« 初体験 | トップページ | 空を見上げりゃ空にあり »

2007年6月10日 (日)

腰痛の果て。

風邪でもないのに寝込んだのは全く初めてのことかもしれない。熱で視界が歪んでしまうわけでもなく、頭や腹が痛んでヘタりこんでしまうわけでもない。ただ、腰が痛い。腰が痛いというのも、常時痛みを覚えているわけでもなく、例えば歩くとき、立ち上がるとき、寝返りを打つとき、あるいはちょっと腕を伸ばして何かを取ろうとしたとき…「何か」をするときに、背骨本体をムチで打たれたかのような、やってられない激痛が走るわけで、文字通り何もやってられない。台所に立つことも、掃除機をかけることも、むろん外出することも出来なかった。

とはいえ、全く料理をしないわけにはいかないわけで、台所にイスを置いて、そのイスに腰掛けて、米を研いだり大根や人参の皮を剥いたり切ったり、鍋の様子を伺ったりと、いつもより品数は少ないものの、それなりのモノは作らねばならないわけで――しかし、不便だった。流しからコンロまでの、ほんの1、2メートルの距離ですら歩くのも厳しいので、移動の際は旦那を呼んで、イスを移動したりイスまで肩を借りたりと、それはもう介護されているおばぁちゃんそのもの。「何十年もしたら、どちらかがこんな風になるのよねぇ」…なんて、互いにしみじみ老後を思い浮かべて一見、ステキな光景ではあるのかもしれないけれど、料理も含めて家事は通常、旦那の仕事中に行っていたわけで、それが途端に旦那が帰宅した後にスタートするものになったものだから、我が家の生活時間帯は再び大幅にズレてしまった。深夜に私が起きていることも度々なわけで――そう、夜十時ごろには就寝するという、個人的な健康法はストップしてしまったのだ。

だから、というのかどうかわからないけれど、それがまた腰に響いた気がする。半袖で過ごすことも決して少なくなくなったとは言え、夜はまだまだ寒い。なんだか冷えるのだ。旦那が仕事に出かけている間、私はベッドに寝たきりで、布団を被ったり腰には温湿布を張ったりと冷えを防いでいるつもりなのだけれど、なかなか身体が温まらない。眠ってしまえばよいのだろうけれど、冷えが辛いし、旦那の帰宅後にやらねばならぬことを思うと、どっぷりと眠ってしまうことはできなかった。仕方がないので本を読んだり、ニンテンドーDSでヨッシーアイランドにトライしてみたりと、夜更かしに現を抜かして冷えを紛らわせていた。

そんなわけで、この時間、起きている。

医者によると、二十代後半や三十代といった、まだまだ若く身体も丈夫な年代の女性がギックリ腰になるケースが増えているということだ。骨粗しょう症、なんてコトバをよく耳にするが、何でもカルシウム不足だとかでホネが弱っている女性は本当に少なくないらしい。身体を支える大黒柱である腰骨が弱っている余りに、何らかの拍子でギックリ腰になってしまいやすいのだという。自分は牛乳が好きで一日にコップ一杯は飲んでいたし、二日に一度はサカナを食べていたので大丈夫だと思っていたのだけれど、医者からは「コップ一杯ぐらいじゃねぇ。三杯いかなきゃ」と新勧コンパの切り込み隊長的な先輩さながらの答えが返ってきた。まぁ、これは、単純に私が長いこと不規則な生活を繰り返してきたからであって、通常は一日コップ一杯の牛乳でそれなりのカルシウムは摂取できるのだそうだけれど、睡眠を取る時間帯が安定しない人間はそうでない方よりも体力を消耗するのだから、ヒトの倍は優良な栄養を摂りなさいよ、ということらしい。

サカナにしても、同じサカナでもカルシウムの量は違うし、サカナの部分一つ一つに含まれている栄養は異なるのだから、主婦なんだから勉強しなさいと非常に手厳しいことを言われた。ちなみに、「どんなサカナを食べてるの?」と聞かれ、「サバです」と即答したわけだが――理由はお判りですな、皆様? 目押しができなくて隣の兄ちゃんに譲った酸っぱい思い出はあるけど、サバは好きだ。

サバ…。




大昔、長嶋元巨人軍監督が、「サバと言う字はね、サカナ偏にブルーと書くのだよね」とニッコリ笑っておられた。




はい、どうでもいいことですな。

というわけで、およそ一週間、ほとんど寝たきり家事も風呂もトイレも旦那に手伝ってもらいながら過ごした末に、お陰さまですっかり良くなった。自分で歩ける、歩いたってドコも痛くない快適さが有難い。なんてステキなんだろう。

それでは打ちに行こうか、と旦那ともども早速パチンコ屋へ。おめでとうと言わんばかりに、ピンクレディーで10箱、必殺仕事人で4箱サクッと出た。投資は合計五千円、3.3円交換。なんだよぅこれじゃまだまだピンクレディー2の悪口書けないじゃん、なんてホクホクしながら旦那を探しにスロットシマへ行ってみると…

旦那は真っ白に燃え尽きていた。

殴って帰った。



というわけで、皆様これからもどうぞよろしくお願いします。

|

« 初体験 | トップページ | 空を見上げりゃ空にあり »

コメント

ぎっくり腰完治おめでとうございます!
そして...
やっぱり殴られたのですね、旦那さんは。
ごめんなさい。
もう、大爆笑ですw

投稿: でざーも | 2007年6月11日 (月) 03時12分

>新勧コンパの切り込み隊長的な先輩さながらの答えが返ってきた。

3ハイですか・・・・
自分は魚は好きだけどそんなに食べないし、牛乳嫌いだからヤバイかも・・・
とかく直って良かったですね~
自分もいい歳だから気を付けないと・・・

>サバ

ちなみに自分は血液型「A」型です(どうでもいい)


前の日記のコメントの続き。
噂レベルでは今のところハリマオ/2027/マーベルヒーローズが
面白そうですが、個人的には吉宗銭形的「ゾーンがあって天井まで稼働する台」
が出るのを本当に期待してます。

ハリマオ:
そういえばRTの継続で目押し要らないスペックですよね、アレ。
従来のリプパン機は無論、2027もボーナスハズさないといけないし。
なにげに画期的だ。あと、ボーナス確率の異様な高さ(?)もいいですよね。

5号機天井ART:
そういえばアストロって天井1500G(の後で突入するRT)からフルナビで増えるARTでしたね。
0.2枚/Gくらいなのでヘタすると減りますけど(笑)
天井からアストロタイムいくこともあるようなんで、バカにできません。

3択ハズしなんで、油断してるとパンクしますけど、
アストロ仕様で72後からまた天井なんで(差枚は戻ってきませんが)
アストロ一度打ってみたい、という場合は是非天井からどうぞ(笑)

投稿: チビ太郎 | 2007年6月11日 (月) 09時37分

はじめまして。このブログは
パチ業界の真相が見れてとても興味深いです。
体大事になさってください

投稿: うま | 2007年6月12日 (火) 03時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初体験 | トップページ | 空を見上げりゃ空にあり »