« 2007年5月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年6月16日 (土)

空を見上げりゃ空にあり

なんだか世の中は年金問題で騒がしいし、朝鮮総連本部の土地が元公安の人間に売却されていたことも気になる。何かのアンケートでは世の大半の方々がこれから物価が上がることを懸念しているらしいし、実際私もそう思ってどんよりしているし、それでいて例年より梅雨入りが遅いとかやっぱり地球温暖化だとかで、漠然と「この先どうなっちゃうのかなぁ」とまるで自分が霧の中にいるような、そんな気分になる。

あぁ全く、近頃つくづく思うのだが私ってば主にテレビで、つまらない情報ばっかり相手にしている。いつの間にかフジテレビ「トリビアの泉」は終了していたけれど、テレビを観ていても「へぇ~」「ふぅ~ん」どころか、「あぁー」と首を垂れてしまうような、ガックリきちゃうような、そんな話題ばっかりで、何となく気分は萎れてしまう。旦那はバラエティー番組が大好きで彼が居間にいる際は、お笑い芸人や司会者の発言がやたら賑やかに響いているのだけれど、テレビ局っていう躁うつ病の患者の躁状態を見せつけられているだけのようで、いまいち笑えない。「ぐふふふ」という旦那の不気味な笑い声に吹き出すことはあるものの、まぁとにかく、腰を痛めてからテレビと向かい合うことが多くて私もその生活に慣れきっていたけれど、私にテレビは向いていない。改めて、なるべく観るのはヤメようと思う今日この頃だ。

――なんて、どんよりムードな書き出しになってしまったけれど、特に気分が沈んでいるわけでもない。いや、疲れてはいるのだ。五月はやたらと気分を害する出来事が多かったし、ネチっこい自分は未だにそれらを引きずっているし、そんな自分に参っちゃうこともある。愛鳥はお陰さまですこぶる元気だけれど、陽気が取り得な旦那も5号機問題で塞ぎ込む日もあったし、心配だけれど私には何の力もないし、これまた参っちゃうわけだ。極めつけはギックリ腰に、今日に至ってはお茶を入れる際、左手の中指と薬指に軽く火傷を負ってしまった。あぁ全くどれだけツいていないのだろう。

ツいてない?――これもまた、特にツいていないわけではないのだ。五月にパチンコを打って以来、週に二度ほどピンクレディーを打ちにパチンコ屋へ足を運んでいるわけだが、二千円や三千円でスルスルと当たってアホみたいに連チャンしてくれるという、これがまた気持ちのいいくらい快勝で、まるで遠隔でもされてるんじゃないかと苦笑してしまうほどだ。ひょっとしたら、参っていた私をパチンコ屋が歓迎してくれているのかもしれない。

五月はつくづく、やんなっちゃうことが続いた。精神的にモヤモヤしてしまった出来事を一つ、挙げてみよう…なんて偉そうなクチを利いているけれど、とどのつまり愚痴である。

大学時代に在籍していたサークルのOB会なんてものがあったわけだが――コレは毎年のことで、とりあえず歴史だけは古いことがウリのサークルだから、定年も近い自分の父親ほどの年齢の人間から、今年入学したての一年生まで幅広く集まって、親睦を深める…という和気藹々とした会である。しかし実質的には、現在大学三年生ぐらいのこれから就職活動に入りつつある学生たちが、様々な業界に散らばっているOB連中に顔を売るという役割の方が強い。まぁ、既に結婚して主婦となった私には場違いなモノなのかもしれないが、それでも同じ時間を過ごした同期や先輩後輩、仲良くしてもらったOBたちと親しく話せる数少ない機会であるから参加するわけで、やっぱり親睦会は親睦会なわけである。

ちなみにウチの大学は、そこそこ名の知れた大学で、自分は入学するために受験勉強に励んだし、合格したことは実に嬉しく、それでいてどっぷり受験勉強に浸かれる環境を作ってくれた両親にとても感謝している(むろん両親には授業料などを支払ってくれたことにも感謝しているし、学問的には如何に何を学んだかがひどく重要なのだけれど、今のところ国内の大学は入学するために頑張らねばならないのでこういう表現が妥当だと思っている)。そんなわけで、と言ってもそれだけの理由ではないのだけれど、こんな背景も手伝って、その大学で時間を過ごせたことを私は嬉しく思っているし、おそらく同期の友人たちも似たような気持ちだろう。

いや、「それだけの理由」ではないどころか、「それ以外の理由」の方がより大きいからこそ、入学してよかったなぁと今でもしみじみできるわけで、今更どれだけ勉強したかに言及するなんて品の無い話で申し訳ない――のだが、ソレに触れておかねば、ちょいと話が続かないのだ。

OB会で初めて出会った大学三年生だか四年生だかの女性と、ビールを片手に世間話をした。長い黒髪にフワリとゆるいパーマがかかっていて、肌は褐色色、真っ黒な瞳がパッチリと開いた細身の、オリエンタルな雰囲気のあるキレイな方だった。現在の大学の様子であるとか学生時代にしたアルバイトなど、たわいもない話をしていたのだけれど、言葉遣いも丁寧だったし、一つ一つの表現を選ぶ際にどこか慎重になっているようで、生真面目な印象があった。そういう方の前でヘロヘロと酔っ払えないのでつい肩に力が入ってしまうけれど、嫌いじゃない。和やかに話しているつもりだった。

「現在は何をされているんですか?」――ふと、彼女から、私の近況に対する質問が出た。結婚して主婦をやっているよ、と答える。彼女は失礼ですが旦那様はどのような…と言うので、あぁパチンコ屋だよと何気なく答える。

「えっ!信じられない。何か理由があるんですか?だって私たちって、エリート教育を受けたエリートじゃないですか。結婚して主婦になって、しかも旦那さんパチンコ屋って…」

でっかい目をもっとでっかくして驚く彼女に、とりあえずビールをぶっかけるべきだったのか、今でも悶々とする。つくづく、喧嘩ってのは先に売るものだと思う。タイミングを逃すと苛立ちを晴らすこともできず、トイレに行くふりをして席を替えるのが関の山で、あぁ全く我ながら情けない。今となっては、彼女にというよりは、あの時何も答えずにその場を去った自分がひどくみっともなく、情けなく、チキショウってな気分なのだ。

ちなみに私も同期の友人も先輩後輩も、自分たちがエリートだなんて一度も考えたことも無ければ、エリートという言葉を念頭に置いたことすらなかったのではないだろうか。エリートというものは、例えば森進一が唄っているように「世の中の傘」となっている方のことであって、社会で大人として生きている人間がまずなり得るものであるから、少なくとも学生は異なる。それでいて自ら言わずとも、多くの方が「あの方は『世の中の傘だね』」なんて評価してくれるような存在であって、それはそれはステキな仕事を全うされている方のことを指すのだと思っていて、大学や会社の知名度で決定づけられるものではないのだ絶対に。だから官僚の方々、アナタ方は本来エリートと呼ばれるだけの仕事は沢山背負っているわけで、頑張って世の中の傘になって年金貰えるようにしてください、と強引なオチをつけたところでお休みなさい、皆様。

ホント、強引だな。

| | コメント (6)

2007年6月10日 (日)

腰痛の果て。

風邪でもないのに寝込んだのは全く初めてのことかもしれない。熱で視界が歪んでしまうわけでもなく、頭や腹が痛んでヘタりこんでしまうわけでもない。ただ、腰が痛い。腰が痛いというのも、常時痛みを覚えているわけでもなく、例えば歩くとき、立ち上がるとき、寝返りを打つとき、あるいはちょっと腕を伸ばして何かを取ろうとしたとき…「何か」をするときに、背骨本体をムチで打たれたかのような、やってられない激痛が走るわけで、文字通り何もやってられない。台所に立つことも、掃除機をかけることも、むろん外出することも出来なかった。

とはいえ、全く料理をしないわけにはいかないわけで、台所にイスを置いて、そのイスに腰掛けて、米を研いだり大根や人参の皮を剥いたり切ったり、鍋の様子を伺ったりと、いつもより品数は少ないものの、それなりのモノは作らねばならないわけで――しかし、不便だった。流しからコンロまでの、ほんの1、2メートルの距離ですら歩くのも厳しいので、移動の際は旦那を呼んで、イスを移動したりイスまで肩を借りたりと、それはもう介護されているおばぁちゃんそのもの。「何十年もしたら、どちらかがこんな風になるのよねぇ」…なんて、互いにしみじみ老後を思い浮かべて一見、ステキな光景ではあるのかもしれないけれど、料理も含めて家事は通常、旦那の仕事中に行っていたわけで、それが途端に旦那が帰宅した後にスタートするものになったものだから、我が家の生活時間帯は再び大幅にズレてしまった。深夜に私が起きていることも度々なわけで――そう、夜十時ごろには就寝するという、個人的な健康法はストップしてしまったのだ。

だから、というのかどうかわからないけれど、それがまた腰に響いた気がする。半袖で過ごすことも決して少なくなくなったとは言え、夜はまだまだ寒い。なんだか冷えるのだ。旦那が仕事に出かけている間、私はベッドに寝たきりで、布団を被ったり腰には温湿布を張ったりと冷えを防いでいるつもりなのだけれど、なかなか身体が温まらない。眠ってしまえばよいのだろうけれど、冷えが辛いし、旦那の帰宅後にやらねばならぬことを思うと、どっぷりと眠ってしまうことはできなかった。仕方がないので本を読んだり、ニンテンドーDSでヨッシーアイランドにトライしてみたりと、夜更かしに現を抜かして冷えを紛らわせていた。

そんなわけで、この時間、起きている。

医者によると、二十代後半や三十代といった、まだまだ若く身体も丈夫な年代の女性がギックリ腰になるケースが増えているということだ。骨粗しょう症、なんてコトバをよく耳にするが、何でもカルシウム不足だとかでホネが弱っている女性は本当に少なくないらしい。身体を支える大黒柱である腰骨が弱っている余りに、何らかの拍子でギックリ腰になってしまいやすいのだという。自分は牛乳が好きで一日にコップ一杯は飲んでいたし、二日に一度はサカナを食べていたので大丈夫だと思っていたのだけれど、医者からは「コップ一杯ぐらいじゃねぇ。三杯いかなきゃ」と新勧コンパの切り込み隊長的な先輩さながらの答えが返ってきた。まぁ、これは、単純に私が長いこと不規則な生活を繰り返してきたからであって、通常は一日コップ一杯の牛乳でそれなりのカルシウムは摂取できるのだそうだけれど、睡眠を取る時間帯が安定しない人間はそうでない方よりも体力を消耗するのだから、ヒトの倍は優良な栄養を摂りなさいよ、ということらしい。

サカナにしても、同じサカナでもカルシウムの量は違うし、サカナの部分一つ一つに含まれている栄養は異なるのだから、主婦なんだから勉強しなさいと非常に手厳しいことを言われた。ちなみに、「どんなサカナを食べてるの?」と聞かれ、「サバです」と即答したわけだが――理由はお判りですな、皆様? 目押しができなくて隣の兄ちゃんに譲った酸っぱい思い出はあるけど、サバは好きだ。

サバ…。




大昔、長嶋元巨人軍監督が、「サバと言う字はね、サカナ偏にブルーと書くのだよね」とニッコリ笑っておられた。




はい、どうでもいいことですな。

というわけで、およそ一週間、ほとんど寝たきり家事も風呂もトイレも旦那に手伝ってもらいながら過ごした末に、お陰さまですっかり良くなった。自分で歩ける、歩いたってドコも痛くない快適さが有難い。なんてステキなんだろう。

それでは打ちに行こうか、と旦那ともども早速パチンコ屋へ。おめでとうと言わんばかりに、ピンクレディーで10箱、必殺仕事人で4箱サクッと出た。投資は合計五千円、3.3円交換。なんだよぅこれじゃまだまだピンクレディー2の悪口書けないじゃん、なんてホクホクしながら旦那を探しにスロットシマへ行ってみると…

旦那は真っ白に燃え尽きていた。

殴って帰った。



というわけで、皆様これからもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (3)

2007年6月 3日 (日)

初体験

情けないと言われても、構わない。

朝のことだった。目覚めていつも通り、歯ブラシや洗顔をするためにフラフラと洗面所に向った。深夜なのか早朝なのか、なんとも言い難い時間に帰宅した旦那は腹を上下させて、まだぐっすり眠っている。今までは私も一緒に寝ていた時間だったのだけれど、四月から始めた「規則正しい生活」――夜十時頃には寝て遅くても朝六時には起きる、といったスタイルを習慣づけてから妙に身体の調子がいい私は、特にするべき家事がなくともとりあえず早起きを心がけていた。

その日もこれといって早朝から始めねばならない家事はなかった。ゴミの日は昨日だったし、旦那が寝ているというのに掃除機をかけるわけにもいかない。朝食だって用意すべきは自分の分だけ、つまり一人分なので大した手間にもならない。ご飯と、昨晩残ったお味噌汁と、納豆と塩辛があれば十分だ。ほぼ毎日こんな具合で、近頃は旦那が起きる昼頃までの時間が、本を読んだりネットサーフィンしてみたり、愛鳥と遊んだりと一人でマッタリ過ごす時間になっていた。今まで深夜に在ったこの時間が朝になるだけで、なんとなく一日がゆっくり始まる気がして、心地よかった。睡眠大好き、できることなら何時までもぐぅぐぅ眠っていたい私が、早起きを続けられる理由はこんなところかもしれない。

まぁ、そんなことは、どうだっていいのだ。

とにかくいつも通りの、ゆっくりとした一日を過ごすために、まず洗面所に向うのだ。寝る前にどれだけ磨いたって、起きれば何故かネットリしたものが歯にまとわりついていて気持ちが悪いし、顔だって脂でテカっている。とにかく、歯を磨いて顔も洗って、キレイにしなければ気持ちよく一日は始まらない。歯を磨こう。

歯ブラシに歯磨き粉をのせる。見れば歯ブラシの毛が左右に広がりきっていて、「うーん、こりゃ夜には新しいものに換えなきゃなぁ」なんてぼんやり思いながら、口に入れた。

そのとき。

ウゲゴボウヘッ、ゴボッゴボゴホゴホッ…




酔いどれのオッサン顔負けの、腹のソコからこみ上げてくる大きな咳。いや、別に昨晩飲み過ぎたわけでも何でもなく、単純に、歯ブラシをぐいと突っ込んでしまって歯磨き粉が喉の奥を刺激しただけだ。なんだか妙に口の中が辛くって、喉の粘膜がヒリヒリするのを感じた。ヒリヒリ。ちょっと痛い。

ゲホッゲホッとまだまだ大きな咳は続く。早くうがいをしようと、コップに水を入れるためにちょっとかがんで体勢が崩れた瞬間。



ゲホッゴホッ




ゴキッ










……ゴキッ?





かがんだ際にも大きな咳が出て、なんだか身体をよじってしまって…
…ゴキッ?








そんなわけで、初めてギックリ腰になった。

痛い。

| | コメント (3)

2007年6月 1日 (金)

実は、私、透明人間なんです

打ってきましたピンクレディー、当ててきましたピンクレディー…って、久々にホールに行っておいてなんだそりゃパチンコじゃねーか何だソレ本当にスロットヤメたんか、って聞かれてしまうと非常に恐縮なのだけれど、うーんそうね、すっかりスロットはどうでもよくなってしまったみたいで、シマにも近寄らなくなってしまった。

とはいえ、特に用事も仕事もあるわけでもないのに、5月は妙に雑用に追われてあれからホールに足を運んだのは実にたったの2回。あれから、というのは、このブログを最後に更新した日からカウントしているので、これまた実に二週間以上も経っているわけで、いやーいくらなんでも更新サボりすぎなんじゃないのと我ながら反省を通り越して、イヤなオトナの代名詞である開き直りな姿勢になってしまうのだけれど、とにかく、まぁ、その、未だにこのブログをチェックして下さっている方がいらしたのであれば、いつも本当に毎度申し訳ありません、これからもよろしくお願いします。今月からはわりとヒマ、つまるところ今までの自分なりの時間の過ごし方を遂行できそうなので、きっとたわいもない内容をピコッと更新するでしょうから、そんな際はチラッと覗いて下されば非常に有難いですし、無精者のブログを忘れずにいて下さるのであれば、なんだか温かい気持ちになれるわけで、これまたとても有難いことでありまして…何卒、ご容赦とご理解、そしてお情けを下さいませ皆様。

そんなわけで、ブログを放置しきっていた間に久々にパチンコ屋へ足を運んだら、これまたビックリした5号機の数。記憶をたどれば実に三ヶ月ちょっと、およそ四ヶ月ぶりのパチンコ屋だったわけだけれども、秘宝伝は減台されたりジャイアントパルサーが撤去されていたりと4.7号機の台数はグッと減って、それまで全体の3分の1程度しか設置されていなかった5号機が今や3分の2に迫る勢いだった。アイムジャグラーを始めリオパラダイスだの、リングにかけろだの、ガッチャマンだのよくわかんない武将モノだの、とにかく沢山設置されてワケのわからんギラギラした札も差さって(…風営法に適っているのかは謎)、とりあえずイベントの主役は5号機で、店は日々5号機を盛り上げているのだなぁとしみじみ痛感した。

確かに私ってばすっかり5号機を敬遠してしまっているけれど、そりゃもう目押しがヘタだからとか、ヒト勝負つけるまでにコレまで以上の時間がかかるからとか、特にこれまでいい思いをしたこともないからだとか、そんな個人的な事情で敬遠しているだけであって、今は5号機の可能性にやたらと悲観的になっているわけでもない。今は、というのはもちろん、過去は機械割ってモノを一丁前に気にしていたわけで言うのであって、今となってはそれなりのスペックを搭載したマシンが輩出されていることはさすがにチェックしていたし、5号機のゲーム性からするに同じ高設定であれば4号機のソレよりもはるかに安定する勝負展開に恵まれる…かもしれないことは承知しているので、そう、機種によっては期待しているのだ、機種によっては。

だから最初はスロットを、5号機を打ってみようかと当然考えたわけだけれど、シマもウロウロ歩きつくしてみたわけだけれど、よくよく考えてみればここ数週間、ヘタしたら一ヶ月とちょっとの間、ろくにスロットマシンのチェックをしていないので、どんなRTが搭載されていてその間どんな打ち方をしたらよいのか全く分かっていないし、ボーナス確率だって知らないし、何よりも……

その日、スロットシマに客は殆どいなかったのだ。

なんでも翌日にアツいイベントが開催される予定らしく、用意周到なスロッターたちは打たないという選択肢を取ったわけである。来店するにしてもおそらく、閉店間近にデータチェックをするために来るぐらいだろう。打っているのは、「パチスロに設定なんかない!」と心の底から信じていそうなチリ毛のオジサン(激しくレバーを叩いたりと打ち方もホット)と、「このあと美容院へ行くのよ」とあからさまに時間潰しをしているオバサン(やたら前髪の位置を気にしながら打っていた、しかも金髪)、さらには煙草を吸うイスが欲しい余りに来店しただろう若者(灰皿満杯)ぐらいしかいないわけで、データを見ても殆どの台がボーナスゼロ、回転数は20とか30とか、ヤル気のない数値だったのだ。

さすがにそのような荒野に切り込んでいく勇気は持てず、……いや、一緒に行った旦那は「久々に秘宝伝の高確ひいてみたい」なんつって果敢に挑んでいったものの、臆病者である私はそんなこたぁできないわけで、ええ、ええ、行ったわけだパチンコシマに。

打って変わってこちらは賑やか。仕事人なんて大人気で空き台も殆どないし、シマの3分の2ぐらいの人たち(思いっきり目分量)が2箱ぐらいは抱えていたし、何よりもその店の仕事デキそうな店員さんたちがパチンコシマであくせく働いているわけで、これはもう絶対に今日はパチンコを打つ日だと思った次第(思いっきりカン)。

初代ピンクレディーでホールに足繁く通うことを覚えた私としては、どうしても「2」、ツーが打ちたいと行ってみれば、運良く一台だけ空いていた。ピンクのシマも大賑わいで、中には8箱ぐらいズガンと並べている方が二人いて、まだ確変中だったりしちゃって、忘れかけていたアツい気持ちが胸の奥からグッとこみ上げてくるのを感じた。だってそれはもう、みんな熱心に盤面を見つめて夢中で打っているわけで、そんな真剣な気持ちでパチンコだのパチスロだのに向う姿勢を数ヶ月間忘れていた人間にとっては――非常に刺激的な光景だったのだ。

そうして着席、景気良く一万円札をサンドにグッと突っ込んで、打ち始めたら二千円でチャンス図柄ってヤツが大当たりして、…ちまちまと、ちまちまちまと当たって最終的には三箱流せたわけで…いや、ショボイと言われてしまうかもしれないけれど、投資は二千円だしこれはこれで個人的には大勝のつもりなのだけれど…まぁ、とにかく、勝った。

演出展開は初代よりもやたら複雑になって、ドコで手に汗握ればいいのか分かりづらくなってしまったし、何よりもクルーンステージが入賞に直結しなくなってしまったことが、評判を下げている原因なのかもしれないな、と思った。そう、旦那から聞いていたのだけれど、「オマエさぁ、ホントにピンクレディー打ちたいの? アレつまんないって評判だよ。ウチの店でもお客が『初代のほうがいい!』ってボヤいてたみたいだよ」――なんて話があったのだ。まぁ、確かに、そんな風にボヤいたお客の気持ちも、前評判にしては何だか拍子抜けしてしまう印象も、否めないどころか十分に共感できた。

まぁ、いいや、負けたらこの辺の満たされない気持ちは書こう。

とりあえず、勝ったので――そう、この後日、今度は一人で打ちに行った際もピンクレディーで勝ったので、たった二回しか打ちに行っていないと言えど、5月の収支を支えてくれた大切な機種なわけで、お世話になったわけで――負けたら、せっかく期待していたのにというセツナイ気持ちをツラツラグチグチ、書こう。

むろん、パチンコにしてもパチスロにしても、負けた際にどんな気持ちになっているのか――負けても次回打ちたいと思えるか、投資している間もノメり込んで打てているかが重要なわけで、負けないとその機種の面白さなんて理解できるはずもないわけで――なんて分かったようなことを書いているけれど、まぁなんだその、もう寝る時間なので失礼します。

ちなみに旦那は「ありえない乱れ打ちをしてしまった」ということで、負けていた。殴った。

それから当然、タイトルのオチはありません。

| | コメント (8)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年10月 »