« 盲腸になりました | トップページ | 慶次2よりも最後のシ者にどうしても期待してしまう理由について »

2009年1月 7日 (水)

ご挨拶2009

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。おめでたくない人もいるかもしれないけれど、とりあえず年を越せるというのは中々、おめでたいというか、嬉しいというか、有難いモノなのではないかなと思う今日この頃であります。個人的には年末盲腸となりまして、まぁラッキーと言うべきか手術もせず薬で散らすこととなり、抗生剤をゴクゴク飲んでゴロゴロしていたわけですが、ええ、この楽しい時期に酒の一杯も飲めないというのはかなり悲しいものでしたが…年も明けて、酒解禁の診断を受けた今となっては良い思い出であります。
ただ、やはり身体を壊すというのは普段通りの生活が出来なくなってしまうわけで、こんな家篭りの主婦一人倒れただけでもやれ家が汚い、旦那が飯を食べられない、洗濯物が溜まるといった、まぁどうでもいいような良くないような内容ではありますが、何かしらの支障をきたすものです。外で働いてらっしゃる皆様が倒れたら、どれだけの方々が涙目になってしまうことでしょう。

とりあえず、何があろうと、身体だけは皆様ご自愛下さいよ。
これはちゅう太と皆様の「お約束」だぁ!

というわけで、今年もちまちま更新していく予定ですので、宜しくお願いします。

|

« 盲腸になりました | トップページ | 慶次2よりも最後のシ者にどうしても期待してしまう理由について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盲腸になりました | トップページ | 慶次2よりも最後のシ者にどうしても期待してしまう理由について »