« ところでパチンコパチスロ雑誌のお話だけれど | トップページ | CR創世のアクエリオン2は未だなのか、春なのか »

2009年1月 9日 (金)

母親がパチンコ中に子供3人が火災で亡くなった事件について

■母親「パチンコに」、松戸の3児死亡火災
http://news.tbs.co.jp/20090107/newseye/tbs_newseye4033559.html

特にTBSソースに全幅の信頼を寄せているわけではないけれど、この件に関してはこのページがそれなりに状況が整頓された記事である上に映像つきなので一番よろしいかと、リンクさせて頂いた。おそらく日々テレビや新聞等でニュースをチェックされている方には十分真新しい、悲しい火災の事件である。

火災発生時の行動について、当初母親である田之口舞さん(23歳)は「病院に行っていた」と警察の事情聴取に答えていたのだけれど、ウラが取れないので再度警察側が確認をしたところ、「実はパチンコ店に行っていた」と訂正をしたとのことで――『田之口さんは午前10時過ぎから市内のパチンコ店に出かけ、一旦、自宅に戻り子どもに食事やミルクを与えた後、出火1時間ほど前の午後3時すぎから、再びパチンコに出かけていた』(リンク先記事より)――本当のところを知ってしまうと何とも気だるくなってしまう事件である。

おそらく大多数の方が眉を顰めてしまう事実だろう。私だってパチンコ屋のヨメでありながら同様で、「それは幾らなんでも」…と言葉を詰らせてしまうし、報道されている事実を並べてみると、もはやどこに野次を飛ばせばよいのか分からない。無職でありながら、なぜそれなりに資金の要るパチンコに興じることができるのだろう。まだ母親の手が必要な小さな子供たちを長時間放置できるのだろう、昼ご飯を与えるという現実に一瞬戻りながらもたった一時間で再度パチンコに赴く心情ってどういった類のものなのだろう。

ただし私はまだ妊娠も出産もしたことがないので「腹を痛めた子供」への母親としての愛情や姿勢を体感しているわけでもない。女としてはまだまだ半人前で、おおっぴらに「こうであるべき」と突っ張れるほどの資格はないのだけれど、ああ、もし自分の母親が手のかかる子供よりもパチンコ、カネを入れて図柄が揃うことをただ祈るパチンコに興じることを優先していたら――その情けなさを感知した瞬間、泣ける。しかも無職。痛い。仮に、おこがましいけれど、私が子供の立場で、火に囲まれている状況で、母親はジャラジャラいっているんだろうなと、遠くで笑っているんだろうなと思い描いたとしたら、――その境地はどういった言葉になるだろう。どうして守ってくれないの、助けてと、少し恨んだりするのだろうか。あるいは唇を噛み締めるようにして、諦めるのだろうか。俯くのだろうか。

――念のために整頓しておこう。私は「子供が火事で大変な際にパチンコに興じているなんて」と述べているのではなく「ミルクが必要な子供まで放置して」個人的な享楽に勤しんでいたこと、さらには無職でありながらパチンコといった、何とも不毛な"遊技"であったことに残念で頭を抱えたくなり、恐縮ながら胸が詰まる思いであるのだ。

真夏にもよくニュースになるけれど、例えば子供を車内に置き去りにしてパチンコ屋に入り浸り、日射病で子供が亡くなってしまう……毎年後を絶たない話題で、パチンコ屋の嫁としても一個人としても女性としても、うんざりで唾でも吐きたい思いだ。先に述べたように妊娠も出産もしたことの無い一人の女に全く説得力はないだろうが、それでも子供を放置して打つなんて、狂気の沙汰だ。もしも自分が手足を縛られた状態で車内に置き去りにされていたらと置き換えてみれば、いや、"みれば"でどころはない、もうそういった保護者は救いようのない存在なので容赦しないが、少しは想像力を働かせろ。自分がされてイヤなことは人にするのではないと、誰かに教わらなかったのだろうか。理解できないのであれば再度、せめて学校からやり直す必要があるので、とりあえず定時制の高校でも何でも、パチンコではなくそちらに金を出すがいい。

そしてどうして保育園や託児所を利用しない。それらに金がかかるというのなら、どうしてパチンコを打つのだろう。

……と、個人的に真摯な思いが胸に宿ってはいるものの、ひとまずこの件で、そして一般的な真夏の子供放置について、パチンコ屋は一切非がない。パチンコ屋に出入りできる18歳以上の、良い年をした連中が起こした愚かな事件であって、パチンコ屋の営業方針や存在そのものが責められるべき由縁はないのだ。誤解を恐れずに言えば、仮にこういったケースでもっての「パチンコ屋を規制しろ(撲滅しろ)」との論理は、野田聖子氏が蒟蒻ゼリーに対して行った処遇と同様であって、決してニュートラルで正確な判断ではない。
利用の手法――パチンコパチスロで言えば、マトモな判断をできるとされた年齢の人間が、「使い方」「付き合い方」を大いに間違った結果なのだ。

しかし、とさらに話を広げてしまうのだが――過去のブログ記事を読んでくださった方、あるいは昔からこのブログをチェックして下さっていた方にはご理解いただけるかと期待してしまうが、私はパチンコ屋の営業や業界そのものにある程度の規制が入ることに決して吝かでない。旦那の仕事を否定するつもりはなく、むしろ肯定していきたい望みがあるからこそ、これほど大きな業界なのに世間からは悪い意味で浮き足立った、馬鹿馬鹿しさを払拭できたらとの、これまた不毛な願望が胸の奥にはあって――今回の件で、現実的な規制を望める余地があるするならば、遊技年齢の引き上げである。せめて「25歳以上」「30歳以上」にしてはどうだろう。賞味、22歳ぐらいまでは大概の若者が大学なり専門学校に通うなりの昨今なのだから、年齢制限というのも程好く現実味のある規制であると存ずるが、如何なものだろうか。

それから近頃目立ってきた、昼夜問わずに流れているらしい(私はテレビを観ないのできちんと確認はしていないのだけれども)パチンコパチスロ機種のCM、大概にした方がいい。と言ってもオトナの事情で難しいのだろうから、せめて少しなりとも、子供の車内放置はNGであるとアピールして欲しい。そこまで教えてやらなければならない状況であるようだから。

|

« ところでパチンコパチスロ雑誌のお話だけれど | トップページ | CR創世のアクエリオン2は未だなのか、春なのか »

コメント

ここ最近になって読ませていただくようになりました。
もう自分のブログは開店休業状態なのでリンクは貼れませんが。。。

>……と、個人的に真摯な思いが胸に宿ってはいるものの、ひとまずこの件で、そして一般的な真夏の子供放置について、パチンコ屋は一切非がない。

という部分から少し自己防衛的な匂いをちょっぴり感じてしまいましたが、確かにその通りだと思います。競艇だって競馬だって競輪だって麻雀だって皆同じです。必要悪とは言いませんが、パチンコ業界というものがあって始めて成り立つ会社や協会だってある訳で、1つの産業を目の敵にして遊技したことも無い連中があーだこーだと言われてもって感じだし、またそれを客として行く人間だって自己責任でやっている訳で。

「また、パチンコ絡みだよ」とか言われても、要は麻雀が出来るほど頭働かない連中が何やらパチンコとか言うレバー引くだけの簡単なモノでお金が儲けられる、という理由だけで遊技しているんだから、そこに子供の命どーのこーのは無関係ですよね。

年齢制限は実質無理でしょう。
平日の昼間のそれこそ若い連中の多いこと多いこと。
それをいちいちチェックするわけにもいかないし、そもそも見た目では判断が無理です。そういえば、地方だけですかね?一部で無料託児所があるパチンコ屋があるのは。

但し、無料託児所に子供を預けて行くようになったら縁を切ると周りには言ってます。周りはパチンコ好きな連中が多く、皆小さな子供もいて良きパパでもあります。うちにも3歳になる男の子がいますが、託児所に預けて行かなければならない様なら行かなければいいだけの話しです。

関係ないですが、エヴァの原作も知らずに新台というだけで隣でギャーギャー言いながらCB叩きまくるおばさんもキライです。

あ、すいません、書き込みが長くなりました。。。

投稿: betonamu | 2009年1月 9日 (金) 13時54分

初めましてbetonamuさん、コメントありがとうございます! 最近チェックして下さるようになったのですね~♪ 

パチンコパチスロという"遊技"に対して賛否両論があるのは当然ですし、個人的には「まぁ嫌われても仕方のない業界だよなぁ~」なんて苦笑いしてしまいますが、こういった良いオトナが起こす事件というのは、仰って頂いた通り基本的に自己責任だと思っています。常識を持った人間がそれに適った行動をしていれば、こういったケースで子供が命を失うといったことも少なくなることでしょうね。

ただ、こういった事件とは別にパチンコ業界(お店)にもある程度の規制は必要だと思っていますし、こういった事件が続くということも規制強化の後押しを…してしまうのかな、といったところです。

>>要は麻雀が出来るほど頭働かない連中が…
ごめんなさい、私は特に麻雀>パチンコパチスロ、といった姿勢はとっていないので、ここは同意できません(ひょっとしたらbetonamuさんも強くそう思われているわけではないのかもしれませんが…)。というのも、私は大学時代から麻雀を嗜んでいますし、そちらの業界の知り合いも多々いるのですが、勝ち切って生きていける方は一握り。
ましてやフツーのヒトが、勝率3/4以下の勝負を無鉄砲に行うよりは、釘や設定がチンプンカンプンでもパチンコパチスロした方が一発勝負としては有意義かもしれないな、なんて思ったりもします。
最終的には嗜好の問題になっちゃうんですけどね。。。

>>平日の昼間のそれこそ若い連中の多いこと多いこと。
…これがねー、そうなんですよねー、…自分もマジメな大学生活を送ったわけではないので(その頃パチンコパチスロに熱中していたわけではないのですが)、したり顔はできないものの、うーん…ねぇ。
確かに逐一チェックできるはずもないのですよね。20歳と25歳の方を見た目で判断は難しいですし(特に女性)。
年齢制限はやっぱり現実的ではないのかな…。。。

>>うちにも3歳になる男の子がいますが、託児所に預けて行かなければならない様なら行かなければいいだけの話しです…
おおおお!凄いです。といっても、お父様という立場からすると「当然!」とお返事されるかもしれませんが…。
要は、betonamuさんは全くパチンコ中毒でもないし、きちんと日常生活を営むことができるってことですよね。これまたアタリマエのコトだと言われてしまうやもしれませんが、日常生活を営めない方がユーザーの中に意外と多いらしくって、こういった悲しい事件や、多額の借金を抱えてしまうようで、…
そんなニュースを耳にすることも少なくないので、ちょっと嬉しいです。

ただ人によって生活は様々ですが、子育てって、ものすごくしんどい方にとってはしんどいようです。私は想像するしかありませんが、もしも、パチンコをすることで少しストレス発散にでもなるのであれば、子供が安全でいられるような場所を確保した上で、打つのはアリなのではないかな、と…私は思っています。

あ、ちなみに書き込み長いなんてことないですよ! 長いぐらいの方がむしろ嬉しいです。読み応えがあって。いや、短くても好きなんですけど。
お気になさらないで下さいね。

>>エヴァの原作も知らずに…
すみません笑いました。いますよね。
ちなみに私は…アニメより漫画版エヴァの方が好きです。シンジ君が少しはしっかりしてるし(笑)、カヲルくんとアレなので(爆)。

投稿: ちゅう太to betonamuさん | 2009年1月 9日 (金) 19時55分

初めまして。
今更ながらこちらの記事にコメントさせていただきます笑
いつも、含蓄のあるご意見と業界内の方としての言葉で考えさせられることが多く、楽しみに閲覧させていただいています。

こちらの記事にある、「パチンコ業界に非はない」というお言葉は私もそうだと思います。
あくまで自己判断の出来る大人が嗜むための遊戯であり、それをヒステリックに批判するのは逆に自分の無知さをさらけ出しているようにも見え、薄ら寒い感覚を覚えてしまいます。
業界に規制が入ること自体は私も賛成です。
将来的に国民健康保険証、運転免許証等にICチップ(免許証にはすでに配備されていますね)を用いて、入り口での年齢認証システムなどが確立されれば、少なくとも「年齢」というハードルは越えられるのではないでしょうか。(何でもシステマティックにすればいいとも思いませんが・・・。)
何より、子供さんが犠牲になることだけはあってはいけないと思います。私自身まだ若く(23歳男)親の気持ちはわかりませんが、無垢な子供達が親を絶対的に信頼しているのはわかります。
無心の信頼にはそれに足りうる行動が必要だと私は思いますので、パチンコに行かれる親御さんにはどうかそれを忘れては欲しくない。

長文駄文失礼いたしました。これからもお体に気をつけて、ゆっくりと更新なさってください。
失礼しました。

投稿: ごん | 2009年2月 7日 (土) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ところでパチンコパチスロ雑誌のお話だけれど | トップページ | CR創世のアクエリオン2は未だなのか、春なのか »