« ホントに一撃5000枚イケる・JPS「アストロ球団」 | トップページ | 大都技研「SHAKE」~最強の液晶と音楽~ »

2007年3月28日 (水)

JPS「アストロ球団」のまとめ

先日書いたJPSより5月6日に発売される新機種、「アストロ球団」の詳細だけれど、我ながらやたらと読みづらいし、補足説明もあるのでもう一度まとめておこうと思う。やっぱり、酔っ払ってスロットの機種説明をするのはよろしくない。反省。

アストロ球団ボーナス確率&機械割

設定

BIG

CT

合成

機械割

1

1/425

1/1424

1/327

96.2~98.9%

2

1/409

1/1424

1/318

99.3~102.5%

3

1/339

1/819

1/240

102~105.7%

4

1/289

1/1092

1/229

105.9~109.7%

5

1/277

1/668

1/196

109.5~113.6%

6

1/277

1/668

1/196

110.1~112.6%

●BIG…純増枚数およそ260枚
●CT…純増枚数およそ51枚
●コイン単価…約2.6円
●重複フラグ…チェリー・5枚役
●5号機のクセに複雑な仕様(ムカつく)

<補足>

千円あたりの平均ゲーム数は約37ゲームと発表されているらしい。しかし、本機は「72ゲームごとにRTへ突入する」という特性があるため、それを加味した上での平均ゲーム数であることに注意。つまり、通常時の千円あたりの平均ゲーム数はこれよりもさらに低めである。

●CTについて…CT中は、左リールが即停止してしまうのだが、このとき左リールに「赤7」「A」「BAR」図柄いずれかを狙うと15枚獲得できる。

<通常時の打ち方など>

リールのどこを狙っても全ての小役をフォローできないので、基本的には左リールにいずれかのチェリーを狙いつつ打ち進めるのが無難のようだ。また、筐体上部の「パラメーター」がチェリー以外の小役をナビしてくれる。ただ、小役成立時にパラメーターナビが”必ず”発生するものなのかどうかは不明である。

●パラメーターナビ…オレンジ(心)・水色(速)・黄色(体)・赤(力)・緑(技)なる5種類のランプが、各小役に対応している。

オレンジ→5枚役。A・ユニフォーム・ユニフォーム

水色→リプレイ

黄色→赤7orAorBAR・ベル・ベル

赤→赤7・ユニフォーム・ユニフォーム

緑→BAR・ユニフォーム・ユニフォーム

さらに、点灯しているパラメーターランプに対応した小役を獲得すると、演出上ではアストロ球団の”ヒット”となる。例えば、水色のパラメーターランプが2つ点灯している際、リプレイが成立すると”2塁打”にカウントされるなど、ランプの点灯数によって何塁打か決定するようだ。こうして”ヒット”を打ち続け、アストロ球団が相手球団に10点差以上をつけると、チェリー以外の小役が完全ナビされるようになる。

さらに、35点差以上をつけると、激アツのロングRTであるアストロタイム突入が確定する。

72ゲームごとに突入する通常RT>

●1ゲームあたりの純増枚数…不明

●終了条件…チェリー停止時。ハズして継続させることも可能。しかし、本機のチェリーは「緑・オレンジ・赤」の三種類が存在し、成立したチェリーを当てるには超能力が必須と思われる。

さらに、この「通常RT」には①低確RT、②高確RTの二種類が存在する。どちらも終了条件はチェリー停止時らしい。

②の高確RTにのみアストロタイム突入チャンスである、「アストロチャンス」が発動する。つまり、アストロチャンス発動=高確RT確定となる。

※補足アストロチャンス発動頻度(≒高確RT突入頻度?)の具体的な数値は未確認だが、「終日打って10回突入するか否か」程度だとウワサされている。また、この発動頻度に設定差があるのかどうかも未確認。

<アストロチャンス>

高確RT中にのみ発動する演出。このとき三種類ある5枚役(「赤7orAorBAR・ユニフォーム・ユニフォーム」)のうち、いずれかが成立しているので、左リールに停止する図柄を当てると「アストロタイム」突入が確定する。アストロタイムは最低でも500枚、最高で一撃5000枚を純増させるロングRTで、今後の出玉展開を大きく左右する機能であるため、その突入抽選である「アストロチャンス」はまさに手に汗を握る瞬間だろう。

<アストロタイム>

前述したように、ロングRT。1ゲームあたりの純増枚数は不明。

●突入契機…「アストロチャンス」クリア時・小役ヒットによる相手球団との点差35点

●終了条件…チェリー停止時、規定差枚数到達時

●通常RTとは異なり、完全アシストナビが発動するため、3種類あるチェリー・5枚役の取りこぼしは基本的に防げる。また、チェリーハズシもこれによって可能となる。

他機種のRTとは異なり、サブ基板で「規定差枚数」なるものを管理している。振り分けられた規定差枚数(ボーナスによる払い出し枚数も含む)に達しない限り、アストロタイムは継続する。

つまり、チェリーが停止しようとボーナスが成立しようと、規定差枚数が払い出しされていなければアストロタイムそのものは継続し続けるのだが、これらが成立した際、一旦通常画面に戻るので注意。通常画面に戻り、72ゲーム消化後に再びアストロタイムに突入する流れとなっている。チェリー停止あるいはボーナス成立によるアストロタイム終了時は、即ヤメNGであるといってもよいだろう。

規定差枚数は500枚から振り分けられるため、アストロタイム突入で最低でも500枚獲得が可能。また、平均規定差枚数は2000枚、最大5000枚となっているため、大量獲得にかなりの期待が持てる。この規定差枚数振り分けに設定差が存在するか否かは未確認。

…少なくとも、前回のモノよりは読みやすくなっていると思う。現役スロッターの方へ、何かしらのご参考にでもなることを願う。どうしても吉宗が忘れられない私は、もう当分の間スロットに触れることはないだろうけれども、スロットそのものの話題は興味もあるし好きでもあるし、そういったモノをアップして現役スロッターの方へ何かしらのお役に立てれば本当に嬉しい。

|

« ホントに一撃5000枚イケる・JPS「アストロ球団」 | トップページ | 大都技研「SHAKE」~最強の液晶と音楽~ »

コメント

はじめまして。
フラフラと辿り着いてなんとなく読ませてもらいました。
複雑すぎてよく分かりませんが、久々に打ち応えのある機械みたいですね!!
機械割りも技術介入を織り交ぜるとずいぶん違うようですね。
ホールに入ってることを楽しみにして待ちます!!

投稿: ゆうき☆ | 2007年3月28日 (水) 16時24分

はじめまして、ご来訪&初コメント、どうもありがとうございます♪

>>複雑すぎてよく分かりませんが…
す、すみません、私も上手くまとめられなくて…(涙)。もうほんと、5号機って今までボーナス確率とRTのゲーム数をフォローしておけば問題なかったのに、アストロチャンスだとかアストロタイムだとか低確とか高確とか、もう、ゴチャゴチャで。。。

でも確かに、打ちごたえがあることは間違いありません。
機械割も高めですし、アストロタイムの破壊力は相当なものだと思います。4号機に比べて瞬発力に欠けるとは思いますが、その分安定した勝負に挑める可能性もありますしね。

ゴールデンウィークが終わる頃の発売なので、まだちょいと先ですが、待ち遠しい機種ですよね。

投稿: ちゅう太toゆうき☆さん | 2007年3月28日 (水) 20時25分

物凄わかりやすくなってます^^;;。
一部不明だったところも書き加えられているので、後は実際の数値ですね!

しかし、思い切ったことしますねぇ・・・。
結局またサブ基盤制御ですか。

獣王が初めて? いやたぶんその前から多少はあったんでしょうが、思い切ってやったATは獣王で、これがサブ基盤でボタンをとめる順序の管理してたんですよね、確か。
あれって演出なんですよ(笑)。

差枚数管理と言う事はかなりの時間を要しますね。
朝から打たないとダメかもしれないです(笑)。

一つだけいえる事は、過去のATマシーンで唯一出たのが伝説のGODのみ。
後は全くと言っていいほど単発か引いた事ない。
あっ、オリンピアのエジプト風のがでたか。

というわけで、とてもとてもアストロタイムを引けそうにないので、やめておこうと思います(笑)。

投稿: じゅぁき | 2007年3月29日 (木) 09時18分

どもどもです。じゅぁきさん。
わかりやすくなってると仰って頂けて、よかったです(ほっ)。
前日のものを読み返したら、我ながら何を書いているのかサッパリだったので…(笑)…反省しました。。。

そうそう、サブ基板なのですよ。
難しいこと私はよくわからんのですが、なんだかスゴそうなのですよ♪

>>獣王で、これがサブ基盤でボタンをとめる順序の管理してた…
そ、そうだったんですか! ひょえ~。
他のAT機もサブ基板で押し順管理してたんでしょうか?
AT機ってそういう仕組になっていたんですね。
っていうか、サブ基板ってそういう役割も担っていたんですね。
感心、感心(偉そう)。

>>差枚数管理と言う事はかなりの時間を要しますね。
そうですよね…
特に5号機ですし、ボーナス枚数も少ないですし…
高設定はともかく、低設定の初当たり確率悪いですし…
アストロタイムのみで、例えば平均の2000枚って、かなり時間がかかりそうですね。

朝から打たないとダメかもしれませんね、本当に。特に高設定を打って、ある程度の結果を出すためには相当の時間が必要ですよね。
って、殆どの5号機がそうなんですよね(汗)。。。だからもう、私は隠居しようと思いまして(爆)。
寂しいですけど。

過去のAT機は、スロットを打ち始めたビギナーズラックも手伝って、美味しい思いをたくさん(といっても数回ですが)させてもらいました。うぅ、本当に懐かしい思い出です。
一ヶ月でビックリするぐらい勝ちましたし、そんなお金を自分で手にしたことがなかったから、ちょっと怖くもなったり…。
ちなみに、引越ししましたよ、そのお金で。
なので完全にムダにしたわけではないと思いたいのですが、
その後あまったお金も何もかも…スロット台に吸い込まれていきましたよ…。
授業料とられました、結局。。はぁ。

私ってば、結局負け話になっちゃうな…。

投稿: ちゅう太toじゅぁきさん | 2007年3月29日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホントに一撃5000枚イケる・JPS「アストロ球団」 | トップページ | 大都技研「SHAKE」~最強の液晶と音楽~ »