« 機動警察パトレイバー紹介vol.1~二種類のBIGボーナスと機械割~ | トップページ | ダンスマンと長州力と小力 »

2007年2月21日 (水)

機動警察パトレイバー紹介vol.2~けっこうアツそうなRT~

アビリットより今年5月13日発売予定の5号機、「機動警察パトレイバー」のご紹介を続けよう。と言っても、ものすごく詳しい解析数値を知っているわけではないので、大体のゲームの流れや演出をご説明するばかりになってしまうのだけれど、よろしければご覧になって下さいまし、皆様――ちなみに、ボーナス確率や機械割、ボーナス中の打ち方もろもろの話はコチラにまとめてあるので、これまたよろしければどうぞ。

そういや、本機は5号機であると言うのに、先ほどは大切なことを書き忘れていた。重複フラグの種類である。

本機の重複フラグは、「チェリー」「ベル」「スイカ」の、基本的に三種類なのだけれど、チェリーは上・下段チェリーと中段チェリーの二つに分かれる。とりわけ中でも「中段チェリー」成立時は、ボーナス同時成立の期待がやたら高いらしく、いわゆる激アツ小役だ。

●わりとアツい(と思う)25ゲーム間のRT

スイカが成立するとRT(リプレイタイム)に突入する。しかし、スイカが成立した際は必ずなのかどうか未だハッキリ確認できていないので、この辺はご注意して頂きたい。ちなみにRT突入役としてはもう一つ、「スイカ・ブランク図柄・スイカ揃い」があり、コチラが成立した際は必ずRTが発動するようだ。

つまり――本機のRTは、ボーナス後必ず突入するタイプではなく、通常ゲーム時の抽選を経て突入する仕組となっている。ゲーム数は固定されており、25ゲーム。この間、おそらくストーリー上最大の敵と思われる、グリフォンと戦い、見事勝利し「任務完了」するとボーナスとなる。

特にスイカはボーナスとの重複フラグにもなっているので、RTに突入するとボーナス成立の期待感が高まるだろう。この間の演出パターンも実に多様らしく、キャラのカットインなどでボーナス成立期待度が知らされるようだ。

そして、RTを経て揃えることができるボーナスがBIGだった場合、スーパーBIG確定だという。ストーリー上、重要な敵キャラとの演出と絡んだBIGがよもやのノーマルでガックリ…なんてことはないわけで、どうなのだろう、この辺、ファンの方にとっては嬉しい仕様なのではないだろうかと思う。こういうちょっとした趣向を目にすると、なんだか吉宗のプレミア演出は全てBIG確定にして欲しかったなぁと、今更ムダでそれでいていらんことを考えてしまうのだけれど、いかがだろう。

●演出をちょこっとご紹介

通常時は「草むしりステージ」と「オフィスステージ」の2パターンが存在する。

Patotujouji1Patotujouji2_1 

そしてバトルに突入することもあるわけで――相手はブロッケン、クラブマン、X10の三人で、つまりバトル演出は3種類。

Patobattle1

Patobattle2

……うーむ、やはりモトのストーリーを知らないと、この辺全く言及できなくて、物足りない。

あれこれと検索してみると、「機動警察パトレイバー」はとても興味深い作品だ。漫画原作、アニメに劇場映画、ノベライズと様々あるようだけれど、基本的にどれも当時の世相が――PKO法案、破防法、大地震など――細やかに盛り込まれているようだ。また当時にとっての「未来」――作品が発表された頃は80年代後半ということなので、この「未来」も既に過去の90年代後半なのだけれど――に対し、かなり示唆的な内容も多々あるようで、2007年の現在となっては、90年代を振り返るにあたってのよき手引書と言ってもよいのかもしれない。それでいて、近未来的なSF作品としてのエンターテインメント性も優れているらしい(そもそも、その辺が突出していなければヒットしないだろう)。世の中を映す鏡として、あるいは純然たる娯楽としてなど、あらゆる面で創作物としての完成度はきっと高いものなのだろうな、……なんて印象を受けた。

そんなわけで、本機の演出が上手いことファンの方のツボにハマるような仕様であって欲しいとも願う。きっと原作がステキな作品であったと思うし、おそらく週末に私は漫画喫茶に行くだろうし――ただ申し訳ないけれど、今の段階では、ファンの方々の期待通りの仕上がりであるのか、そうでないのか、何とも言えない。

それでも、ゲーム性は決して悪くないことはわかる。目押しがヘタであることを棚に上げて言うが、個人的には、こういった目押し技術が必要とされ、それによって損得の差が分かれるタイプは好きだし、実際に自分が打てるかわからないけれどもこういった機種が存在してくれることに、一つの意味はあるだろう。もちろん、目押しに慣れている方やきちんとした技術のある方々にとっては大して難しくもないのだろうけど、本機は5号機にしては目押しをしなきゃならない瞬間がわりと多いし、むしろここまでヤっちゃったかとも思うくらい、スロットの基本的なゲーム性である「目押し」に力が注がれている感がある。どうせなら技術介入時と適当打ち時の機械割の差がもっと大きければいいのに、なんてことも思うけれど、やはりこういった姿勢はとても好ましい。

発売時期が4.7号機撤去を目前とした5月半ばであること、また人気作品とのタイアップマシンであることを考慮すると、おそらく多くのホールに導入されるんじゃないかな、なんて私は予想している(その頃発売される他機種によっても異なるだろうけれど)。果たして、一体どれだけの方に、このゲーム性が受け入れられるか――全く楽観的ではいられないけれど、とりあえず発売を心待ちにしたい。

|

« 機動警察パトレイバー紹介vol.1~二種類のBIGボーナスと機械割~ | トップページ | ダンスマンと長州力と小力 »

コメント

お、前兆/ガセ前兆RT な台なんですね。

5号機は成立即放出モノばかりで、熱い連続演出を堪能できないのが
物足りない部分ですから、こういう台増えてほしいですね。

投稿: チビ太郎 | 2007年2月22日 (木) 10時28分

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
顔文字の2chから選んでみました^^;;。

いや~、やばいです・・・。
この解説で打ちたくなってしまいます。
写真の絵を見る限りアニメに近い絵ですから、それはそれでたまりません(笑)。

原作に関しては、ロボットものという枠でとらえられがちですが、ガンダムとも違い、エヴァとは比べ物にならないくらいのリアリティです。
どちらかというと近未来の歴史物に近いでしょうか?

そこには思想だったり、現状の中での対応だったり、主人公の成長物語だったり・・・。
もう読んでみていただくしか・・・、それ以外に言葉はいらないと思います。

当時はサンデーで読んでまして、その後愛蔵版で買い集めました。
後はアニメは最初みてなかったんです。
絵のタッチが原作と若干違うのと、ストーリーもいじってあると聞いたので。

ところが後から見たら、それはそれとして完成度高くってビックリ。
もとの世界観を忠実に、新たな構成で作られていました。

個人的にはこのマンガは絶対子供に読ませたいと思っています。
いくつか子供に読ませたいマンガってあるのですが、その中でもトップクラスです(笑)。
ロボットマンガやアニメという観点でみてませんから^^;;。

突RTや目押しという観点、また演出も読む限り期待がもてそうだし、特にグリフォンとの最終決戦がRTという趣向はファンにはたまらない垂涎ものですよ!!

どうしよう・・・、朝から一日打ちに行きたいが・・・。
時間と予算はない(>_<)。
GW明けは休めない。子供のために休むから・・・。
6月に期待しよう!

投稿: じゅぁき | 2007年2月22日 (木) 12時09分

どもです、チビ太郎さん!
そうですよね、確かに5号機って、「前兆っぽい演出」を楽しめない仕様なんですよね。
私なんかは、「もうストック機みたいに演出なんて楽しめないんだから、いっそのこと失くしちゃえばいいのに」(笑)なんて思っていたんですけど。
RTをこういった仕様にすることによって、わりとワクワクできるようになるんですよね♪ うーん、やっぱりスゴイですね、パトレイバーというか、アビリットというか…。

ところで、最近全く打ってませんよー…。ジャグラーがある限りは頑張ろうと思ってはいるんですけど、GOGOジャグラーVはもう撤去されちゃってますし(涙)。。。。

投稿: ちゅう太toチビ太郎さん | 2007年2月22日 (木) 14時23分

よかったです! じゅぁきさんに早速読んで頂きたかったので、嬉しいです♪ やっぱり好きなモノがスロットにタイアップされると、とにかく気になりますよね。私も北斗のときそうでした。
パトレイバーの原作は、結構興味がソソられたので、今度絶対に読んでみようと思ってます。
こう言っちゃナンなんですが、これまであまりロボットが出てくる漫画・アニメ・映画ってちょいと敬遠気味だったんですよ…(宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999みたいなSFは好きなんですけど、そうですね、例えばスターウォーズも苦手でした)。それでも絶対に読むぞー、とヤル気マンマンです、私(笑)。

子供に読ませたい漫画や作品って色々ありますよね。私はまだ子供がいませんが、そういうのアレコレ夢想しちゃいます(笑)。
そうだなぁ、私が子供に読ませたい漫画は…うーん、やっぱり北斗の拳とか、火の鳥とか…ゲゲゲの鬼太郎もいいですね(爆)。本当に、色々あるんですよね。

>>特にグリフォンとの最終決戦がRTという趣向はファンにはたまらない…
おぉ~!そうでしたか♪ きっとこの機種を製作した方々もパトレイバーがお好きなのでしょうね(まだ全ての演出や解析がわかっているわけではないので、断言はしづらいんですけど)。
製作者の作品に対する愛情が伝わってくる機種って、ファンとしては嬉しいし、スロットマシン的にも良いゲーム性に仕上がっていることが多いイメージがあります。例えば初代北斗ですとか。
きっと、良い仕上がりになっているんじゃないかな、と期待させられますね。

5月中旬発売ということで…。
ホールの状況にもよりますが、少なくとも6月中には4.7号機の殆どをハズさなきゃならないので…ひょっとしたら、6月に導入するホールもあるかもしれませんね。
とりあえず、今のところトップ導入条件が4台なんですけど、4台なんてドコのホールでも対応できるでしょうし。それから、スロ原人を買ったホールは値引きされるので、スロ原人があるホールには導入される期待大!…ですよね、きっと(笑)。


投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2007年2月22日 (木) 14時40分

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=148516

こんなの見せられたらやりたくなっちゃうじゃないですか!!
というか、これは正当な画像なのだろうか?・・・。
きっと大丈夫なんですよね?(笑)。

>スターウォーズも苦手でした
私も苦手です^^;;。

これを見る限り楽しみです。
予算は今から貯めよう^^;;。

投稿: じゅぁき | 2007年2月22日 (木) 17時08分

多分これ、メーカーさんが配っているCD-ROMの内容だと思うんですけど…
やっぱり面白そうですよね~♪
私などは目押しがヘタなので、きちんと打てるか怖いんですけど、気になる機種です。

>>予算は今から貯めよう^^;;。
5号機と言えど、負けちゃうと意外と派手な金額いっちゃったりしますもんね…私などもソレが怖いのもあって、あまり手を出してません。数万円使うのであれば、ストック機に使った方がまだマシかなぁ、なんてコトも思ったりします。

そうそう、確か、パトレイバーの千円あたりの平均G数は、33~35ゲームあたりだとか。。。普通よりちょいと回るみたいですね。

投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2007年2月22日 (木) 22時15分

今はジャックと島唄がメインです。ドゴン&キュインですね。
なんだかんだで打てる台ってあるもんだなと今のところ思ってます。


で、アクアビーナスが「リプ連があつい」台なので、
それに演出つけたせば前兆/ガセ前兆RT 自体はアイディアとしては持っていた
し他の人もネットで書いたりしてました。

妄想もいっぱいしましたね。
ベースはジャックと豆の木で、前兆RT/ガセ前兆RTを付ける。

単独松の5%、RTつきBIG重複の松の50%で32Gの鷹狩りRT、
それ以外はRTなしBIG 引いた場合も32G高確RTかな、とか。

単チェリーは重複確定に決まってると。
1~4GのRTも欲しいしチェリー重複なら長いRTいらないなとか。

チャンス目は1枚役こぼし目として存在して、
松テンパイハズレで止まる。演出はチェリー重複と一緒でいいなとか。

その他のBIG成立時は90%でシャッター閉じRTで10%で鷹狩りRTとかかな、とか
高確や鷹狩りないRTってのはなくてもいいかなとか。

32G RT演出で「おっ」とか言われたのに、通常画面戻ってもRT続いて
放出しちゃうこととかあって、それが多いと高設定濃厚なのがいいなとか。

RTが0Gか300Gか2000G かは事前にはわからなくて、
やらなくてもボーナス消化すればどのRTかはわかるんだけど、
バケの音楽のときはRTなし確定でもいいかなとか。

2000G だったらボーナス中にキーンって鳴るのがいいなとか、
おみくじで RT300/RT2000 を告知するのもいいなとか、
ジャキンいったら青7(通常時は小役じゃない図柄)狙って
シングルラインで揃ったら300G, ダブルラインで2000G ってことでどうよ?とか。


大都の5号機にも期待してます。

投稿: チビ太郎 | 2007年2月23日 (金) 15時37分

どもです、チビ太郎さん~! こういう妄想って本当に面白いですよね。私と旦那もよく「こういう台あったらいいのに」とかなんとか言って、二人でモヤモヤと妄想していることが多々ありますよ。

>>前兆RT/ガセ前兆RTを付ける…
ガセ前兆RTってところがいいですね♪ そうそう、5号機の演出にドキドキすることってなかなかありませんし。まぁそれはそれでいいんですけど、やっぱりストック機を打ちなれた我々クラス(?笑)、こういうのがあるとアツくなれるわけで。。

んで、何よりお気に入りなのが(笑)。

>>チャンス目は1枚役こぼし目として存在して、
>>松テンパイハズレで止まる。

…コレです!

ね~、コレって大切ですよね~…って、単純に吉宗のチャンス目だとかリール制御もろもろが好きだったからなんですが。
5号機にもぜひぜひ踏襲されてほしいなぁと、切に願っているのです。やっぱり5号機って4号機とリール配列が違うから、まぁ目押しがヘタな私でも、未だに打っていて違和感を覚えちゃうんです。
まぁ他の機種なら「しょーがないか」と諦めもつくんですけど。
大好きだった吉宗にはそうあって欲しくはありません(笑)。

>>2000G だったらボーナス中にキーンって鳴るのがいいなとか、……
こういうのもいいですよね。っていうか、こういう瞬間のために「キーン」はあるんですよね。
姫のおみくじもいいなぁ~。んで、RT0だったら、「ひっひっひ…」(笑)。

なんだかもう、どれもこれも、本当にチビ太郎さんならではの吉宗への愛情が伝わってきて、読んでいてあったかくなりました。私もやっぱり吉宗が大好きだったし、とても頷けるものばかりで…(単チェリーはボーナス確定とか)。

こういう気持ちで5号機吉宗を待ち望んでいる気持ちが、報われるというか、伝わるといいなぁ、なんて思います。
個人的には、うーん…イートレック社との契約をきった後の大都って、イマイチなんです(笑)。秘宝伝も、あの時期に発売されるのでなければ(あるいは5号機規制なんてものがなければ)、絶対に売れない機種でしたでしょうし。あんまり作りこまれた感がなくって…。今年6月に発売される予定の5号機シェイクも、「ヤバイ」らしいですし。まぁコレはあくまでも前評判ですけど。
吉宗は名機でしたし、5号機版でもぜひぜひ名機であって欲しいなぁ…なんて、まぁ自分勝手なんですけど、いちファンとして切実に願っていますよ…。


投稿: ちゅう太toチビ太郎さん | 2007年2月23日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 機動警察パトレイバー紹介vol.1~二種類のBIGボーナスと機械割~ | トップページ | ダンスマンと長州力と小力 »