« 麻生首相批判したラサールのブログ炎上 | トップページ | 12/10 雑記 »

2008年11月25日 (火)

5号機あれこれ

どうでもいい話だけれど、この間旦那が仕事に出向いた時にちょっと転寝していたら、夢にオバマ大統領が出てきた。先日めでたくアメリカ大統領選に当選した、黒人の彼。周囲を沸かす熱っぽい弁舌を振るっているというのに、冷静で知性的な光が瞳の奥でキラキラしていて、まるで荒野を目指す青年のよう。比べちゃ申し訳ないけれどブッシュがいかに白豚だったかと、しみじみしてしまった。ロシアのプーチン先生に(いや特に支持しているわけではないのだけれど何となく先生と呼びたい)、アメリカのオバマ大統領と、21世紀地球の役者が揃いつつあると感じさせる昨今…、我らが麻生総理は「詳細」を「ようさい」なんて、漢字を超フィーリングで読むという荒業に挑戦しているわけで、万歳私達の平和なニッポン。

平和といえば、この連休中に元厚生事務次官宅連続殺傷事件の犯人とされる人物が自首したそうで、まずは良かったと言うべきだろうか。世の中に捕まっていない殺人者なんてうようよしているのだろうから、彼一人にお縄がかかっても何も変わることはないのだろうけれど、それでも負の一線を越えてしまった人物が一人でもフツーの空間から去ってくれると、個人的には漠然とした安心感が生まれるのだが。だって生きている以上、どこかで怖くて痛い、悲しい出来事に巻き込まれたっておかしくない、一体どれだけの確率なのか分からないけれど……ミリオンゴットぐらい? 1/8192?……それって人間社会でどれぐらいの確率なのか、例えも思いつかない、っていうか何故スロットで考えている私。不謹慎だし、あぁなんて平和ボケ。ごめんなさい。

しかしスロットと言えば……旦那に新機種情報の書類を貰って目を通していたときに、何だか切なくなってしまった。厳しい5号機規制の中、大半のメーカーは頑張っているとしみじみ伝わってくる。これまでだって色々な機種が発売されたことは皆様だってご存知だろう。ARTでもって数千枚を望めるものや天井機能があるもの、あるいはデジスロと言うべきか、初当たり確率は1/100前後で獲得枚数は少なめだけれど遊べそうなもの。ハズシが苦手な方だって安心して打てる、目押し技術が殆ど不要のもの。まぁ5号機の演出は差ほどアツくはなれないけれど、それでもそれなりに高そうな版権を買って使って、盛り上げてくれるようになっている。

機械代だってストック機の頃に比べると、随分安くなったものだと思う。以前は1台平均35万前後だったのが、今はメーカーや機種にもよるけれど、ほぼ20万円代。5号機はスペックの都合上、機械代が回収しづらいのでメーカーも気遣ってくれているというわけだ。

それに皆様お気づきの通り、「5号機=出ない」わけではなくて「出玉スピードが遅い」「高設定の勝率は高い」のであって、むしろ4.7号機などよりも安定した勝ちを期待できる仕様だ。あれから…5号機メインとなった後からスロットより遠ざかっている方々が、5号機の設定6を打ったら「捨てたものではない」と言ってくれるだろうと、私は強く感じている。特に、割と機種のバラエティーが富んできた今なら。

それでも――あぁ、そうなのだ。ホールに体力がないのだ。あの頃のように、毎日設定6を気軽にザックリ投入できなくなってしまったのだ。どうしてかって、やはり機械代回収が困難なのだ、5号機は。当然入替ペースは以前よりもかなりまったり目なのだけれども、それでもキツい。パチンコだろうとスロットだろうと、機械代を回収しないことには、利益はおろか、中々思い切った顧客還元イベントも組みづらい。もちろん今後の客つきを楽観的に予想できる機種であれば、パチンコにせよスロットにせよあっさり甘めの設定に出来てしまうのだけれども、5号機は、……閉口。

まぁ、とはいえ新装時やイベント時は必ず設定6をきっちり投入しているし、それに期待してくれるお客さんは旦那の店に足を運んでくれるわけなのだけれども、それでも以前よりもググっと下がった売り上げ高…

旦那の若ハゲが、進んでしまった。

私も嫁として、一応ワカメを毎日サラダか味噌汁などで食べさせたり、髪には亜鉛が良いというので適量のサプリメントを飲ませたり、シャンプーも地肌を気遣ったものに変えたりと、色々試みているのだけれども、どうにもならない。一度抜けてしまった髪は生えてこないのだろうか。そういうものなんだろうか。これから冬だというのに。

来年にはスロット一台あたり5万ぐらいになりますように。もちろん大きくなりすぎた業界だから、ある程度縮小していく必要があるという思いは大分以前に書いた通りにあるのだけれど、さすがに若ハゲが日々進行していく旦那を見るにつけ忍びない思いというのもあるのだ、一応。

あぁ、そういえば、冒頭の「オバマ大統領が夢に出てきた」というのは、ごめんなさい、デンジャラスのノッチさん扮する「オバマ大統領」であって、ホンモノではないのだ。念のため。

|

« 麻生首相批判したラサールのブログ炎上 | トップページ | 12/10 雑記 »

コメント

はじめまして。失礼ながら、まさか復活するとは思ってませんでしたでしたので、久々にみてびっくり。ぼちぼちの更新楽しみにしております。

投稿: たま | 2008年12月 7日 (日) 23時03分

たまさん、お返事遅れて申し訳ないです。。しかもチェックしてくださったのですね。。うわわ、ありがとうございます…(号泣)。
ぼちぼちと更新していきますので、是非お暇な際に覗いて下さいね。本当に、ぼちぼちだと思いますが…(涙)。。

投稿: ちゅう太toたまさん | 2008年12月10日 (水) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 麻生首相批判したラサールのブログ炎上 | トップページ | 12/10 雑記 »