ | ヒキ次第ではRTがウン十連!? JPS「ダイナマイトマン」 »

2007年2月23日 (金)

花より男子、いいねぇ

いい。いいよ、やっぱり、「花より男子」っていうか、松本潤くんと小栗旬さん。大してこのドラマに熱中して毎回観ているほどではないのだけれど、テレビをつけているときに流れる予告だとか、さっきもテレビをチラっとつけたらまさにドラマがオンエア中で、いやー、もう、この二人の男子が可愛くってしょうがない。そう、カワイイのだ。ストーリーそのものは既に漫画を読んでいるから、二人がどんな役なのか解っているし、ドラマのキャラがあってこその「いやーカワイイッ!」(←バカ)であって、特別この二人のファンであったわけではないのだけれど、まぁとにかくなんだか、カワイイのだこの二人。

かといってこの二人、もう立派な青年なのであって、「カッコイイ」と思うのが本来の愛で方なのだろうし、確かにこのドラマを離れて、例えば彼らそれぞれのプロフィール写真などを見てみれば「うーん、カッコいいのかも…しれない…」(←微妙に消極的)とは思うのだけれど、どうしてもこのドラマの役柄・キャラクターってのが良くも悪くも色眼鏡になってしまって、「カワイイ」になってしまうのだ。だって、高校生ぐらいの男子が真面目に恋愛して、躍起になっちゃってるわけで、その姿ってそりゃぁもう、ホント、カワイすぎて、ほんの僅かな予告編だけでしっかりとパワー(女性ホルモン)を貰っちゃっているのだ、私は。

……まぁそんなこんなで、「花より男子」のテレビ版はマトモに観ていないのだけれど(それはドラマの出来の問題ではなくて、私が単純にあんまり連続ドラマをチェックしない性質なだけなのだけれど)、漫画原作は漫画喫茶でしっかり読破した。私が中学生の頃にはとっくに連載が始まっていた覚えがある。掲載されていた少女漫画誌「マーガレット」もクラスの女子の間ではわりと人気があって、こっそり回し読みなんかもされていた。それでも、漫画はやっぱり、なるべくコミックスでまとめてガッツリ、最初から最後まで揃った状態で読みたいと思っていた私は当時、手に取ることはなく――結局、「花より男子」を読んだのは、連載が終わったことと、その作品の存在を思い出した頃で、大学生活を残すところあと一年という時分になってしまった。

面白かった。漫画も漫画、しかも少女漫画という世界であるだけに、突拍子もない設定と人物像だらけだったし、コマ割もネームの数もなんだかスカスカで、"漫画"としてどこまで完成されているかと問われると閉口してしまう部分はあるのだけれど、ここぞという時にキメるヒーロー像であるとか、ややこしい状況にメゲたり立ち向かったりするヒロインの姿であるとか、少女漫画としてのツボはしっかり押さえられた作品で、よかった。

特に"財閥"というドデカい家の御曹司と、彼氏彼女の関係になりつつある中、彼の母に咎められマトモな交際を育むことができず――そういうことって今でも絶対に現実にあるのだけれど、例えば家柄であるとか、所有している財産であるとか、少なくとも今すぐに自分では解決できないことを、他人にならまだしも、好きな相手の親に責められるというのは本当に辛いことだ。悲しくもなる。その辺の具合が、まぁ少女漫画なのでやっぱり展開にリアリティーはないのだけれど、それでも読者の共感を誘うカタチでよく描けていた。このヒロイン、一度か二度、逃げるのである。

随分前に読んだのでウロ覚えなのだけれど、諸事情によってヒロインが御曹司である相手の家に居候することになってしばらくして、彼の母親が外国から突然帰宅する。「見つかったらヤバい」と、コソコソコソコソ…荷物をまとめて、逃げるのだ。従来のオトメ道まっしぐらな漫画であれば、ここは一つ、逃げることなしに毅然とした態度で、彼の母に対峙するところだろうし、それまでのヒロインの姿も活発で言いたいことはビシっと言う小気味良いものだったので、てっきりそうするモノだと思わせたのだが――しっかり、逃げた。この他にも「もうムリ」と彼女が弱音を吐くシーンはわりとあって、ソコがよかった。どんなに元気でプラス思考で根性のある女性であっても、それほどの状況になったら逃げたくなってしまうわけで、その辺がきちんと描かれている点に非常に好感が持てた。しかもその逃げ方が、これまたみっともないのもよかった。

誰だって、リアルに同じ状況にあったら絶対にムリだと思うはずで、「いやいや愛さえあれば…」とか何とか言って――「互いの気持ちさえあれば、絶対に大丈夫」と信じてなんかいられない。気持ちなんかあってもカネも家柄もないわけだし、カネと家柄を埋めるのは決して互いの気持ちじゃないのが現実だ。この現実を掲げるのが他の誰でもなく相手の母親だというのは、本当にキツい状況なのだけれど、より一層改めて現実の厳しさと直面するのであって――「あぁこりゃ、絶対ムリだ」と諦めた方がいっそのこと良いと殆どの方が思うだろう。ここでやっぱり「気持ちさえあれば」だなんて思える方は、よほど強い方なのか、あるいはそれでもなお現実を体感できない不感症なのか、どちらかだ。

じゃぁ結局ムリなんじゃん、……と思いきや、そうでもない。カネと家柄なんて、互いの気持ちだけでは埋められないのだけれど、例えば周囲の方々の温情や親切、気遣いによって何とかなる。友人なり、相手の家族親戚の誰かなり、自らの親であったりと、様々な周囲の存在が、それぞれ手を差し伸べてくれることがあるのだ。その親切が故意であるのか偶然なのか、色々ケースはあるのだけれど、結果的に周囲の方々が助けてくれるカタチとなって――カネと家柄を超えることができる、と思うし、「花より男子」はそういうストーリーだったように記憶している。

大切なことは、互いの気持ちや関係だけではなく、周囲にどれだけ良き理解者がいてくれるか、あるいはそんな人間関係を形作れるか――恋愛のような個人の利己的な感情を支えるのは、自分だけでもなく相手だけでもないということ。もちろん当事者同士の気持ちが一番重要で、コレがなきゃ始まらないのだけれど、その後を支えてくれているのは意外と自分たちだけでもない。周囲の優しい方々のお陰でもあるわけで、そんな環境にあることにたまには感謝しよう。そういうわけで、私は自分の親と旦那と旦那の母への感謝を忘れちゃならないなぁ、と思った。普段何気なく暮らしているとつい、忘れてしまう。

それはさておき、松本潤くんと、小栗旬さん、カワイすぎてもう、メロメロだ。なぜ松本潤「くん」で、小栗旬「さん」なのかは、自分でもワケがわからないが、とにかくカワイイ。いいなぁ。その辺、歩いててくれないかな。歩いてたら、遠くからそっと見つめてホクホクしたいなぁ……なんてポワンとしてたら、旦那が今「オレ小栗旬に似てるじゃん」とか言っているので、とりあえず殴っておく。

|

« ダンスマンと長州力と小力 | トップページ | ヒキ次第ではRTがウン十連!? JPS「ダイナマイトマン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダンスマンと長州力と小力 | トップページ | ヒキ次第ではRTがウン十連!? JPS「ダイナマイトマン」 »